和田まあやの病気は難病なのか。薬膳の資格取得、高校は?ハーフの噂

2018年12月31日をもって、平成が終わると思っていた乃木坂46の和田まあや(わだまあや)さん。

そんな天然キャラの彼女、実は幼少期には生死をさまよう難病を患っていたようです。

心配になるその難病の正体とは一体何なのでしょうか。

また、高校は芸能人コースが有名なあの高校のようです。

となると、同級生も気になるところですね。

ルックス面では、特徴的なお顔立ちの彼女、しばしばハーフなの?なんて声もあがっているようです。

和田まあやのプロフィール


愛称:まあや、まーや

本名:和田まあや

生年月日: 1998年4月23日

身長:161cm

出身地:広島県

最終学歴:日出高校

所属事務所:乃木坂46合同会社

幼少期の難病を告白その病気とは

今でこそ元気いっぱいにパフォーマンスをする和田まあやさんですが、生後間も無く生死の境を彷徨う難病にかかっていたようです。

そのことをご本人が公開したのは、テレビ東京『乃木坂工事中』の前身『乃木坂ってどこ?』の『生誕祭』というコーナーでした。

病名については明かされませんでしたが、生後間も無くということで当時の記憶などはご本人にもないでしょう。

このとき、もしものことがあれば、西野七瀬さんが歌うときのマイクの高さが鼻の位置にあることなど誰がネタにしたでしょうか。

クオリティーの高い彼女の細かすぎるメンバーモノマネが見れなかったかもしれないなんて考えたくないですね。

同じ46・48グループでも、元AKB48の増田有華さんが先天性免疫不全であり、2歳のときに小児ガンにかかっていたことを告白していますね。

抗ガン剤治療はできず、できる治療は免疫力を強化する薬の投与のみという過酷な状況のなかで、時期については明らかにしなかったものの自ら命を絶とうとしたことすらあったそうです。

そうした難病を乗り越えて、アイドルとして笑顔を与え、みんなを元気付ける役割を担っている彼女たちの軌跡を思うと、握手会などでする会話1つ1つからよりパワーをもらえそうな気がしますね。

和田まあやが『難病』であれば『癌』の可能性は低い?

前項目で取り上げた和田まあやさんの難病の正体とは一体何なのでしょうか。

ただ、ご本人も、病名までは公表されていないため、ある程度の予想になってしまいますね。

手がかりとなるのは、彼女が明らかにした、叔父さんが同じ病気で他界しているということです。

この点からは、遺伝性のものという可能性も脳裏をよぎってしまいますね。

となれば、病名を公表しないのも頷けるところですが、癌を疑う、または、そう断言する人もネット上には見られます。

けれども、この可能性は低いかもしれません。

というのも、一般的に、癌は、難病にはカテゴライズされていないからです。

手前味噌ではありますが、『第14回指定難病対策委員会資料』の参考資料3でも、その旨は確認できました。

癌は、がん対策基本法というものがあり、体系的な施策の対象で既にあるため、難病からははずれるそうですね。

このことから、和田まあやさんが、『難病だった』という言葉を使ったのであれば、癌ではないということになるかもしれません。

ただし、癌を合併する症候群の場合は、癌によるものではない他の症状が、指定難病の要件に当てはまると、その症候群自体が、指定難病になるなど例外もあります。

ゆえに、和田まあやさんが抱えた難病のなかに、癌が結果として含まれていた可能性は否定はできないということになるでしょうか。

いずれにしても、和田まあやさんが『難病』と話したならば、一般的に、癌単体では、難病に入らないという、『言葉の定義』から見た見解も一理あるのではないかと思われます。

一応、『癌であった可能性は低いのではないか』というスタンスで考えてみましたが、専門家の公式なそれではないため、あくまで参考程度になさってください。

和田まあやが薬膳コーディネーターに!

