藤本敏夫の死因は癌。妻は加藤登紀子&恋人は大物文化人?赤軍・左翼で有名

藤本敏夫(ふじもととしお)さんは学生運動指導者として有名です。

奥さんは歌手の加藤登紀子さんです。

娘さんも歌手であるYaeさんです。

藤本敏夫の経歴まとめ!加藤登紀子と獄中結婚


経歴を簡単に見ていきましょう。

1944年に兵庫県西宮市甲子園に生まれています。

1963年に同志社大学に入学し、新聞学を専攻されていました。

1964年の大学2年生の時には学生運動に参加しています。

1967年には羽田闘争に参加し、これを機に明治大学を拠点としてご活動されていました。

1972年、学生運動関連で実刑判決を受け、収監されています。

ただ同年5月6日に加藤登紀子さんと獄中結婚し、同年12月に長女である美亜子さんが誕生しています。

そして1975年12月には次女である、八恵さんが誕生されました。

2002年7月31日にお亡くなりになっています。

死因は肝臓がんと書かれている情報と、肺がん、肺炎であるという情報に分かれています。

2002年7月31日にテレビ朝日にて報じられた「肺がんから肺炎を併発」による死亡です。

藤本さんの享年は58歳です。

若くしてお亡くなりになられたのですね。

藤本敏夫が病床で恋人探し?「大物文化人」の彼女がいた?

このように元赤軍の革命家として名高い、藤本敏夫さん。

左翼団体の委員長も務めたことのある方ですね。

また闘病中には、恋人を探していたとも言われています。

その恋人は「大物文化人」だそうです。

この「大物文化人」についてですが、現在も不明だそうです。

ただこの闘病中に藤本敏夫さんが恋人を探したのは、医師のアドバイスだそうです。

「一番良いのは恋をすること」という医者のアドバイスによって、彼女を探していたようですよ。

しかしその時には既に「大物文化人」の恋人がいたそうです。

浮気をしていたわけではないようですが、他にも女性の影があったということですね。

藤本敏夫の死因は癌だった

このように今回は藤本敏夫さんについてのご紹介でした。

妻の加藤登紀子さんも乳癌を発症していたことは有名ですね。

癌というのは、日本人の死因のトップですし、どうしても発症が多くなります。

発見が遅れないためにも、やはり早めに検診などに行きたいですよね。

藤本敏夫さんの死因も、やはり癌ということでした。

病床で支えてくれたのは、やはり妻の加藤さんだったのでしょうか?

それとも新しい「大物文化人」である恋人だったのでしょうか?

今となっては分かりませんが、最期を看取ってくれたのもやはり女性の存在があったのでしょう。

いつの時代でも、これは変わらないことですね。

歌手である加藤登紀子さんと獄中結婚され、二人のかわいい娘さんにも恵まれた、藤本敏夫さん。


波乱万丈の人生でしたが、最期はゆっくりと過ごされたことでしょう。

藤本敏夫さんのご冥福をお祈り致しております。

加藤登紀子、夫の浮気疑惑となれそめ。恋人は誰、文化人?
「おときさん」の愛称で親しまれているシンガーソングライター、加藤登紀子(かとうときこ)さん…
加藤登紀子の子供、娘について。yaeは歌手&孫は何人?沖縄との関わりとは
歌手活動が半世紀を超えた加藤登紀子(かとうときこ)さん。 フジロックフェスティバルでは常…

加藤登紀子の父、母について。国籍・家族構成まとめ。現在は千葉県在住?

コメント