水元秀二郎の交通事故と肝臓ガンの真相。加護亜依と不倫で離婚、哀川翔の子分だった?

哀川翔さんの子分としてVシネマ界を中心に活躍中の水元秀二郎(みずもと ひでじろう)さん。

過去に肝臓ガンを患い、2018年には交通事故に遭ったことがきっかけだと思われる原因不明の病に苦しんでいることを告白しました。

また加護亜依さんと不倫をしたことでも世間を騒がせましたよね。

今回はそんな水元秀二郎さんについて詳しく見ていきたいと思います。

水元秀二郎は交通事故が原因で体調不良に?肝臓ガンは完治してる?


2018年1月、自身が運転する車に横から3tトラックが突っ込み、首から肩甲骨を痛めてしまった水元秀二郎さん。

車はドアに穴が空きボロボロ、同乗していた娘さんも怪我をしてしまったとのことでかなり酷い事故だったようですね。

すぐに病院で治療を受けたのですが、なぜか症状は回復されず悪化の一途を辿っていきます。

交通事故に遭遇し2ヶ月が経過。

当初いてーなと思っていたとこから回復し、全く改善されないのが頭の締めつけ感と頭痛、めまい、首から肩、肩甲骨への筋が激痛。

そして、とうとう顔面の頬から顎にかけて脱毛が起こって来た

病院では、これといった原因がわからないためストレスか自律神経がおかしくなっていると言われたそうです。

そしてこれらの症状により完璧な仕事をすることができないと判断し、芸能活動を休止し病気の療養に努めることになりました。

また水元秀二郎さんは、過去に自身のブログで肝臓ガンであることを公表しています。

いつの日からかC型肝炎を患っていたみたいで、いつに無く調子の悪さを感じ主治医に掛かったところ肝臓に3つの腫瘍が見付かった次第で有ります

10年以上前から肝臓が悪かったそうですが、いよいよ動くこともままならなくなり検査を受けたところガンが発覚したようです。

今回の事故後の症状とガンとの因果関係が問われますが、本人曰くガンは本当に完治しているとのことでした。

ですのでおそらく事故の後遺症によるものと推測されますが、未だはっきりした病名は判明していないそうです。

水元秀二郎は加護亜依と不倫が原因で離婚していた

2009年1月、元モーニング娘。の加護亜依さんとの不倫疑惑が報じられた水元秀二郎さん。

2人は映画『弁天通りの人々』の夫婦役で共演したことで急速に仲を深めていき、交際に発展していったといいます。

週刊誌には焼肉デートや自宅マンションに通う姿が掲載されていましたが、水元秀二郎さん、加護亜依さん共に不倫関係を否定しています。

あることないことを誇張されてる。本当のことはあまりありません

また加護亜依さんは、水元秀二郎さんの母である霊能者の下ヨシ子さんに悩み事を相談をしていたそうなのですが、時間がないときは水元秀二郎さんに面倒を見てもらっていたと発言しています。

両者共に熱愛関係については否定していましたが、どうやら事の真相は違ったようです。

この報道がきっかけで水元秀二郎さんは離婚。

元妻が両者に対し慰謝料を求める調停に発展してしまったのです。

調停では元妻から多くの不倫の証拠が提出されたそうですので2人が不倫関係にあったことは間違いないものとされています。

加護亜依さんが法廷に出廷しなかったことも不倫の事実を裏付けるものとなり、これにより加護亜依さんには約200万円の支払い判決が下りました。

また、水元秀二郎さんには月30万円の養育費の支払いと元妻に自宅を譲り渡すことで和解が成立したそうです。

水元秀二郎の憧れは哀川翔


実は水元秀二郎さんは元々、追っかけをするほどの哀川翔さんの大ファンでした。

芸能界に入ったのも哀川翔さんがきっかけだったと言います。

俺がVシネマの世界に飛び込んだのは、哀川翔さんとの出会いがきっかけだった。

憧れ、運転手も約3年間続け、色々学んだ。

やはりスター☆と一緒にいるのが一番勉強になるよね。

何のコネもツテもなく哀川翔さんに拾われた時は本当に嬉しかった

哀川翔さんに憧れているだけあって、やはりどこか似た雰囲気を持っている水元秀二郎さん。

追っかけから付き人を経て、今や一緒に仕事をしているなんて人生どこで何があるかわかりませんね。

哀川翔さんの弟分としてVシネマ界で活躍していた水元秀二郎さんでしたが、現在は地元の熊本県で事業を営んでおり、俳優業は縮小されているようですね。

とはいえ俳優を辞めたわけではありませんし、SNSを見てみると新しい映画への出演も決まっているようです。

水元秀二郎さんの病気の回復を祈りながら今後の活躍にも注目していきたいですね。


波岡一喜が似てる有名人?早稲田大学出身&韓国人の噂。泣ける父とのエピソード!春菜とキス?

岩永洋昭の嫁はだれ?筋肉&腹筋がすごい!刀剣乱舞の日本号役がかっこいい&剣道経験あり?

コメント