前項目で取り上げた、難病は完治こそしていないものの、成長とともにうまく付き合えるようになっているという和田まあやさん。

これも相俟ってなのか、2017年には薬膳コーディネーターの資格を取得されています。

同年6月27日のブログでは、その動機も綴られていました。

その中身は、学校卒業、料理好き、とともに綴られていたのが、ご自身の体調に合った料理に役立つという旨でしたね。

やはり、難病の具体的に症状は出なくとも、例えば、内臓に負担をかけないようになど、日頃から気遣っているのかもしれません。

と、心配しながら読み進めていると、その直後、『ラーメンウォーカー』の取材に関する内容が綴られていました。

訪れたお店のラーメンとカレーの相性が良く、また、彼女は牛骨ラーメンにハマったのだそうです。

和田まあやさんも無意識でしょうが、『薬膳で体に良いものを』の後に、『ラーメン最高!』のギャップは、破壊力がありますね。

すなわち、彼女の難病は、食べ物にもそこまでデリケートにならなくても良い程度まで、良くなっているようです。

何はともあれ、この資格で得た知識は、番組でも披露されていますね。

日村勇紀さんが、いぼ痔に苛まれている相談をすると、ハトムギを紹介したこともありました。

さぞかし、勉強されたことと思いますが、のちにブログでは、資格取得のために何が難しかったかを明らかにされています。

それは、漢字でした。

栄養学的なことよりも、そっちかという感じもありますが、薬膳自体、中国由来のものだったため、複雑なものがたくさんあったそうですね。

この良い意味での抜け感が魅力の和田まあやさん。

今後も、健やかに乃木坂46ライフを送って頂きたいものです。

和田まあやが薬膳鍋披露!

2017年12月3日放送のテレビ東京系『乃木坂工事中』では、知識ではなく、薬膳鍋も振る舞った和田まあやさん。

出汁には、鶏ガラ、薬膳、醤油、酒を使い、具材にはラム、しょうが、きくらげ、白菜、椎茸、しめじ、かぶなどを用いていて、どれも体に良さそうです。

なかでも話題となったのは、パクチーでした。

次第に、味よりも、パクチーを、好きなメンバーと、嫌いなメンバーが集結し、試食します。

パクチー好きな桜井玲香さんは、美味しいと笑顔、やや苦手な若月佑美さんも、これは食べられると絶賛します。

しかし、最も苦手意識の強い高山一実さんは、身体に良さそうなどとボカしつつ、決して美味しいとは言いませんでした。

ただ、これはパクチーの問題であり、薬膳鍋そのものは、美味しく頂いておられました。

和田まあやさんの料理の腕前は間違いなく、将来的に、旦那さんとは健康に末永く暮らしていけるのではないでしょうか。

和田まあやの高校はどこ?芸能コースであの人と一緒!?

和田まあやさんの高校はご本人は公表こそされていないそうですが、日出高校と言われていますね。

堀越高校と並び、芸能人が通う高校の二大巨塔のように言われています。

この情報の出どころもアイドルグループ「GEN」の元メンバーの武田舞彩さんと同級生という情報があったかららしいですね。

出身は広島県福山市の和田まあやさんですが、乃木坂46の1期生オーディション合格に伴って上京したそうです。

当時が中学生だったので、高校は完全に関東で合致しますね。

なお、中学生の時点で日出に転校し、そのまま高校も日出高校となったという情報もあります。

「F.ROSE(エフ ローズ)」という福山市内のダンススタジオに在籍してダンスや歌を習っていたそうなので、地元にいた当時から親御さんの理解もあったのかもしれませんね。

和田まあやはハーフ!?確かに顔はハーフっぽい!?

和田まあやさんがハーフではないかという声や評判があるようですね。

確かにあの特徴的な濃いお顔立ちで、『私、ハーフです』なんて言われたら信じてしまいます。

またその発想や常識力もそう思われてしまう原因かもしれませんね。

なんせ、テレビ東京『乃木坂工事中』のクイズ企画、第1回「乃木坂46頭No王決定戦!」では、『油を売る』と答えるところを『ナマケモノを売る』と回答してしまうほどですから…。

2018年12月31日に更新したブログのタイトルも『平成最後のブログ』でした。


その後、同ブログで「平成は2018年で終わると思っていた」と告白、訂正に至りました。

和田まあやさん、また1つ賢くなりました。

ちなみに、彼女はハーフではなく純日本人です。

和田まあや、彼氏との写真で卒業か?川村真洋の文春砲に被弾!?

川村真洋の卒業理由は文春!?歌唱力抜群でソロコンサートが即完売!

川村真洋の現在。事務所&韓国のグループで活躍。ギターに歌&ダンスも披露

コメント