奥田瑛二の娘・安藤サクラと孫。長女・安藤桃子は映画監督&高知との関係

ベテラン俳優であり、映画監督としても国際的に評価されている奥田瑛二(おくだ えいじ)さん。

次女の安藤サクラさんは、2014年に『百円の恋』で日本アカデミー賞を受賞し、活躍していますね。

さらに長女の安藤桃子さんも映画監督として活躍中です。

今回は奥田さんについて、娘のサクラさん、孫、桃子さんとの家族模様を見ていきます。

同時に高知県との関係に迫りましょう。

奥田瑛二のプロフィール

本名:安藤豊明(あんどう とよあき)

生年月日:1950年3月18日

身長:175cm

出身地:愛知県東春日井郡高蔵寺町(現在の春日井市)

最終学歴:明治学院大学法学部中退

所属事務所:ゼロ・ピクチュアズ

奥田瑛二の娘は安藤サクラ

サクラさんは、奥田さんと、エッセイストでタレントの安藤和津さんの次女です。

母方の曾祖父は犬養毅元首相という名家に生まれました。

5歳で父の舞台を観て女優を志し、途中で断念するものの、高校時代に再び目指し始めます。

2007年、父の監督作『風の外側』で主演女優の代役を務め、映画デビュー。

2009年に園子温監督の『愛のむきだし』で、カルト教団の勧誘員を怪演し、注目を集めます。

以降は着々と話題作へ出演し、人気を獲得。

2013年には、映画『かぞくのくに』で「キネマ旬報ベスト・テン」の主演女優賞を受賞します。

2014年、『百円の恋』で同賞を2年連続受賞。

同作で翌年の日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞しました。

2018年にはNHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』でヒロインを務め、お茶の間でも人気を確立しています。

同年の出演作『万引き家族』がカンヌ国際映画祭のパルムドールに輝き、国際的にも注目される実力派女優となりました。

私生活では2012年、俳優・柄本明さんの長男・柄本佑さんと結婚。

二世俳優同士の大物カップルとして注目されました。

2021年現在も、2人は円満に暮らしているようです。

奥田瑛二の孫は?

サクラさんは2017年に娘を出産しました。

朝ドラでヒロインを務めた際は、家族の協力を得て育児に励んだそうです。

また姉の桃子さんにも娘がおり、奥田さんは2人の孫娘を溺愛しています。

5歳と3歳の孫からは、「えいじい」と呼ばれ、懐かれているそうです。

両親が不在でも、孫たちは「えいじい」とのお泊りを楽しむとのこと。

奥田さんは孫たちのためにご飯も作るそうで、深い愛情を注いでいることがわかります。

孫たちにとっては理想のおじいちゃんといえますね。

長女の安藤桃子は映画監督

奥田さんの長女である桃子さんは、小学生の時点で映画監督を目指していたそうです。

高校生の時にイギリスへ留学し、東京藝術大学と迷った末、ロンドン大学芸術学部へ進学しました。

次席で卒業後は、ニューヨーク大学で映画製作を学び、監督助手となります。

2010年に「安藤モモ子」名義で監督した『カケラ』でデビュー。

翌年には小説『0.5ミリ』を出版し、作家としてもデビューします。

2014年に僧侶の男性と結婚し、小説『0.5ミリ』を映画化しました。

同作はサクラさんが主演を務め、姉妹の共作として知られています。

奥田瑛二と高知県との関係

桃子さんの出世作である映画『0.5ミリ』のロケ地となったのが高知県。

高知の土地柄に魅了された桃子さんは、2014年に移住を果たしました。

奥田さんも高知に魅力を感じ、親子で「高知県観光特使」に就任しています。

2017年に桃子さんは、高知市内にミニシアター「ウィークエンド キネマM」をオープンしました。

「高知の映画人口を増やしたい」と語り、空きビルを買い取って、スキルゼロながら運営を始めたそうです。

その後は、高知県民だけで作る「高知全生産映画」の公開を目指しています。

奥田さんは父親であると同時に、同じ映画人として、娘を全面的にサポートするつもりだそうです。

2人は高知県の映画人口を増やすことで、映画館周辺の商店街を活性化させ、地域に活力をもたらそうとしているのでしょう。


映画を通した地方活性化を推進してきた奥田親子。

今後も引き続き、家族で日本映画界に、希望の光をもたらしてくれるでしょう。

奥田瑛二の妻・安藤和津、結婚馴れ初めとは。自宅、父親は?家系図がすごい!

コメント