加藤和也(社長)の嫁と子供は?美空ひばりはなぜ養子に。実の母と父は?

美空ひばりさんの逝去から現在に至るまで、その偉大な昭和の遺産を守り続けてきた加藤和也(かとうかずや)さん。

2020年は美空ひばりさん没後30年にあたることから、テレビ番組にも時々出演しました。

嫁や子供についての関心が高まっているようなので、調査してみたいと思います。

また、美空ひばりさんは加藤和也(社長)さんをなぜ養子に迎えたのか、実の母や父は誰なのかについてもみていきます。

加藤和也(社長)の嫁は誰?子供はいる?

美空ひばりさんのただ一人の跡継ぎであり、ひばりプロダクション社長として、「美空ひばり」に関する権利の管理や事業を手がける加藤和也社長。

1971年8月10日生まれで、2022年は51歳を迎えます。


明治大学付属中野高等学校を中退しており、16歳でひばりプロダクション副社長に、翌年社長に就任しています。

美空ひばりさんの葬儀で喪主を務めた時は18歳でした。

人気番組『マネーの虎』に投資家として出演していた頃の若社長の姿を思い出します。

今も美空ひばりさんを愛してやまないファンのためにさまざまな企画・運営を行うかたわら、芸能プロモーターとしても活躍中。

一見、強面の加藤和也社長ですが、実業家としての経営手腕には定評があるようです。

そのうえ腰が低く、男気のある社長なのだとか。

嫁は2000年にハワイで極秘挙式した有香さん。

往年の青春スター、浜田光夫さんの長女です。

浜田光夫の娘は長女(加藤有香)と次女。妻・恭美子は元タカラジェンヌ!

若い世代にはピンとこないかもしれませんが、吉永小百合さんと40作以上の映画で共演し、純愛コンビとして人気を集めた二枚目俳優です。

母は元タカラジェンヌの浜田恭美子さん。

加藤和也社長と有香さんの出会いは玉川学園で、お互いがまだ小学生の頃でした。

月日が経ち、大人になってから偶然再会して交際へ発展したようです。

有香さんは2歳年下とのことなので、1973年生まれでしょうか。

2005年2月13日には新高輪プリンスホテルで徳光和夫さんを司会役に結婚を祝う会が行われています。

結婚して19年になりますが、夫妻に子供がいることを示す情報は見つかりませんでした。

おそらく子供はいないと思われます。

美空ひばりは加藤和也(社長)をなぜ養子に迎えた?

ご存知の通り、美空ひばりさんには実子がなく、加藤和也社長は養子です。

小林旭と美空ひばりの子供&結婚・離婚の理由とは。田岡一雄との関係は?

実父は美空ひばりさんの弟・かとう哲也さん。

加藤和也社長は血縁上はひばりさんの甥にあたり、7歳の時に養子縁組をしました。

そこにはもちろん相続対策やひばりプロダクションの後継者確保という目的もあったのでしょう。

ですが、いちばんの理由は美空ひばりさんの家族愛だったと思います。

加藤和也社長の両親はすでに離婚しており、父のかとう哲也さんには数度の逮捕歴がありました。

幼い甥の生育環境を不憫に思うのは当然です。

ひばりさんは母の喜美枝さんと「一卵性親子」と呼ばれるほど絆が強く、また、かとう哲也さんの不祥事でバッシングされた際も弟の味方をしました。

自身の芸能活動より家族の絆を優先する行動をとった美空ひばりさん。

伯母としてはこのまま甥を放っておくわけにはいかず、息子として育てる決意をしたのではないかと思います。

加藤和也(社長)の実の母と父について

実の母は、かとう哲也さんが1969年に結婚した歌手の円山鈴子さんです。


本名を阿部静子さんといい、のちに「円山理映子」と改名して、『華麗なる追跡』『夜の女狩り』などの映画に出演しました。

加藤和也社長はひばりさんの死後、実母と対面したことがあるとのこと。

阿部静子さんは2007年2月24日に死去しています。

父のかとう哲也さんは1957年に小野透名義で歌手デビューし、多くの映画にも出演しました。

本名は加藤益夫さん。

1962年に一度芸能界を引退したあとは、三代目山口組系益田組の構成員に。

拳銃不法所持や暴行で逮捕されるなど刑事事件が続きました。

新たに「かとう哲也」として芸能界に復帰するも、またもや逮捕。

出所後は反社会的組織と縁を切り、ひばりプロダクションの社長に就任。

1983年に心不全のため42歳で死去しています。

自分の家族が守ってきた、母のともし火を消さないことが仕事と語る加藤和也社長。

「美空ひばりの遺産でセレブ生活」と悪く言う人もいるようです。


けれども、没後30年を経ても美空ひばりさんが日本人の心に存在し続けているのは、加藤和也社長の尽力があるからこそ。

今後も偉大な母の功績を伝え続けてほしいですね。

加藤和也の年収は現在いくら?マネーの虎での投資が話題&出身校はどこ?

コメント