岸優太のイヤモニはKC&愛用ヘッドホン、耳に注目。スマホケースや財布事情とは

King&Princeのリーダー・岸優太(きしゆうた)さんは、今や多くの番組に出演し、少しずつその知名度を全国区に広げています。

キンプリ人気も衰えず、デビュー4年目を迎える2021年も、ますますの活躍が期待されます。

まさに、飛ぶ鳥を落とす勢いのキンプリ&岸さんですが、今回は岸さんが愛用する数々のものにスポットをあてます。

そこには、何事にも一生懸命でおごることのない、愛されキャラの岸さんらしい人柄が見えてきますよ。

岸優太のプロフィール


愛称:岸くん、岸、優太、KC、キッシー

本名:岸優太

生年月日:1995年9月29

身長:167cm

血液型:A型

入所日:2009年7月20日

メンバーカラー:紫

イヤモニには「KC」の文字

ジャニーズのタレントがよく耳にしているイヤモニは、そのグループ独自のデザインや、その人の物であることが一目でわかるような仕様になっています。

キンプリの場合も、メンカラ仕様になっていたり、それぞれを象徴するようなデザインになっていたりと、見ているだけでも楽しいものです。

さらに岸さんのイヤモニには、愛称の一つである「KC」という文字が書いてあり、インパクトのある主張の強い仕上がりとなっています。

ちなみに、この「KC」は、ストーンズのジェシーさんのイヤモニ「JC」をそのままパクったものであることが、本人の口から語られています。

岸優太はヘッドホン派

イヤモニの次は、ヘッドホンのお話です。

ジャニーズの皆さんは、移動中にイヤホンをしていることが多いのですが、岸さんの場合、これがヘッドホンであり、その姿がたびたび披露されています。

余談ですが、このヘッドホンはかなり高級なもので、倹約家で知られる岸さんにしてみれば、かなりのご褒美だったそうです。

その大切なヘッドホンを、いたずら好きで有名なキンプリメンバーの平野紫耀さんに嚙まれてしまう、という災難に見舞われています。

その際、耳を保護してくれるフカフカの部分に、咀嚼中のご飯粒が入り込むというアクシデントもあり、岸さんは大変落ち込んだそうです。

なお、ジュニア時代の岸さんは、イヤホンやワイヤレスイヤホンを使っていましたが、なぜか何度も失くしてしまうという天然ぶりを発揮し、現在のヘッドホンに至っています。

岸優太は耳が小さくて可愛い

耳繋がりでもう一つ。

岸さんは、顔が小さいことで知られていますが、実は耳の方も小さめであり、可愛いその形に「岸耳ファン」を公言する人も少なくありません。

耳の形も特徴的で、少しお猿さんっぽいところも、岸さんの魅力の一つです。

岸優太のスマホケースはラップ巻き

物に無頓着で、あまり関心がない岸さんのスマホケースが、一時ラップでグルグルに巻かれた状態であったことはファンの間で有名な話です。

天然な岸さんらしい話ですが、なぜラップ巻きかというと、その理由もなんとも岸さんらしくて面白いです。

というのも、2020年のある日、自宅でスマホを落としてしまい、その際に画面が割れ、なんとそれを足で踏んで出血をしてしまったようです。

それを人様が踏んだら危ないと思い、ラップを巻いて応急処置をした、というのが真相です。

今をときめくアイドルが、修理にも出さずに割れたスマホをラップ巻き、いかにも、岸さんらしいエピソードですね。

愛用の財布はメゾンマルジェラ

ブランド物を愛用するジャニーズタレントが多い中、バッグは1000円程度のナップサックだったり、紙袋だったりと、とにかく庶民的な岸優太さん。

着る洋服も、ハイブランドなものよりも、スポーツブランドのアウターが多く、芸能人らしさを感じない装いがほとんどです。

しかし、財布はなかなかの物でした。

テレビでチラッとスマホと財布が映り込み、その財布がイタリア製の「メゾンマルジェラ」の物であることが判明しています。

コメント