磯村みどり、今は小田原。夫と結婚で失声症、父の介護。若い頃の画像が美しい

NHKの専属女優として『花咲く港』などに出演したのち、映画や民放ドラマでも幅広く活躍した磯村みどり(いそむら みどり)さん。

今は小田原で着物コーディネーターを務めているという情報をチェックしましょう。

また夫と結婚の情報、父の介護について確認。

併せて若い頃の画像から、全盛期の美しさを紹介します。

磯村みどりのプロフィール

本名:磯村登美恵

生年月日:1940年2月14日

身長:153cm

出身地:愛知県名古屋市

最終学歴:文化学院中退

所属事務所:オフィスベア

磯村みどりは今、小田原の着物コーディネーター

2017年に磯村さんはトークバラエティ番組「徹子の部屋」へ出演し、近況を語っていました。

番組で話していた内容によると、東京都の自宅を処分し、今は神奈川県小田原市に暮らしているとのこと。


女優業の傍ら染色家としても活動してきたため、着物に対する造詣が深い磯村さん。

現在は小田原銀座通りで着物コーディネーターとして、「磯村みどりの着物遊び処たんす屋」に勤めているそうです。

小田原へ移ったきっかけは、かつて箱根の旅館の企画運営を依頼されたこと。

旅館の話はなくなりましたが、縁あって小田原で着物コーディネーターの職に就いたそうです。

より多くの人に着物を着る機会を作るべく、月に1度の「小田原小町散歩」を企画。

着物を着て小田原を巡る企画で、磯村さん自身も着物をまとい、参加者に同行してきたそうです。

小田原城や芝居小屋もある街に親しみ、新たな仕事を楽しみながら暮らしているとのことでした。

女優の仕事も決して引退したわけではなく、さまざまな仕事を好きなように組み合わせてこなしている様子。

充実した生活をしている磯村さんの様子を見れば、往年のファンたちもきっと安堵するでしょう。

小田原に足を運んで、直接交流したいと考えるファンもいるかもしれませんね。

夫は一般男性。結婚のストレスで失声症に

今でこそ幸せに暮らしている様子の磯村さんですが、かつて結婚が原因のストレスで失声症を患いました。

女優でありながら言葉を話せなくなってしまい、絶望したに違いありません。

夫について情報はないため一般人と思われますが、関係がうまくいかなかったようです。

離婚の情報はありませんが、今の本名が旧姓の磯村ですので、別れている可能性が高いですね。

ストレスで病んでしまう結婚生活を捨てて、しっかり療養して仕事復帰する道を選びました。

療養中に絵の勉強を始めた結果、染色家としての道を究めることに。

「徹子の部屋」へ出演した際も、美しい花びら染めの作品を持参しました。

ピンチをチャンスに変えた結果、今の幸せな生活を手に入れたといえますね。

磯村みどりが介護していた父は102歳で他界

磯村さんは長年、東京の一軒家で父を介護してきました。

「ボランティアと介護という言葉は嫌い。お世話をさせていただくのは、当然のことです」と介護への想いを語っています。

自分と相手を「介護する側」と「介護される側」だと考えてはいけない。

介護は相手を気遣うことで生まれる当然の行為ということですね。

母を亡くしたのち、残された父を1人で介護するのは大変だったことでしょう。

しかし苦労を苦労と思わず「当然のこと」として受け止め、見事にやり切ったのです。

父は2013年に102歳で大往生。

最期の言葉は、微笑みながら口にした「グッド・ナイト」だったそうです。

穏やかで見事な最期に、磯村さんは感慨を覚えたといいます。


「生かされていることに感謝を重ねたい」と語り、残りの人生を充実させようと決意。

一軒家を処分し、小田原での生き生きした新生活を始めたのです。

磯村さんの前向きで見事なシニアライフに賛辞を送りたいですね。

磯村みどりの若い頃画像はアイドル顔負けの美しさ

着物がよく似合う美女である磯村さん。

若い頃もまたチャーミングな魅力を備えた美人でした。

お気に入りのつげ櫛専門店「よのや櫛舗」の店員さんは、「磯村先生はお若い頃、とにかくおきれいで」とコメント。

磯村さんは「そうでしょう」とまんざらでもない様子で、柘榴の櫛を購入しました。


店員さんは「磯村先生にとってAKB48は相手じゃない」と絶賛。

確かに若い頃は、アイドル顔負けの美しさとかわいらしさを併せ持っていました。

ブラシよりも頭皮に優しい櫛を使い、髪の毛1本の美しさにもこだわりながら、年齢を重ねても美貌をキープしてきたのでしょう。

小林千登勢の死因。娘・山本麻利央と夫・山本耕一の現在

長岡輝子の息子と夫、孫について。樹木希林は後輩。若い頃から演劇三昧

コメント