大沢健の現在。結婚した嫁は有名人。事故を起こし俳優業が激減、引退の危機だった

1980年代後半から1990年代に数多くのドラマや映画で活躍されていた大沢健(おおさわけん)さん。

過去に事故を起こし芸能活動が激減したとのことですが、2021年現在も俳優として活躍されているのでしょうか。

また、大沢さんは結婚をして相手の嫁さんが有名人との噂もあるようですがどうなのでしょう。

大沢健のプロフィール

芸名:大沢健

本名:大澤健

生年月日:1974年12月28日

身長:178㎝

出身地:東京都

最終学歴:堀越学園高等部

所属事務所:No.9 Actor

大沢健は現在も舞台を中心に映画やテレビでも活躍


大沢さんは幼い頃よりモデルとして活動していましたが、1988年映画『ぼくらの七日間戦争』(東宝)で本格的に俳優デビューを果たしました。

NHK大河ドラマの作品や数多くの映画、舞台にも出演されています。

近年の大沢さんは主に舞台を中心に活躍されているようで、2019年のミュージカル『ふたり阿国』(明治座)。

2018年の渡辺えりさん作の舞台、オフィス3〇〇『深夜特急』(下北沢・スズナリ)などは有名ではないでしょうか。

テレビでの出演は、2017年バラエティ番組『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)や2018年連続ドラマ『いつまでも白い羽根』(フジテレビ系)の佐伯順役などがあります。

1998年『SF サムライ・フィクション』(シネカノン)以来となる『海辺の映画館−キネマの玉手箱−』(アスミック・エース)で映画のスクリーンにも帰ってきたみたいです。

一時は露出が減り心配の声も上がっていましたが、近年徐々に活動の場が広がってきている様子なので、これからも大沢さんの活躍を期待しているファンの方も多いのではないでしょうか。

車の事故を起こし俳優業が激減してしまった

大沢さんは人気も絶頂であった2002年1月に車で事故を起こし話題となりました。

その事故の原因が、深夜の大沢さんによる酒気帯び運転による追突事故です。

相手はタクシーの運転手で、全治2週間の頚椎捻挫を負わせてしまい、大沢さんは逮捕されました。

この事故の後に、俳優としての仕事は激減してしまい、一時は芸能界引退もと囁かれていました。

そんな大沢さんは事故後から10年経った2012年のNHK朝の連続テレビ小説『梅ちゃん先生』(NHK)で再び注目され、また徐々に世間への露出が増えてきました。

大沢健の結婚した嫁は有名女優だった?


大沢さんが女優ミムラさんと電撃結婚したというニュースが入ってきて世間を賑わした時があります。

ミムラさんは2006年に国際的なオーケストラ指揮者の金聖響さんと結婚しますが、2年で別居、更に2年の別居生活を経て2010年に離婚をしています。

その後2013年に再婚をしてますのでミムラさんは既に既婚者ということになります。

ではそのお相手が大沢さんなのかというと、ミムラさんが再婚したお相手は40代自営業の一般男性の方でした。

ではなぜ大沢さんとミムラさんの電撃結婚のニュースが入ってきたのかと言いますと、お二人はNHKの朝ドラ『梅ちゃん先生』の中で共演しており、作中に不動産のセールスマンであった大沢さん演じる加藤と、ミムラさん演じる梅子の姉・松子が結婚する話しがあった為にニュースとして取り上げられました。

2018年7月10日の『週刊女性』(主婦と生活社)では当時大沢さんが出演されていた舞台『花盛り四人姉妹~吉野まほろば物語~』(明治座)の時期に女性と手を繋いで歩く姿を目撃されています。

しかし、これも大沢さんの事務所サイドから「彼女は大沢が妹のように可愛がっている後輩です」との説明があり恋人関係すら否定する形となっています。


大沢さんご自身は2021年現在も独身として結婚の話が話題になったことがありません。

ファンはいつか大沢さんの結婚報道が取り上げられ、素敵なお嫁さんを貰い祝福される日がくるのを心待ちにしているのではないでしょうか。

コメント