和田彩花の大学。大学院は早稲田&専攻は美術史?高校はどこ?

アンジュルム&ハロープロジェクト!のリーダーだった和田彩花(わだあやか)さん。

東海ラジオで放送中の『アンジュルム和田彩花のビジュルム』などで見られるように、彼女の絵画や仏像に対する熱い思いは、すでに趣味の域を超えているようです。

学問として美術の道をまっすぐに進み続ける和田彩花さんの学歴とは一体どういうルートを辿っているのでしょうか。

その説を巡って、ネット上では論争も勃発していました。

また、キャンパスライフも気になります。

和田彩花のプロフィール

芸名:和田彩花

本名:和田彩花

生年月日:1994年8月1日

身長:162cm

出身地:群馬県

最終学歴:大学院卒業

所属事務所:YU-M エンターテインメント

和田彩花の高校や大学はどこ!?専攻は美術史!?

和田彩花さんの高校に関しては正式な発表ことありませんが、大学には進学しているので高校進学は確実であると思われます。

具体的な高校の名前まではウワサレベルでも出てきませんが、『通信制』と『芸能活動しやすい高校』の2つが囁かれています。


情報自体は『通信制』という説が多い模様です。

ただし、NHK教育テレビ(現Eテレ)にて和田彩花さんが1日の生活を円グラフにまとめた際には、午前中は学校に通っているという旨の発言があったという旨の情報もあり、もし本当ならば、『芸能活動しやすい高校』というウワサの方が信憑性は高いことになりますね。

『芸能活動しやすい高校』となると、堀越高校や日出高校などがメジャーでしょうか。

大学に関しては、『実践女子大学』という情報がありますね。

また、美術史を学んでいることは公表されていて、同大学の文学部美学美術史学科で学んでいるのではないかということです。

入学式での目撃情報もあり、信頼度は高いですね。

キャンパスは渋谷にありますので、芸能活動との両立も比較的しやすいのではないでしょうか?

また、大学で真面目に授業を受けているがゆえでしょう。

テレビやラジオでの美術や仏像トークはもちろん、2014年に『乙女の絵画案内「かわいい」を見つけると名画がもっとわかる』を、2016年に『美術でめぐる日本再発見-浮世絵・日本画から仏像まで-』という著書まで出版されています。

深まっていく彼女の知識に、ファンも目が離せませんね。

和田彩花が大学院進学!進学先は早稲田!?

2017年1月6日のブログで、卒論をちょっと前に提出されたことを綴った和田彩花さん。

実は卒論を提出しました。

少し、前に。もう、去年の事です。

だけど、今はまた違う勉強をしてます。

今年で大学は卒業予定ですが、

もう少し勉強したいです。

もう少しがんばります!

学部学科によりますが、多くの大学では、冬休みに入る少し前の、12月中旬から卒論提出を受け付けます。

そして、新年には口頭試問を設けている大学もありますので、このブログを書かれた時にはその準備中でしょうか?

美術について語りだしたら止まらない和田彩花さんですから、卒論のテーマや口頭試問の様子なども気になります。

さらには、2017年3月に大学卒業とともに、大学院進学を発表した和田彩花さん。

AKB48の神7・武藤十夢さんなども大学院生でしたが、アイドルで大学院進学となるとかなり珍しいですよね。

その大学院ですが、進学先は早稲田大学大学院の『美術コース』ではないかというウワサがあるようです。

また、実践女子大学大学院にも文学研究科美術史学専攻がありますので、そちらとのウワサもあるようですね。

芸能活動と並行しながらの受験となると、実践女子大学院の方が受験や研究において事前に教授陣とのコミニュケーションが取れるかとは思いますが、その話し合いのなかで早稲田を紹介されたのかもわかりません。

もしくは、早稲田の美術コースは日本でも有数の伝統あるところなので、和田彩花さんの”オタク度”ならというファンの期待値もあるのかもしれません。

2019年の春ツアーを持って卒業を発表している和田彩花さんですが、モー娘。やアイドルとしてではなく、近い将来、美術評論家や学芸員としてテレビに登場する日が来るのでしょうか。

和田彩花の大学・院に早稲田・実践女子論争!


