川端健嗣、現在もアナウンサー?実家が権力者&社長の噂。妻について

整ったルックス確かなアナウンス技術で人気だった川端健嗣(かわばたけんじ)さん。

その姿を見かける機会が激減しましたが現在はどうしているのでしょうか。

川端健嗣は現在、アナウンサーではなかった

立教大学を卒業した1984年にフジテレビアナウンサーとなった川端健嗣さん。

徳光和夫さんや古舘伊知郎さんなど数々のアナウンサーを輩出してきた立教大学。

きっとアナウンサーを目指して立教大学に進学する人も少なくないでしょう。

大学在学中、アナウンス研究会に所属していた川端健嗣さん。


当初からアナウンサー志望かと思いきやそうではありません。

大学入学時に様々なサークルに追いかけられたそうで、「ここなら信用できる」という思いからアナウンス研究会に所属。

その後、アルバイトとしてTBSの視聴者参加番組「ぴったしカン・カン」の予選会MCを務めるように。

そして予選会終了後は毎回、本番収録も見学していたんだとか。

そんなある日、司会の久米宏さんに「どこのアナウンサーになりたいの?」と声をかけられた川端健嗣さん。

こうして声をかけてもらった事がアナウンサーを目指すきっかけとなったそうです。

その後、TBSではなくフジテレビのアナウンサーとなった川端健嗣さん。

ですが久米宏さんの事は今でも「師匠」と思っているんだとか。

フジテレビ入社後は報道からバラエティ番組、スポーツ番組と多岐に渡って活躍。

確かなアナウンス力と端正な顔立ちで瞬く間に人気アナウンサーの仲間入りを果たしました。

テレビに出演し、タレントのように扱われる事も少なくないアナウンサー。

ですが、あくまでも会社員のためベテランになると増えるのが管理業務。

川端健嗣さんもアナウンス室デスク統括担当部長なった事で番組に出演する機会は激減。

時間の都合が付きやすいためか、ナレーションの仕事が主に。

その他、フジ系列のアナウンス用語統一部会や新聞用語懇談会の委員にも就任。

「言葉のプロフェッショナル」として陰に日向にフジテレビを支え続けていました。

ところが2013年に突如、アナウンス部からBSフジ広報局専任局長へ異動。

この異動により川端健嗣さんはアナウンサーではなくなってしまいました。

人気アナウンサーだったにも関わらず他部署への異動。

当時の世間に大きな衝撃を与え、「左遷」という憶測も飛び交う始末。

ですが、もちろん左遷などではありません。

その証拠に異動後も番組の司会やレポーター、ナレーターとしての活動も継続しています。

2017年には再び人事異動によりフジテレビの秘書室社長秘書役に。

そして2021年時点ではフジテレビ秘書室役員待遇会長秘書役に就いているそうです。

ただ、秘書室に異動となってからもアナウンサー業は継続中。

それだけ替えの利かない存在であるという何よりの証拠と言えるでしょうね。

実家は銀座の有力者?

立教大学出身の川端健嗣さんは小学校から立教一筋。

出身地は東京の銀座で育ったのも銀座で、内面や外面から伝わる育ちと品の良さ。

きっと誰もが父親は一流企業の重役で実家は大金持ちと思う事でしょう。

ところが意外にも実家はタバコ屋さん。

ただ、普通のタバコ屋さんではなかったようです。

というのも父親は銀座8丁目の町会長。

そのため「銀座で川端を知らない人はいない」という特別な存在なんだとか。

以前、その事実が分かるエピソードが明かされた事が。

それはフジテレビの同僚と銀座に遊びに行った時のこと。

閉店間際のカラオケ店で「銀座の川端です」と言うとお店を開けてくれたそうです。

そしてピザを頼めば特大サイズが出てきて、マイクが壊れると店員が飛んできて対応。

まるでVIPのような対応を受けた事を明かしています。

名前を出すだけでこれだけの対応をしてもらえるなんて。

地元ではかなりの影響力の持ち主がある事は間違いないでしょう。

川端健嗣は社長だった?

川端健嗣さんについて調べてみると「社長」というキーワードが。

かつて秘書室社長秘書役だった事が関係しているのでしょうか。

ですが、更に詳しく調べてみると意外な事実が。

何と川端健嗣さんは本当に社長だったんです。

ただしフジテレビの川端健嗣さんとは別人。

京都にある「株式会社カワタキコーポレーション」の社長が川端健嗣さんという名前なんです。

「川端」という姓は決して多いとは言えないでしょう。

また、「健嗣」という名前も一般的ではありませんよね。


そのため同姓同名の別人という事に気が付かない人もいるのではないでしょうか。

アナウンサーを辞めて社長になったと勘違いしても不思議ではありません。

川端健嗣が結婚した妻

立教大学出身という知性と端正な顔立ち。

そして何より指折りの人気職業であるキー局のアナウンサー。

誰もが羨む存在だけに若い頃からきっとモテモテだったはず。

ですが、結婚したのは39歳だった2001年12月と意外にも晩婚だったんです。

20代の頃、「笑っていいとも!」でゲイの疑惑をかけられた川端健嗣さん。

その事が晩婚の原因になったのかは分かりません。

きっと仕事が忙しく、恋愛どころでは無かったのでしょうね。

気になるお相手の女性の情報ですが、一般人のようで殆ど情報はありませんでした。

分かったのは9歳年下という事だけ。


ただ、長らく独身貴族だった川端健嗣さんが選んだ女性。

きっと才色兼備で内面も素敵な女性なのでしょうね。

「いつか妻の顔を見てみたい」と思う人はきっと多い事でしょう。

須田哲夫の娘と家族。現在、痩せたのは病気?認知症の母を介護

境鶴丸の現在。異動か退社か。交通事故で謹慎の噂&病気のエピソード

益田由美の現在。なぜ鎌倉。夫と子供について。なるほどザワールドで活躍

山村美智、夫・宅間秋史と子供。現在も傷心。ひょうきん族の名物アナウンサー

コメント