井口資仁はフィリピンとのハーフ?家族(両親)は沖縄出身?

井口 資仁(いぐち ただひと)さんは大リーグでも活躍した選手として有名です。

健康的な色黒で彫りの深い顔立ちでフィリピンとのハーフ説が流れていました。

今回は井口資仁さんのハーフ説や、家族が沖縄出身説について見て行きます!

井口資仁はフィリピンとのハーフ?


井口資仁さんは球界でも有数のイケメン選手として知られていましたが、そのイケメンぶりは監督になってもまったく衰えていませんよね!

イケメンの中でも濃いタイプの顔立ちもあって”日本人では無いのでは?”と噂になり、中でもフィリピンとのハーフ説が話題になっていました。

フィリピンよりもメキシコなど南米大陸っぽい雰囲気だと思われがちですが、井口資仁さんはフィリピンのハーフでは無いそうです。

調べると高校時代の井口資仁さんが映っていた映像があったので紹介します。

国学院久我山高校時代の映像ですが、チームメイトからは「和製ブラッドリー」と呼ばれていました(※1991年に巨人で活躍したフィル・ブラッドリー選手)

この時の映像では井口忠仁(読み方同じ)と紹介されているのですが、意外な事に「井口資仁」はプロ野球での登録名であって本名では無かったのです。

入団時は本名だったのですが、今後の飛躍の願いを込めて改名したそうです。

高校時代も今と変わらない濃いイケメンぶりが確認できましたが、なんの予備知識もなく井口資仁さんを見るとハーフと思ってしまいますよね(笑)

また、有名人でもハーフっぽいのに日本人という方は数多く居ます。

広瀬アリスさんや歌手の平井堅さんもハーフっぽいですが純日本人ですよね!

反対に中条あやみさんや登山家の野口健さんなど日本人っぽい感じでありながらハーフの方も居るので、見た目だけで判断するのは難しいですね。

井口資仁の家族(両親)は沖縄出身?

次は井口資仁さんの家族(両親)について見て行こうと思います。

仮に両親が沖縄出身であれば日本人離れした顔立ちも納得が行きますが、さすがに一般の方なので詳しい情報は分かりませんでした。

ちなみに井口資仁さんは東京都の西東京市(昔の田無市)出身とのことでした。

父親は地元の少年野球チームで監督をしていたらしく、家では母親がトスしたバドミントンの羽でバッティング練習をしていたそうです!

また、井口資仁さんの両親はファンサービスが凄いらしく、2000年頃に公式ホームページを作成してプレゼント企画などを開催していました。

当選したプレゼントは球団ではなく井口資仁さんの実家から届いており、球団とは関係なく完全にプライベートで計画していたそうです。

更に、発送元の実家にファンレターを送ると返事が来ることもあったそうです!

返事には「手紙は息子に届けます」と書いてあったらしく、そのファンの方には井口資仁さんからサイン入りベースボールカードが届いたそうです。

情報管理が厳しくなった現在では不可能になったやりとりですが、昔ならではのアナログで心温まるエピソードだと言えますよね。

ちなみに、沖縄と井口資仁さんについて深く調べると不思議な縁がありました。

それは最初の奥さんと再婚した奥さんが共に沖縄出身だったと言うことです!

再婚した奥さんは沖縄出身なだけでなく「ミス沖縄」の肩書も持っていました!


家族について調べてきた結果は井口資仁さんの家族が沖縄出身ではなく、井口資仁さんが結婚した相手がそろって沖縄出身だったと言うことでした!

井口資仁と再婚した妻は不倫関係だった?離婚した前妻との間には子供(娘)

福浦和也の引退と近況。弟が居る?浦和レッズとの縁&自伝「習志野が生んだ野球小僧」が話題

石井琢朗の娘がテニスで活躍。息子や家族について。バツイチ再婚で奥さん&元妻との馴れ初めは?

コメント

  1. 今年の井口ロッテは優勝間違い無し。
    井口監督が再婚してたとは知らなかった。奥さんがいないと監督業は大変と思っていたが。