中村紘子の自宅、夫(庄司薫)との馴れ初め。父親と母親、家族の戸籍が不思議

日本人ピアニストの代名詞として世界を舞台に活躍し、後進の育成・紹介にも情熱を注いだ中村紘子(なかむらひろこ)さん。

華やかな舞台裏で、来る日も来る日も練習に明け暮れるのがピアニストの日課ですから、自宅の防音設備に関心を寄せる人も多いのではないでしょうか。

今回は中村紘子さんの家族にも注目して、父親や母親、夫についてまとめます。

中村紘子の自宅マンション、グランドピアノのサイズは?

1960年、東京フィルハーモニー交響楽団の演奏会にて天才少女としてデビューした中村紘子さん。

生年月日は1944年7月25日、桐朋女子高校音楽科を中退後、アメリカのジュリアード音楽院で学びました。

56年間のピアノ人生で3800回を超える国内外の演奏会を行い、世界中の人々を魅了してきたピアニストです。


小柄な身体から奏でられる力強い旋律は、華やかな美貌のピアニストのイメージを一瞬忘れさせるものでした。

けれどもひとたびピアノから離れると、気さくな語り口や茶目っ気あふれる人柄がとてもチャーミング。

エッセイの名手でもあり、『N響アワー』の司会者を務めたりCMにも登場するなど、お茶の間にもおなじみの顔でしたね。

「クラシックの音楽家=芸術家肌で気難しそうな人」「クラシック=敷居の高いもの」といった先入観を覆し、クラシックを身近に感じさせた功績は何をおいても評価されるべきものでしょう。

リリースされた50を超えるアルバムは、クラシックとしてはいずれも桁外れのセールスを記録しています。

2016年7月26日、大腸がんのため天国へ旅立った中村紘子さん。

72歳の誕生日を夫と自宅で祝った翌日でした。

音楽評論家で元『ショパン』編集長の伊熊よし子さんは、中村紘子さんのマンションに何度も取材に訪れたことのある人物。

自宅で執り行われた一周忌にも参加しています。

遺影に向き合った時、ふとご本人が現れそうな気がして、不思議な感慨にとらわれたと振り返っています。

『ショパン』には「ピアニストの部屋」という連載があり、1988年1月号では中村紘子さんの自宅を紹介。

自宅はもともと夫である庄司薫さんが住んでいたマンションで、そこへ紘子さんがピアノと猫を連れて移ってきたのだそう。

壁も天井も白く、眺望も抜群、リビングルームは25畳の広さ。

リビングの二か所に配置された応接セットの間にスタインウェイのC型がありました。

グランドピアノにもサイズがあり、いちばん大きいフルコンサート・ピアノはマンションのエレベーターに入らなかったそうです。

また、リビングルームの隣にもピアノの部屋があり、こちらにもスタインウェイのC型が。

この部屋は防音のために造りが二重になっていました。

部屋の中にもうひとつ部屋があり、二重扉の構造になるわけです。

床をはがし、コンクリートを打ち直してリフォームしたといいますから、ピアニストが自宅に手をかけるのはもはや仕事の一部なのかもしれません。

1988年の時点で住んでいたマンションと、一周忌が執り行われたマンションが同一であるかどうかは確認がとれませんでした。

中村紘子の父親・母親ほか家族と戸籍が「母の妹」の不思議

中村紘子さんは陸軍少佐・野村典夫さんと曜子さんの長女として山梨県甲州市で生まれ、東京都世田谷区で育ちました。

妹がいる4人家族だったようです。

ところが紘子さんが慶應義塾幼稚舎在学中に両親が離婚し、母親と暮らすことに。

夫婦仲に亀裂が入った原因は、母親が父親に内緒で紘子さんを自分の妹として入籍したことでした。

父親の典夫さんは、自分が戦死した時のことを考えたのだろうと説明しています。

中村紘子さんは出生名が「野村紘子」、母親の旧姓が「中村」、結婚後の本名が「福田紘子」です。

その後母親は印刷会社を興し、事業家の援助を受けながら、紘子さんにピアノを与え、一流のピアニストに育て上げていきます。

母・曜子さんは経営手腕にも長けた女性だったようで、のちに銀座の画廊・月光荘の経営に携わり、ソ連絵画を扱う美術商として成功。

一方でサロン・ド・クレールという会員制アートクラブを開き、女主人に。

このサロンには三島由紀夫さん、中曽根康弘さん、浅利慶太さんら政財界人や文化人が集いました。


母親は1992年に筋萎縮性側索硬化症のため死去。

父親の典夫さんは離婚後に再婚して子供をもうけ、1988年に肺炎で他界しています。

中村紘子と夫・庄司薫の馴れ初め

芥川賞作家の庄司薫さん、本名・福田章二さんと結婚したのは1974年9月でした。

芥川賞受賞作『赤頭巾ちゃん気をつけて』に自分が登場することを知人に知らされた中村紘子さん。

まず感激してボーッとなり、つぎに作品の魅力に圧倒され、読み終えて著者の顔写真をまじまじと見つめた時に、自分はこの人と結婚すると直感したそうです。

電話をかけたのは中村紘子さんからでした。

出会いから5年後、二人は結婚。

夫妻の間に子供はいません。


『赤頭巾ちゃん気をつけて』の最後で、著者は主人公の男性に「ぼくは海のような男になろう」と言わせています。

愛する女性を守る決意の表れなのですが、これは庄司薫さん自身が未来の妻に伝えたい誓いの言葉だったのかもしれませんね。

中村紘子とカレーCM。高い評価と過酷なピアノ練習。大腸がんで死去し追悼の会

庄司薫は現在、株で悠々自適?妻は中村紘子、村上春樹との関係。芥川賞作家の名言

コメント