本上まなみ結婚は略奪婚?子供は2人。離婚の噂なぜ

本上まなみ(ほんじょう まなみ)さんは雑誌編集者と結婚しましたが、実は略奪婚だったという噂があります。

しかも現在ではふたりが離婚したのでは?と噂になっていたので、様々な噂や子供などについて見て行きます。

本上まなみ結婚は略奪婚?

本上まなみさんは2002年12月に18歳年上の雑誌編集者・沢田泰彦(さわだやすひこ)さんと結婚しました。

交際に至ったきっかけは沢田泰彦さんが主宰していたメール短歌の会らしく、最初はグループ交流でしたが徐々に距離が近づき付き合うようになったそうです。


ふたりは約2年半の交際期間を経てゴールインしましたが、アイドルと雑誌編集者に加えて年の差婚でも話題になっていました。

沢田康彦さんが本上まなみさんとの結婚直前に離婚していたことから、”不倫による略奪婚”が疑われていました。

ちなみに、沢田泰彦さんの前妻は小説家の蒔岡雪子(まきおかゆきこ)さんで雑誌の仕事が縁となって結婚していたそうです。

本上まなみさんと沢田康彦さんは入籍の前から約2年半交際していますから、別居していたのかは不明ですが形式上は「不倫」状態にありました。

三者の関係を見ると、不倫関係が発展して結婚に至った略奪婚の可能性も否めません。

略奪婚疑惑については当事者の3人ともに触れていないので真相はハッキリしていません。

本上まなみの子供たち

本上まなみさんと沢田泰彦さんの間には2人の子供が誕生しています。

2006年12月に第一子となる女の子を出産し、さらに2013年3月に第二子となる男の子が誕生していました。

気になる子供の名前や顔写真は旦那さんが一般人なので非公開になっていましたが、最近は両親が芸能人でも秘密にする家庭も増えてきましたよね。

一部で長女の名前が「風花」ちゃんと言われていますが、明確な情報源はありませんでした。

その後、子供が自然と接しながら過ごす環境を優先して第二子を出産後に京都へ移住していました。

子供が野山を駆け回り、自然に触れられるような環境で育児をしたいと考えた

長男とは鴨川などで一緒に遊んでいるそうですが、長女は思春期突入なのでママとしても大変な時期になりそうです。

本上まなみに離婚の噂なぜ

本上まなみさんは京都で幸せな家庭生活をしていたはずですが、なぜか離婚や別居していると噂になっていました。

その理由は夫の沢田泰彦さんが生活総合誌「暮らしの手帖」の編集長に就任し、仕事の関係もあり東京で単身赴任生活に入った事からでした。


実は京都へ移住する際に沢田泰彦さんは会社を辞めて忙しい本上まなみさんの代わりに育児をしていたそうです。

沢田泰彦さんは編集長を打診された時に受けるかどうか悩んでいましたが、本上まなみさんが「行くべき!」と背中を押したそうです。

とは言え「暮らしの手帖」は隔月発行なので比較的時間に余裕があり、家族の時間もあるようです。

本上まなみさんは現在もコメンテーターや女優としてだけでなく、ママとしても忙しい日々を過ごしています。

夫婦ともに多忙ですが、うまく時間を都合して末永く円満に過ごしてほしいものです。


本上まなみの自宅。京都在住で茨木市出身。愛車はイタリアの高級車

コメント