吉岡秀隆の結婚。内田有紀との離婚理由と子供。結婚式は倉本聰プロデュース

かつては名子役として名をはせ、今や渋いベテラン俳優の風格も漂うようになった吉岡秀隆(よしおかひでたか)さん。

『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』などで人気の女優・内田有紀さんと結婚していたことを知らない世代が増えているようですね。

今回は吉岡さんのプライベートにスポットをあて、二人の馴れ初め、結婚式、離婚理由に迫ります。

元妻との間に子供は授かったのでしょうか。

吉岡秀隆と内田有紀の結婚

5歳で劇団若草に所属して芸能活動をスタートした吉岡秀隆さん。

『男はつらいよ』シリーズに寅次郎の甥っ子・満男役でレギュラー陣の仲間入りをしたのは11歳の時でした。

これと並行して、同年に放送がはじまったドラマ『北の国から』にも純役でレギュラー出演。


この国民的な二つの人気シリーズで少年から大人への成長を演じたことから、吉岡さんには長いこと満男と純のイメージがついて回りました。

そのイメージを払拭する新しい代表作と出会ったのは、『北の国から』完結後の2003年のことです。

離島医療と真摯に向き合う若き医師を好演した『Dr.コトー診療所』。

主人公のコトー先生は、少年時代の満男と純を知らない若い世代にも支持されて、吉岡さんの新たな当たり役に。

『Dr.コトー診療所』第1シリーズ放送の前年、吉岡さんは内田有紀さんと結婚しています。

馴れ初めは『北の国から2002遺言』での共演でした。

内田さんが演じたのは、純と恋に落ちる人妻・高村結。

作中で結ばれた二人が実生活でもゴールインしたことで大きな話題となりました。

当時、吉岡秀隆さんは32歳、内田有紀さんは27歳。

二人は撮影の合間に急接近したようで、ロケバスの中で腕を組んでいたという微笑ましいエピソードも。

吉岡さんは内田さんについて、同じ宿に泊まり、同じ食事を食べて、内田さんは壁のない人だと思ったとコメント。

プロポーズについても、撮影中にすでにしていたことをほのめかしています。

ドラマの役柄を超えて愛情を育んでいたことになりますね。

内田有紀さんは2002年11月28日をもって芸能界を引退することを発表。

12月の結婚を機に専業主婦になりました。

吉岡秀隆と内田有紀の離婚理由。子供は?

吉岡秀隆さんと内田有紀さんは2005年12月に離婚しました。

二人の間に子供はいません。

その後、内田さんは「自分の居場所を見つけるため」として芸能界に復帰。

「居場所を見つける」という活動再開理由が少しひっかかるのですが、結婚生活に自身の居場所は見いだせなかったのでしょうか。

本人たちから離婚理由が語られていないため、真相は闇の中。

当時の報道では、夫の希望でいったんは専業主婦になったものの、多忙な夫の不在で孤独感を募らせてしまった内田さんが書き置きを残して家を出たといわれていました。

世間では吉岡さんのDV疑惑もささやかれましたが、これは内田さん側の情報操作ではないかとみる向きも。

ともあれ、書き置きを残して家を出たという状況から推測できるのは、結婚生活に耐えがたい何かがあったということでしょう。

内田有紀さんの引退は、アイドルから本格派女優に開花しはじめた矢先の出来事でした。

そこには吉岡さんの「妻は表に出ずに家を守る」という価値観があったといわれています。

結婚の記者会見で、黒板純ではなく、吉岡秀隆として内田さんを幸せにすることがファンへの恩返しと語っていた吉岡さん。

妻を引退させたこともあり、多くの仕事を引き受けるようになったそうです。

結婚の翌年の『Dr.コトー診療所』では与那国島での長期ロケで家をあけることも多かったはず。


妻が孤独に耐えられなかったために離婚に至ったとするならば、それは彼女の生い立ちに根ざしたものだったのかもしれません。

内田さんは小学2年生の時に両親が離婚しており、以降は父親に引きとられ、父が再婚すると母親のもとに移り、今度は母の再婚によって再び居場所をなくしています。

最終的には祖父母に預けられますが、高校からは一人暮らし。

複雑な家庭環境で育ったことは明らかで、このような経験から温かな家庭を夢みていたとしても不思議ではありません。

吉岡さんは家族のために仕事に打ち込んでいたのだと思いますが、内田さんにしてみれば、その結婚生活は自分を必要としてくれる居場所ではなかったのかもしれません。

「ヒデは自分の何が悪かったのかわからないようで、落ちこんでいた」という倉本聰さんの言葉が印象的です。

内田有紀さんが引退し、吉岡秀隆さんが仕事量を増やした選択は、破局への道とセットになっていたのかもしれませんね。

富良野の結婚式は倉本聰プロデュース

結婚式はドラマの舞台である富良野市の新富良野プリンスホテルにて12月7日に行われました。

当日、二人は式に先立って記者会見を開き、富良野市役所に婚姻届を提出したことを報告。

「早くも尻にしかれてるとみんなに言われる」と吉岡さんがおどける一幕もありました。

雪の中でウェディングドレスを着たいという内田さんの夢をかなえるために、吉岡さんが脚本家の倉本聰さんに相談をもちかけて富良野で結婚式を挙げる運びとなったそう。

挙式のプロデュースは倉本さんが担当し、チャペルは富良野塾の塾生による手作り。

ろうそくが灯る幻想的な雪景色のなか、純白のドレスをまとった内田有紀さんは輝くばかりの美しさでした。

田中邦衛さんら50人ほどが出席したささやかな結婚式だったといわれていますが、倉本聰さんはうれしかったことでしょう。

誰もがお似合いのカップルと祝福した吉岡秀隆さんと内田有紀さんでしたが、わずか3年で破局を迎えてしまいます。


吉岡秀隆、再婚は?現在と所属事務所。田中邦衛との絆、髪型に賛否

吉岡秀隆の家族と両親。子供、兄弟について。中嶋朋子との共演と絆

吉岡秀隆がモテる理由&かっこいい?演技力の高い元天才子役。渥美清への思い

内田有紀の結婚。再婚の噂。子供、妊娠は?元夫・吉岡秀隆との離婚理由とは

コメント