ふせえりが結婚した夫は三木聡。お笑いコンビで活躍&岩松了と共演。出身校は?

コミカルな芸風で作品に笑いを添える名バイプレーヤーのふせえりさん。

結婚した夫が映画監督の三木聡さんということはあまり知られていないようです。

お笑いコンビ・ビシバシステム時代の活動を振り返るとともに、共演の多い岩松了さんや出身校についてまとめます。

ふせえりが結婚した夫は三木聡!

軽妙な芝居からシニカルな演技まで、作品のトーンに合わせて個性を発揮するふせえりさん。

1962年9月22日、東京都大田区の出身です。


出生名は「布施絵理」。

人気お笑い芸人を多数抱える人力舎に所属しています。

今や個性派女優としておなじみのふせえりさんですが、一般的に知られるようになったのは『温泉へ行こう』と『ナースのお仕事』でしょうか。

ちょっと癖があるけれど憎めない、人間味のあるキャラクターを演じることが多いようです。

近年はNHK連続テレビ小説への出演が目立ちますね。

朝ドラで重宝がられるところも演技派女優の証明といえそうです。

そんなふせえりさんさんが結婚した夫は、映画監督で放送作家でもある三木聡さん。

三木聡さんは慶應義塾大学在学中から放送作家として活動しており、これまでに『ダウンタウンのごっつええ感じ』『トリビアの泉』といった人気番組を手がけた人物です。

映画監督としては、ふせえりさんも出演している『亀は意外と速く泳ぐ』『転々』『インスタント沼』などを制作。

ドラマ『時効警察』シリーズでも監督を務めていますね。

もはやふせえりさんは三木作品に欠かせない存在といってよさそうです。

出会いは、三木聡さんが構成作家をしていたシティボーイズの舞台。

ふせえりさんは劇場で受付をしているところをスカウトされてシティボーイズの舞台に出るようになったとのこと。

結婚の時期は定かではありませんが、テレビ番組等でふせえりさんが語ったところによると、2000年には結婚していたようです。

三木聡と結婚した嫁ふせえり。最近は?宮藤官九郎と似てる?岡村隆史との関係

2001年には女児を出産。

子育てのため一時期は活動をセーブしていたようですが、2000年代の終わり頃から再び本格的に再開したようです。

かつてはお笑いコンビ・ビシバシステムで活躍!

お笑い芸人としての活動歴もあるふせえりさん。

1994年、西田康人(現・緋田康人)さんに代わる新メンバーとして、お笑いコンビのビシバシステムに参加。

相方の住田隆さんと繰り広げるシュールでナンセンスなコントが大ウケして、単独ライブは常に満員の人気だったそうです。

『タモリのSuperボキャブラ天国』でのキャッチコピーは「狂乱の男女混合タッグ」。

ふせえりさんは当時を振り返り、若い世代にはウケたものの、年配者にはさっぱりだったと告白。

シュールな芸風に年配の方はついていけなかったのかもしれませんね。

ビシバシステムは、ふせえりさんの結婚と出産を経たあとは事実上の活動停止状態に。

所属していた人力舎の公式サイトでも今は個人別に紹介されています。

住田隆さんはその後、『ゲゲゲの女房』『龍馬伝』『花燃ゆ』などに出演していますね。

ふせえりと岩松了はセット出演がお約束?

劇作家・演出家であり、脇役としての出演も多い岩松了さん。

三木聡作品の常連俳優ですね。

同じく常連のふせえりさんとの名コンビは、もはや三木作品の顔といえるでしょう。

二人の醸す空気感や絶妙なやりとりは癖になるほど。

「時効警察」シリーズでも、まるでコンビ芸のような二人の芝居が楽しめます。

三木ワールドの魅力は、人間関係を突き詰めずにストーリーが進んでいくところと分析する岩松了さん。

三木作品が「脱力系」と呼ばれる理由はこのあたりにもあるのでしょう。

ふせえりの出身校まとめ

ふせえりさんは私立の戸板女子高等学校を卒業後、系列校の戸板女子短期大学被服科に進学し、1985年に卒業しました。

戸板女子高等学校は2015年4月から三田国際学園高等学校と名称を変えて共学校になっています。

出身者に松金よね子さん。

戸板女子短期大学は東京都港区に本部がある1950年設立の私立短期大学です。

三田キャンパスと八王子キャンパスがあります。

卒業生には松本伊代さんや菊池桃子さんがおり、二人ともふせえりさんと同じ被服科を卒業しています。


脇役でありながら、味のある演技で存在感を放つふせえりさん。

日本にはコメディエンヌと呼ばれる女優が少ない気がします。

笑いのセンスを武器に、ぜひ第一人者になってほしいですね。

コメント