和田彩花さんの進学した大学は、前項目で触れたように、実践女子大学が最有力視されています。

しかし、ハロプロファンの集まる掲示板サイトでは、早稲田大学説も根強く、ちょっとした論争が勃発していました。

早稲田大学説が浮上したきっかけは、第1に、Wikipediaへその旨の書き込みがあったからとのことです。

そして、そのWikipediaは、『B.L.T』2017年6月号内のインタビューを根拠としていたとのことで、これは信憑性もあるのでしょうか。

あるいは、早稲田大学もしくは同大学院の論文集にも『和田彩花』の名前があったともされていました。

とはいえ、ならば、決着がついているはずです。

それが、なぜ論争になったのでしょうか。

その理由は、同号を持っている人がそうしたことは書いていないと主張しているからです。

また、論文集の点でも、これは同姓同名の他人で、かつ、名前の読み方も異なるということが判明しているようです。

以上のことからも、やはり実践女子大学のほうが有力とされたのでしょう。

2020年現在、Wikipediaからも、早稲田大学という文言は削除されています。

また、大学院に関しても、早稲田ではなく、実践女子大学大学院文学研究科美術史学専攻博士前期修了が有力視されていました。

こちらは、和田彩花さんが東海ラジオ『和田彩花のビジュルム』で修了式について話し、その日程が同大学院と一致したことが根拠のようです。

確定ではありませんが、こちらのほうが信憑性はありそうですね。

同日の放送ではないようですが、同番組では、大学院卒業後の豊富をいかのように述べていました。

日本や世界へ羽ばたく彼女の今後の活躍に期待です。

和田彩花の大学院生活は?


2020年3月に大学院を卒業された和田彩花さん。

一体、彼女はどんな院生生活を送られていたのでしょうか。

卒業直前のインタビューでは、その一部を語られていました。

まず、進学した動機については、『好き』を制御できなかったためだそうです。

彼女にとっては、美術の勉強は、もはや勉強ではありません。

とくに、熱心に研究したエドゥアール・マネは癒しの域に達したといいます。

この心情は、いわゆる『オタク心』に近いのでしょう。

和田彩花オタクが、和田彩花さんの写真やダンスを何時間観ていても苦ではないように、彼女にとっては、それが、マネなのです。

マネの作品や、その人生に触れるたび、『ああ、そうか〜』と感嘆する彼女の表情が目に浮かびますね。

また、和田彩花さんにとって、マネは生き方も影響されたそうです。

それまでの伝統を打ち破り、印象派の先駆者となったマネですが、和田彩花さんも彼に倣って、自然な自分を活かそうと考えたといいます。

そこで、実践したのが、メイクでした。

当時まで、韓流コスメブームに乗って、美白クリームを多量に用いていたという和田彩花さん。

しかし、元来ウォーム系の肌の彼女は、マネの研究以降、オレンジ系のリップを用いるようになっていました。

このきっかけが、メイク本を読んだなどではなく、マネを研究したからというのは、つんく♂さんも衝撃を受けているかもしれません。


ただし、血管が浮き出たり、クマが悩みだという和田彩花さんは、それを隠そうとファンデーションを塗ったところ、肌の凹凸が消えたといいます。

この結果、マネの描いた女性とはかけ離れてしまうことを嘆いていました。

それでも、天国のマネは、そのままの和田彩花さんを素敵と言ってくれることでしょう。

大学院進学が、和田彩花さんを心身ともに成長をもたらしたようです。

和田彩花の卒業理由は彼氏?性格は?群馬の実家は墓石屋&お金持ちで自宅に防音室!

過去に彼氏と噂された小関裕太さんはこちら
小関裕太(天てれ) に彼女が?性格、高校、大学までまとめ調査!カラコンがかっこいい!

アンジュルムの関連記事
上國料萌衣はハーフ?佐藤勝利に似てる?高校は進学校!ピザーラCMで話題!?

佐々木莉佳子(セブンティーン)はフィリピン母のハーフ!工藤遥と仲良し&東日本大震災でアイドルに

田村芽実の天才と称される演技力&歌唱力!現在はミュージカル女優!姉がいる?

福田花音の卒業理由は彼氏で武田航平?妊娠説まで浮上?大学はどこ?

コメント