水越けいこの現在。結婚した夫が家出。息子のダウン症と離婚について

歌手に女優、講演に執筆と現在もマルチに活躍する水越けいこ(みずこしけいこ)さん。

ミュージシャンと結婚するも逃げるように離婚されてしまったそうです。

この離婚劇は息子の病気が少なからず影響しているのかもしれません。

水越けいこは現在、多彩な活躍をしていた

1974年に「スター誕生」の決勝大会に進んだ事がきっかけで芸能界入りした水越けいこさん。

デュオユニット「姫だるま」や田中星児さんとのデュエットを経て1978年にソロデビュー。

爆発的なヒット曲はありませんが心に響く歌が多数。

そのため熱烈なファンが多く、コンサートは常に満員。


タイアップ曲や有名アーティストに楽曲がカバーされる事も少なくありません。

きっと水越けいこさんの曲と知らずに耳にしている人も多い事でしょう。

そんな水越けいこさんは1986年に結婚。

6年後の1992年に出産した事で芸能活動をセーブするようになりました。

ですが、1996年に離婚した事でシングルマザーに。

当初は芸能界に戻るつもりはなく普通の仕事に就こうと就職活動をしていたそうです。

その後、営業の仕事が決まるも「自分らしく生きる」ため芸能活動の再開を決意。

そして2021年現在も芸能活動を行っています。

ただ、ここ数年はシングルやアルバムはリリースしていません。

その代わりライブ活動は精力的に行っています。

また、2020年には映画「ラストレター」に出演するなど女優としても活躍。

その他にも講演活動や執筆活動など幅広く活動されているようです。

水越けいこが結婚した夫とは

1986年に結婚した水越けいこさん。

気になるお相手はバックバンドのメンバー。

バックバンドという事でツアーなどで一緒にいる機会が多かったのでしょう。

そして自然と交際に発展していったのだと思われます。

ですが、いくら調べてみてもこれ以上の情報は見つからず。

今も音楽活動をしているのかも分かりませんでした。

ただ、詳細は後述しますが離婚時に夫が起こした行動を考えると音楽活動をしているとは思えません。

むしろ音楽活動をしていたら「厚顔無恥」と思わずにはいられません。

水越けいこの息子はダウン症だった

1992年に長男の麗良さんを出産した水越けいこさん。

出産当時、35歳という年齢が少なからず関係したのか麗良さんはダウン症と診断されています。

まだ出生前診断など無かった時代。

そのため生まれるまでダウン症かどうか分かりませんでした。

水越けいこさんも息子がダウン症と診断されたのは出生後。

告げられた直後は心の整理がつかず、我が子に触る事も出来なかったそうです。

その翌日、看護師に促されて抱っこすると急激に母性に目覚め「我が子を絶対に守る」固く決意したんだとか。

ただ、息子はダウン症に加えて生まれながらのミルクアレルギー。

母乳も受け付けなかったため、栄養剤を与えられていたそうです。

そのため体重を500g増やすのに半年もの年月が。

また、退院後も風邪をひきやすく高熱を出す事も少なくなかったんだとか。

子育てが人一倍、大変だった事は容易に想像できますよね。

そんな息子ですが少しずつ体質が強くなりアレルギーを克服。


友人に恵まれた事で小学校は普通学級にも通えたそうです。

ですが、中学と高校は特別支援学校に通学。

その後は一般就労を目指して職業訓練を受けたり、期間限定ながら仕事をする事も。

ただ、正規雇用で仕事に就く事は難しく、焦りを感じてしまう事もあるようです。

それでも明るく思いやりがある青年に育った息子。

今では息子がダウン症である事を残念に感じる事はなくなったそうです。

水越けいこは逃げるように離婚されていた

1986年に結婚するも1996年に離婚している水越けいこさん。

本人は否定していますが、息子が離婚の要因の1つだった事は間違いないでしょう。

実際、2人でダウン症の息子と向き合うと決めるも言い争いが絶えなくなってしまったそうです。

そしてある日、夫が置手紙を残して家から出て行ってしまったんだとか。

その後、夫が家に帰る事はなく離婚しています。

きっと夫は夫で日々、苦悩していたのかもしれません。

とはいえ妻子を捨てた酷い夫である事には変わりありません。

恐らく水越けいこさんを捨てて家を出て言った事は業界関係者の耳にも入ったはず。


そんな男性がその後もミュージシャンとして活動出来るはずがありませんよね。

本当に辛い時に傍にいて寄り添ってくれなかった夫。

きっと遅かれ早かれ離婚していたことでしょう。

丸山圭子の現在は教授&学歴がすごい。父と死別、離婚の原因とは。病気で教育の道へ

庄野真代は現在、結婚せず独身。旦那と離婚した理由、子供は2人の娘

コメント

執筆・編集者

長い編集経験をもとに、丁寧な調査で読者に伝わりやすい記事を心がけています。