落合福嗣、嫁との結婚に親が大賛成なぜ。息子の苦悩。有吉がうまいと絶賛の仕事

元中日ドラゴンズ監督・落合博満さんの長男としても有名な、声優の落合 福嗣(おちあい ふくし)さん。

2010年に一般女性との結婚を発表した際には、あまりにも交際期間が短いスピード婚だったことや、その意外な馴れ初めに注目が集まりました。

今回は、そんな彼の結婚にまつわるエピソードについて調査しました。

また、子供時代には、父親が有名だったからこその苦悩が絶えなかったといいます。

他にも、彼の仕事がとある有名芸能人の目に留まり、「うまい」と大絶賛されたのだとか。

さっそくこれらのエピソードについて迫りましょう。

落合福嗣のプロフィール

生年月日:1987年8月20日

出身地:東京都

身長:185cm

血液型:O型

最終学歴:国士舘大学

落合福嗣が結婚!嫁との出会いはオンライン

2010年、一般女性との結婚を発表した落合さん。

奥様の名前は「花織さん」というそうです。

2人の交際までの馴れ初めは、「Skype」で知り合ったのだそう。

そして、交際わずか4ヶ月で結婚という、スピード婚だったということにも、世間を驚かせました。

最近では、SNSやマッチングアプリを通しての出会いも珍しくありませんが、2010年頃というと、ネットの出会いから結婚というのもそこまで多くなかった印象です。

2人には強い縁があり、惹かれあったのでしょう。

さらに花織さんは大変人柄もよく、落合さんのご両親も、スピード婚ではありますが大賛成だったといいます。

花織さんが野球に疎く、落合さんのお父さんの功績も知らなかったことが、「監督の息子ではなく、うちの息子に人間として興味を持ってくれている」と感じたのだとか。

そして2014年1月には長女、2016年6月には次女、2019年9月には長男が誕生し、現在は3人のパパとなりました。

つまり、お子さん達は2021年で7歳、5歳、2歳を迎えるということですね。

一家の大黒柱として、これからますます仕事に精が入りますね。

天才の息子であることの苦労

落合さんは、三冠王として野球界に名を馳せた「落合博満」さんの息子です。

しかし、父親が有名だからこそ、息子である落合さんは様々な苦労を経験してきたのだとか。

たとえば、父博満さんが試合で打った、打てなかったでイジメられることがあったそう。

中学生の時には、先輩から膝を金属バッドで叩かれたこともあるというのですから、驚きです。

大学時代も野球部に入部したそうなのですが、イジメなどがあり、途中で退部してしまったのだとか。


有名人の息子だからこその苦労は絶えなかったようですね。

しかし、そんな落合さんの幼少期は「悪童」との評判があり、”三冠王の息子”というステータスを利用して、やんちゃしていたようです。

例えば、博満さんの取材に着ていた記者にプロレス技やキックをかましたり、女子アナウンサーのスカートの中に滑り込んだり、胸を揉むこともあったのだとか。

後に、カメラマンに蹴りをかましていたのは、「子供ながらに”お父さんを返して”という気持ちがあって反抗的に振る舞っていたのだと思います」と、当時の心境を明かしています。

「この大人達を撃退しなければ、お父さんと過ごせない」という、可愛らしい気持ちの表れだったのですね。

思わずほっこりしてしまうエピソードでした。

有吉も「うまい」と絶賛した仕事

大きなメインキャラクターの役こそ、現時点ではあまり恵まれていない落合さんですが、彼のとある仕事を「うまい」と絶賛する有名人が。

その絶賛してくれた人物というのが、お笑い芸人の有吉弘行さんです。

有吉さんが絶賛してくれたというのが、落合さんがナレーターとして出演しているテレビ「サンデー・ジャポン」のお仕事です。

番組内のデーブスペクターさんのコーナー「ワールドワイドニュース」のナレーション聞いて「アレ上手いね」と称讃したそう。

「まさかこんなふうに活躍してると思わなかった」「上手に、キレイないい声だよね」と太鼓判を押しています。

あの有吉さんから太鼓判を押されるだなんて、もしかすると、今後彼の番組に落合さんがナレーションで参加する日も近いかもしれませんね。


落合福嗣、子供時代の伝説。国士舘大学・野球部退部からの転機。専門学校に入った理由とは

落合博満の息子(落合福嗣)が結婚。孫の誕生、家族にプロレスラー?家を複数所有の噂

落合博満の伝説。筋肉の秘密、天才ぶりや野球勘の凄さ。オレ流トレーニング理論とは

コメント