東てる美が小林旭に激怒。おしんに出演&いちご・古本屋を経て最近の事業は?

『渡る世間は鬼ばかり』全シリーズに出演し、お茶の間の顔だった東てる美(あずまてるみ)さん。

国民的ドラマ『おしん』でも印象的な役どころを演じていました。

この記事では、「女優人生で最悪」とご本人が語った小林旭さんとのトラブルをはじめ、いちごや古本屋の事業など、最近の軸となっている実業家の側面に迫ります。

東てる美が舞台の稽古で小林旭に激怒!

東てる美さんは本名を山辺素美さんといい、1956年8月12日に東京都板橋区で生まれました。

ピンク映画を経て、1974年に『生贄夫人』で日活映画に初出演。

80年代以降は橋田寿賀子さんの作品に多く起用されていたため、昔の東てる美さんを知らない方は成人映画出身と聞いて驚くかもしれませんね。


テレビドラマへ進出後は、ワイドショーで「ポルノ女優の東てる美さん」と言われてクレームの電話を入れたことも。

ポルノ映画から一般作品に転向して成功した女優の一人といえるでしょう。

昭和の大スター・小林旭さんとのトラブルが起きたのは2014年のことでした。

小林さんが主演の舞台『熱き心で突っ走れ』に出演予定だった東てる美さん。

ところが小林さんからいじめまがいの演技指導を受けたうえ、初日の4日前に一方的に降板させられたことを暴露したのです。

二人の共演はこれが初めてで、東さんは小林さん演じる織田信長の母親役でした。

小林さんは、自分より20歳近く若い東さんが母親役を演じるにあたり、声の若さなどが気になっていたようです。

一方の東さんは、自分が何か提案をしても「つべこべ言わずにやれ」などと怒鳴るだけだったと相手を痛烈に批判。

キャスティングされた俳優をクビにすれば補償の義務が生じるため、自己都合で降板させようとして暴言を続けていたのではないかとコメントしています。

東さんが舞台のためにスケジュールを押さえていたのは事実であり、補償については主催者側と交渉したようです。

ただ、この件に関しては「舞台の演技指導ではよくある光景」と小林さんを擁護する声も上がっており、判断が難しいところ。

そういえば、灰皿を投げる人もいましたね。

東てる美は『おしん』で加代役を好演

再放送でハマる視聴者も多い『おしん』は、言わずと知れた80年代の国民的ドラマ。

明治から昭和の激動期をたくましく生き抜いたおしんの一代記です。

東てる美さんが演じたのは、おしんの奉公先である加賀屋の長女・加代。

橋田寿賀子さんの脚本というのは、やはり俳優にとっては一筋縄ではいかないようで、ほかの撮影現場のように本番前にお茶を飲みながら談笑するといった余裕はまったくなし。

おしん役の田中裕子さんとは撮影の合い間によく一緒に食事をしたそうですが、食事中も会話はなく、お互いに黙々と台本を読んでいたそうです。

撮影が終わると体重が2kg落ちていた日もあったといいますから、緊張感の高さがうかがえますね。

東てる美さんがが演じた加代は、わがままながらも親しみがもてるキャラクターで、主役のおしんより好きという人も多いようです。

いちご・古本屋につぐ最近の事業

女優だけでなく、実業家の顔ももつ東てる美さん。


これまで数々の事業を経験してきた過去がありました。

最初は31歳の時にはじめた漫画の古本屋。

当時としては画期的だった全巻セット販売が当たり、半年後に2店舗目、最盛期にはフランチャイズが40店舗になって、月300万円の収益を上げたこともあったそうです。

古本屋はファミコンブームの到来でしだいに縮小していくことになりますが、その後も写真のスピードプリント店、化粧品販売、高級ペットフードの輸入販売などを次々と手がけます。

50代になってはじめたのが、1粒1000円から1500円の超高級いちご「軽井沢貴婦人」の生産でした。

カギカッコつきで繰り返しますが、「1粒1000円から1500円の超高級いちご」です。

この「軽井沢貴婦人」ブランドは市場の評判はよかったものの、手間とコストがかかるという理由で撤退。

普通のいちごがひとつの苗に10個ほどできるのに対して、3個しかできないのだそうです。

そして最近取り組んでいるのが、ロシアのハイテク防犯システムを使ったセキュリティー事業。

古本屋からはじまって何やら話が大きくなってきましたが、ロシアのELSYS社のテクノロジーをもとに立ち上げたELSYS JAPANという企業で役員も務めているといいますから、本気度は高めのようです。

商品の「ディフェンダーX」は、カメラに写った人間の微細な振動から興奮や緊張などの精神状態を解析し、犯罪を犯しそうな人物を特定するシステム。


2014年ソチオリンピックでも導入され、その有効性の高さが実証されています。

今はこのビジネスが本業と公言している東てる美さん。

「女性実業家・東てる美」として名をあげる日も、そう遠くないかもしれませんね。

東てる美、肺腺癌で抗がん剤中止の理由。娘と孫は?結婚した夫は元マネージャー

小林旭と石原裕次郎・東てる美・高倉健・加山雄三。それぞれのエピソード

コメント