田中俊介、ボイメン脱退の理由は体調不良=適応障害だった。芸能界には復帰は?

BOYS SND MENの田中 俊介(たなか しゅんすけ)さんは、2019年にボイメンを脱退されました。

その脱退理由が”適応障害だった”と発表された時にはファンや関係者の間に衝撃が走りました。

今回は田中さんのボイメン脱退までの経緯や、適応障害と闘ったエピソードをご紹介します。

さらに現在は芸能界に復帰されているのか、その有無についても迫ります。

田中俊介のプロフィール


本名:田中俊介

あだ名:しゅんくん

生年月日:1990年1月28日

出身地:愛知県

身長:175cm

血液型:B型

ボイメンを脱退した裏側

田中さんは2010年に名古屋で行われた「IKEMEN☆NAGOYA」という公開オーディションに見事合格し、ボイメンの初期メンバーとして活躍されていました。

ボイメンはメンバーの入脱退が多く、人の入れ替わりが多いグループです。

その中でも田中さんは初期メンバーとして約10年もの間、ボイメンを引っ張ってくれていました。

そんな田中さんが突如脱退を発表された時には、周囲が騒然としました。

脱退に至った理由は「適応障害によって思うようなグループ活動ができなくなってしまった」とのことでした。

田中さんはなぜ適応障害になり、どんな症状に苦しんだのでしょうか。

体調不良の原因「適応障害」と闘う田中俊介

適応障害とは心の病気のひとつであり、憂鬱な気持ちや食欲不振、震えがとまらないなど、個人によって様々な症状が出現します。

多くの原因はストレスとされており、おそらく田中さんもストレスが原因で発病されたのかもしれません。

芸能のお仕事は常にストレスが付きものといっても過言ではありませんので、仕事やプライベートのストレスが蓄積し、病気が発症してしまったのではないでしょうか。

また、田中さんは筋トレを毎日行うなどストイックな一面をお持ちようです。

そうした生真面目な性格や完璧主義な傾向も、こうした心の病気が発病しやすい性格の性質とされています。

おそらく、田中さんの真面目な性格も適応障害の発症に関係しているのかもしれません。

田中さんはこの症状に2018年から苦しみ、徐々に思うようなグループ活動ができなくなり、同年の12月に病院にいったところ「適応障害」の診断を受けたそうです。

グループ活動をこれからもしたいという思いと、周囲に迷惑をかけられないという葛藤の末、2019年3月に病名を伏せての活動を休止します。

しかし田中さん自身は辛い状況にもかかわらず、ボイメンとしての活動を休止している間はソロでできる活動を続けていらっしゃいました。

「できることは続け、新たな力をつけてボイメンに復帰したい」という本人の強い意思があったのです。


しかしその努力も虚しく、回復の兆しが見えないと判断し、同年11月30日に正式にボイメンを脱退することを発表しました。

復帰に向けて前向きにソロ活動をしていく傍らで、「このような自分がボイメンを名乗ることが申し訳ない」「迷惑をかけているのではないだろうか」といった自責の念が増え、脱退を決断されたそうです。

その無念の思いが、本人の言葉でブログに綴られています。

ファンやスタッフ、メンバーからも惜しまれた、無念の脱退となってしまいました。

芸能界に復帰しているのか

現在田中さんは、ボイメン脱退後も芸能活動を続けていらっしゃいます。

実はボイメンの活動を休止されている頃から、個人として俳優業に徐々にシフトされていたのです。

また、かねてより興味のあったミニシアターに携わる仕事も展開し、地元名古屋のミニシアター「シネマスコーレ」さんの支援を受けて、自身の出演する映画作品を上映する「田中俊介映画祭」なども開催されています。

その他にも、舞台やドラマへの着実に活躍の場を増やし、俳優として精力的に活躍されているのです。

そんな田中さんですが、現在まだ適応障害と闘っているのか、あるいは治ったのかは公表されていません。


しかし現在の田中さんの活動をみる限り症状は少なくとも軽快し、自分のやりたい活動を楽しめているのではないでしょうか。

これからも体調を第一に考えての活動をしていただき、さらなる飛躍に期待したいですね。

田中俊介の現在。実家は喫茶店。噂の彼女スヨンと結婚か。自慢の筋肉について

小林亮太の彼女は?ニコラモデル&アマゾンズの経歴と事務所。田村心との仲良しエピソード

コメント