松苗あけみは現在も活躍。美しい本人写真&猫好き。出身高校と杉並の実家

『純情クレイジーフルーツ』や『原色恋愛図鑑』を手掛けた、コミカルな作風の少女漫画家・松苗あけみ(まつなえ あけみ)さん。

ドラマ化された作品も多いベテラン漫画家ですが、最近はあまり名前を見かけない印象があるかもしれません。

2022年現在も活動を続けているのか確認しましょう。

また本人写真に映った若い頃の姿が、SNS上で「美人」と話題になっているようですのでチェック。

併せて猫が好きというエピソード、出身高校の情報、実家の表具店についても見ていきます。

松苗あけみのプロフィール

本名:難波明美

生年月日:1956年11月18日

身長:不明

出身地:東京都杉並区西荻窪

最終学歴:東京立正女子高等学校(現在の東京立正高等学校)

松苗あけみは現在、ぶんか社で活動

松苗さんは2022年現在、66歳を迎えました。

サラリーマンであれば定年退職をする人も多い年代ですね。

一方、定年がない漫画家である松苗さんは、今も変わらず活動を継続しています。

近年は雑誌や書籍の出版事業を行う「ぶんか社」から、作品を出版してきました。

『グリム艶童話~恋を欲しがるお姫様たち~』『ベルサイユ狂想曲~エマは♥♥がお好き~』など、ぶんか社から出した作品は多数あります。

また4コマ漫画雑誌「本当にあった笑える話」では、2018年から2020年まで『松苗あけみの少女まんが道』を連載。

80年代に複数の連載を抱えていた頃よりはスローペースですが、今なお作品を生み出し続けていましたね。

松苗あけみの本人写真が美人と話題

松苗さんはメディア出演をする際、自身の顔を隠しています。

しかし若い頃の写真が書籍に載っていたため、かつての顔を知っているファンは多いようです。

SNS上では、松苗さんが若い頃の本人写真を所有している人が、彼女を「美しい」と評しています。

確かに若い頃の松苗さんは、清楚な印象がある面長タイプの美人でした。

ご自身はシャイな性格なのか、顔出しを控えているようですが、今では洗練された美しいマダムとなっているのでしょうね。

松苗あけみは漫画業界きっての猫好き

松苗さんは漫画業界きっての猫好きとして知られています。

最も多いときで15匹もの猫を飼っていたそうです。

猫好きにとって、多くのかわいい猫に囲まれた生活は幸せに違いありません。

しかしもちろん、猫の数が多い分、死別を経験する回数も多くなります。

松苗さんは亡くなった猫への愛情を込めて、単行本『あと何回ペットロスになればいいですか?』を出版しました。

飼い猫の出産時に感じた喜び、高級な家具を駄目にされてしまったときの落胆など、悲喜こもごもをつづったコミックエッセイです。

恵まれない猫を拾ったり、猫を亡くした悲しみを埋めるために新たな猫を飼ったりと、松苗さんは常に猫と暮らしてきたといいます。

さすがに飼い猫15匹はかなり大所帯ですが、猫好きであれば誰もが共感できる作品に違いありませんね。

松苗あけみの出身高校は東京立正女子高校

松苗さんは東京立正女子高校の出身です。

中高一貫の学校で、2002年からは共学化し、東京立正高校となりました。


日蓮宗の仏教系高校ですが、生徒の大半は宗教関係者ではなく、一般的な家庭で育った子供たちです。

偏差値は50程度のため、中堅私立校と言えるレベルの学校ですね。

早稲田大学や上智大学など難関大学の合格実績があるため、真面目に勉強をして、偏差値をアップさせた生徒も多いようです。

松苗さんの場合は漫画研究部に所属していました。

受験勉強はせずに、漫画家修業に情熱を注いでいたのでしょうね。

松苗あけみの実家は表具店

松苗さんの実家は東京都杉並区西荻南にあった「松苗表具店」でした。

すでに閉店していますが、繁盛していた当時は襖や障子、掛け軸などの商品を扱っており、白い紙が大量にあったそうです。

松苗さんは幼少期から、余った紙に絵を描いて、画力を上げていたのでしょう。

襖絵の見本絵ももらえたため、模写して絵の練習をしていたに違いありません。

松苗さんは長年、実家の近くに暮らしていたようで、西荻南の居酒屋「風神亭」で編集者と打ち合わせすることもしばしばでした。

西荻南は居酒屋はもちろん、カフェやケーキ屋、雑貨店、古本屋などがひしめく魅力的なスポットです。


散策に最適な楽しい街のため、松苗さんは作品の構想を練りながら、地元を散策することも多いのではないでしょうか。

漫画家として大成してもなお離れたくないほど、魅力的な地元に愛着を感じているのでしょうね。

岡田あーみんは現在、奈良の漬物屋?引退理由とは。2ch降臨の噂とその後

一条ゆかりの結婚と離婚。飼い犬と実家について。緑内障、病気との闘い

さくらももこの家族、父と母と姉。実家は八百屋。幼少期はまる子と真逆

コメント