本上まなみのファッション。髪型はショートボブ。化粧品とスキンケア方法まとめ

2021年に46歳となった女優の本上まなみ(ほんじょう まなみ)さん。

相変わらずかわいらしさと美しさを兼ね備えており、もうじき50歳を迎えるとは思えないですね。

今回は本上さんの魅力的なファッションについて見ていきましょう。

さらに彼女のような髪型に憧れる人向けに、ショート美人になるためのポイントをまとめます。

併せて彼女が愛用する化粧品とスキンケア方法もご紹介します。

本上まなみのプロフィール

愛称:ほんじょ

本名:沢田まなみ

生年月日:1975年5月1日

身長:168cm

出身地:大阪府茨木市

最終学歴:池坊短期大学

所属事務所:アクラ

本上まなみは多様なファッションが似合う女優

本上さんは清楚系の美人女優のため、似合うファッションのふり幅が広いといえますね。

黒やグレーなどモノトーンの洋服から、きらびやかで露出度の高いドレスまで見事に着こなしてきました。

ノースリーブの際は細く美しい腕が存在感を放っており、とてもアラフィフ女性とは思えません。

色白で美肌の持ち主だからこそ、地味な服は調和し、派手な服はよく映えるのでしょう。

ただしプラダやシャネルなど、有名ブランドをまとっているイメージはあまりありませんね。

カジュアルながら洗練されたファッションこそ、本上さんの魅力を際立たせるのかもしれません。

本上まなみの髪型は前下がりショートボブ

本上さんの髪型といえば、軽やかなショートのイメージがありますね。

ただショートといっても、彼女の髪型をよくチェックしてみると、バリエーション豊かであることがわかります。

前髪をセンターで分けた「ストレート」は、いかにも清楚な本上さんらしいヘアスタイルですね。

軽やかでスマートな印象が強まります。

一方前髪を作り、サイドをすっきりさせると、ボーイッシュな印象に仕上がります。

また毛先をはねさせることで、女性らしく柔らかい雰囲気の演出に成功しているときもありました。

本上さんのショートに憧れる人はオーダーの際、「前下がりショートボブ」と伝えるだけで彼女らしさを出せるといいます。

さらに顔周りはレイヤーを入れると、スッキリした印象になり、より本上さんに近づけるでしょう。

小顔に見えるうえ、清楚な大人女性に近づけるショートボブに、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

愛用の化粧品はブライトエイジ。スキンケアのコツは保湿&睡眠

アラフィフで2児の母親でもある本上さんですが、今なお驚異的な美肌をキープしていますよね。

彼女の愛用する化粧品のブランドとスキンケアのコツを見ていきましょう。

愛用しているのは、エイジングケアブランド「ブライトエイジ」です。

2020年7月には売上500万本突破を記念したPR発表会を行いました。

発表会にはアンバサダーを務める本上さんも登壇。

当時45歳でしたが、肌年齢を測定したところ、実年齢より11歳も若い34歳という結果が出ました。

驚きの美肌を持つ彼女は、会場でスキンケア方法を公表。

普段は子供とよく外出するため、紫外線を避けるべく「保湿」と「睡眠」を重視しているとのことでした。

以前サハラ砂漠のロケに参加した際、肌と髪の毛が乾ききってしまったそうです。


それ以来、無理やり乾燥を防ごうとするのではなく、普段からしっかり保湿と睡眠を習慣づけることが大切と悟ったようです。

「やるべきことはすぐに終わらせ、多少仕事が残っていても寝ることが大事」と語っています。

シンプルなスキンケア方法ですが、なかなか実践するのは難しいですよね。

それでも本上さんは、年齢に応じて変わる肌質に合わせて、しっかりケアを行っています。

どんなに忙しいとしても、日々保湿を心がけ、よく眠ることが大切なのでしょう。

リモートワークが増えている今、つい家で夜遅くまで仕事してしまう人も多いかもしれません。

うまく仕事を切り上げ、なるべく休養を第一にすることが、肌にとって理想的といえそうですね。

本上さんの美しさの秘訣は、何よりも「自分の身体を大切にすること」なのかもしれません。

つい肌をごしごしと強く洗ってしまう場合や、忙しいため保湿を怠ってしまう場合もあるでしょう。

少しでも美肌へ近づくためには、生活スタイルの見直しと、仕事の効率化も大切といえます。


本上さんのように身体の状態を優先させると、ストレスが少なくなり、結果的に仕事もスムーズに進むようになるでしょう。

生活スタイルを見直し、仕事と美容の好循環を作れるよう、できることからチャレンジしたいですね。

本上まなみの結婚は略奪婚?子供の学校は立命館?離婚の噂なぜ

本上まなみの自宅。京都在住で茨木市出身。愛車はイタリアの高級車

本上まなみの学歴。高校時代と大学、事務所について。趣味は登山の理由とは

コメント