桃井かおり、英語の実力。氷室京介との関係。住まいはロス&所属事務所は?

国内外で活躍する女優であり、映画監督でもある桃井かおり(ももい かおり)さん。

活動の軸を海外に移した印象がありますが、英語レベルはどの程度なのでしょうか。

また氷室京介さんとの関係、住まいはロサンゼルスにあるのか、また所属事務所はどこなのかについても見ていきましょう。

桃井かおりのプロフィール

本名:桃井かおり

生年月日:1951年4月8日

身長:162 cm

出身地:東京都世田谷区

最終学歴:女子美術大学附属高等学校

桃井かおりの英語レベル

まずは桃井さんの英語レベルを、経歴から確認してみましょう。

桃井さんが初めてニューヨークへ渡ったのは、1981年。


『幸福の黄色いハンカチ』で第1回日本アカデミー賞助演女優賞を受賞するなど、順調にキャリアを積んでいた矢先の出来事でした。

女優としてある程度の地位についた途端、「桃井かおり」という役者の枠をいったん打ち破りたくなったのかもしれません。

帰国後は引退を考えながらも、『花へんろ』の主演を務め、再び日本映画界に返り咲きます。

さらに1991年には、オムニバス映画『NOW IT’S THE BEST MOMEN0T IN OUR LIFE!!』で、モモイ・カオリという名で監督デビューしました。

結果的に日本で活躍し、充実した時間を過ごせるのなら十分だと思えてきたのかもしれません。

しかし2004年の父親の死をきっかけに、再びアメリカを活動の視野に入れ始めます。

より過酷な状況に身を置きたいと考え、ハリウッド映画のオーディションを片端から受け始めました。

そして2005年、『SAYURI』でハリウッド映画に初出演を果たし、翌年にはアメリカ合衆国映画俳優組合へ加入。

同年には『無花果の顔』で初めて長編映画を監督しました。

経歴からわかる通り、桃井さんの英語レベルはネイティブ並みです。

『SAYURI』について海外記者から受けたインタビューでは、通訳者を介していたものの、明らかに相手の発言を理解している様子でした。

通訳者の立場を考慮して、英語と日本語を織り交ぜながら対応していたのでしょう。

自ら厳しい環境に飛び込む程にストイックな桃井さんですから、英語も意欲的に勉強を重ねたことがうかがえますね。

また、2017年に公開されたハリウッド映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」(Ghost in the Shell)でも重要な役で出演、流暢な英語を披露しました。

桃井かおりと氷室京介の関係。住まいはロス

次に桃井さんと、歌手の氷室京介さんとの関係を見ていきましょう。

2人は共にロサンゼルス在住という共通点があります。

アーティストが数多く居住する地ですから、2人も刺激的な仕事を獲得するのに最適と考え移住したのでしょう。

同じロス在住のアーティスト同士、桃井さんと氷室さんは非常に仲良しです。

2019年にはドジャースの前田健太投手の家族も含め、鍋を囲む姿が桃井さんのインスタに投稿されました。

2016年に監督と主演を務めた映画『火 Hee』では、桃井さんの自宅で撮影が行われました。


映像に映る自宅内は広く、高級住宅街にある立派な邸宅であることがうかがえます。

氷室さんを筆頭に、一流アーティストと交流しながら、刺激的な日々を送っているのでしょう。

桃井かおりの所属事務所はどこ?

最後に桃井さんの所属事務所について見ていきます。

2021年現在は自身の個人事務所に所属しているようですが、正確な情報は見当たりません。

所属事務所の情報がここまで見当たらない芸能人は、かなり珍しいですね。

一説によるとわがままな性格が祟り、大手芸能事務所が彼女の面倒を見るのを辞めてしまったそうです。

日本の芸能界から干されている状況の中、個人事務所で直接仕事を受注し、海外の仕事に軸を移したともいわれています。


桃井さんを日本のドラマやCMであまり見かけなくなったのは、大手事務所に所属していないためなのかもしれませんね。

良くも悪くも海外のやり方が性に合うのか、今後も国際的に活躍し続けられる映画人といえそうですね。

桃井かおりの結婚。夫は音楽プロデューサー。子供と結婚歴

桃井かおりの伝説。松田優作・萩原健一・武田鉄矢・竹中直人とのエピソード

桃井かおり、奇跡の美肌。化粧水ほか愛用化粧品はエスケーツー。クレンジングの大切さ

コメント