岡崎二朗の息子・岡崎礼の現在。結婚してる?過去には親子で映画共演

名優、岡崎二朗の息子として知られる岡崎礼(おかざきれい)さん。

事件を起こした事で表舞台からは姿を消しましたが現在はどうしているのでしょうか。

結婚しているのかどうかも気になるところ。

何度か親子で映画共演するなど岡崎二朗さんも協力していただけに俳優業の廃業は残念に思えてなりません。

岡崎二朗の息子、岡崎礼の現在

持前の精悍な顔立ちで東映や日活で活躍した岡崎二朗さん。

主人公の弟分を演じる事が多かった事もあり、多くの名優が目をかけた俳優の1人。

映画界の大スター、鶴田浩二さんも「最後の弟子」として大変可愛がっていたそうです。

そんな岡崎二朗さんを見て育てば芸能界に興味を持つのも自然なこと。


後に息子も「岡崎礼」として俳優業を行うようになります。

なお、岡崎礼さんの本名は「倉岡弘行」。

つまり芸名に父親と同じ苗字を使っているんです。

親の七光りを利用しているように思えてなりませんよね。

デビューして以降、数本の映画に出演していますが、活動の中心はVシネマ。

それも脇役での出演ばかりだったようです。

ただ、Vシネマと言えども立派な仕事に違いありません。

全く仕事が無い俳優からすれば恵まれていると言えるでしょう。

ですが、岡崎礼さんにすれば父親のように注目を集める事が出来ない状況に鬱憤がたまっていたのでしょう。

そして2007年9月12日に映像プロダクションのプロデューサーをナイフで刺すという事件を起こしてしまいます。

まるでVシネマのような出来事を現実で起こしてしまった岡崎礼さん。

その後、殺人未遂で逮捕されると懲役2年6か月、執行猶予4年という判決が下されます。

このような事件を起こしてしまったからには表舞台で活動する事は出来ません。

2009年からは劇画作家として活動しているようですが調べてみても作品や手掛けたイラストなどを見つける事は出来ませんでした。

そのため2021年現在も劇画作家として活動しているかは不明。

ただ、どのような仕事に就いているにしても真面目に働いている事を願うばかりです。

岡崎礼は結婚している?

1978年生まれで2021年時点では43歳となる岡崎礼さん。

年齢的には結婚していてもおかしくありませんよね。

ですが調べてみても結婚しているかどうかは分かりませんでした。

そのため俳優として活動していた時期は独身だった事は間違いないでしょう。

もし結婚していればニュースになっているはずですからね。

また、岡崎礼さんが芸能界から離れたとはいえ父親は名優の岡崎二朗さん。


息子が結婚していれば何かしらのコメントをしているはず。

岡崎二朗さんのファンの多くが息子のその後を気にしているでしょうからね。

そのコメントもないという事は2021年時点でも独身の可能性が高そうです。

おそらく過去に起こした事件が私生活にも影を落としているのでしょう。

いくら頭にきたとはいえ人をナイフで刺すなんて普通はしませんよね。

もし交際している女性がいたとしても結婚を躊躇ってしまうのも無理はありません。

過去に親子で映画共演していた

2001年の映画「親分はイエス様」で親子共演している岡崎二朗さんと岡崎礼さん。

その他にも2003年の「劇場版 首領への道」や2004年の「新・日本の首領」でも共演。

ただ、仕方がない事ですが役柄は岡崎二朗さんの方が上。

岡崎礼さんは脇役での出演ばかりとなっています。

もしかすると同じ映画に出演しただけで同じシーンへの出演は殆ど無かったかもしれません。

それでも映画で共演したという事には違いはありませんが。

ひょっとすると所謂「バーター」での出演だったのかもしれません。

あくまでもメインで出演して欲しいのは岡崎二朗さん。

脇役に空きがあるから岡崎礼さんに声がかかったという可能性もありそうです。

ただ、こうした端役で経験を積み人気者となった俳優も少なくありません。


きっと岡崎二朗さんも息子にそのような俳優になって欲しいと思っていたはず。

その期待を大きく裏切ってしまった岡崎礼さん。

「親の顔に泥を塗る」とはまさにこの事ですね。

清水健太郎の結婚歴と離婚歴まとめ。嫁は女優&元嫁(森香名子)が逮捕?息子がいる?

小沢和義は結婚してる?小沢仁志とは兄弟。ラーメンのこだわり&性格が可愛い

コメント

  1. 初めまして。
    訳あって岡崎礼さんの事を調べていたら御社の記事に辿り着きました。岡崎礼さんは現在「岡本いちべい」と名乗りYouTuberになっています。

    本業は役者をやられている様です。

    YouTubeで多くの芸能人やスポーツ選手、政治家の誹謗と受け取れる内容を配信していますが、取材されてみてはいかがでしょう?

    お父様とは連絡を取り合っているみたいです。

執筆・編集者

長い編集経験をもとに、丁寧な調査で読者に伝わりやすい記事を心がけています。