入川保則の息子はホーンユキとの子供。家族と若い頃。死去理由はがん

名脇役として、数多くのドラマやテレビに出演した入川保則(いりかわやすのり)さん。

息子がいて、元アイドルのホーンユキさんとの間に生まれたそうです。

ここでは入川保則さんの家族関連や若い頃、また2011年に死去した理由が「がん」だったことについて見ていきましょう。

入川保則のプロフィール

本名:鈴木安則(すずきやすのり)

生年月日:1939年(昭14和年)11月10日

死亡年月日:2011年(平成23年)12月24日

身長:171cm

出身地:兵庫県神戸市

最終学歴:関西学院大学中退

入川保則の息子は3人でホーンユキとの間に生まれた

入川保則さんは11歳年下のホーンユキさんと、39歳の時に結婚しました。

息子が3人いるとのことですが、一般人のようで情報がありません。

ホーンユキさんは1970年にアイドルグループ「ザ・シュークリーム」のメンバーとしてデビュー。

しかしグループとしては売れず、3年で解散。

その後ホーンユキさんは、女優として「傷だらけの天使」に出演するなど成功しました。

しかし、ドラマ「愛の珍客」で入川保則さんと出会ったことが人生を大きく変えました。

女優としては成功していましたが、ホーンユキさんは芸能界に嫌気が差していました。

その時に入川保則さんが優しく話を聞いてくれて、元気づけてくれたのです。

そこでつい「お嫁さんにして」と軽く言ってしまったそうですが、入川さんには妻子がいました。

そして2人は一緒に暮らし始めることに。


4ヶ月後に入川保則さんは前妻と離婚しました。

世間はそんな2人を厳しく批判しましたが、前妻とホーンユキさんの関係は良好だったのです。

入川保則さんを含めて前妻も一緒に、フジテレビ系「オールスター家族対抗歌合戦」にも出演したほど。

さて、ホーンユキさんは結婚を機に芸能界の仕事を減らしたそうです。

次男を産んですぐの時代劇ドラマの出演後は、専業主婦に。

3人息子を生み、幸せに暮らしているかに見えました。

しかし、イメージダウンで仕事が激減した入川保則さん。

家庭で、ホーンユキさんに手を挙げることが増えてしまったといいます。

さらには異常なほどの束縛まで始まり、夫婦ともに精神状態はボロボロに。

ある日ベランダを掃除中に、意識がなくなり3階から落ちてしまったホーンユキさん。

このままではもうダメだと思い、離婚に至りました。

離婚してからホーンユキさんは、工事現場のガードマンの仕事に就いたそうです。

肉体的にハードな仕事をこなして、3人の息子を育て上げたのだそう。

2016年前後にガードマンの仕事を辞めて、スクリーンライブ活動をしています。

入川保則の家族について

入川保健則さんは、結婚を3回しています。

先ほど3番目の妻だったホーンユキさんと育んだ家族について見ましたので、ここでは残り2回の結婚について見てみましょう。

また3度の結婚の後、独り身になった入川保則さんの生活についてもお伝えします。

入川保則の最初の妻

入川保則さんの最初の妻について、詳しいことはわかっていません。

すでにその妻は亡くなっているようです。

さて、脇役のトップだった入川保則さんは収入がかなりありました。

それを自分のためだけに使ったのではありませんでした。

離婚の際は、きちんと慰謝料を渡したということです。

入川保則の2番目の妻

入川保則さんは2番目の妻と結婚して、娘を2人もうけました。

その娘はどちらも、国際結婚をしたそうです。

相手はそれぞれスペイン人とエクアドル人なのだとか。

この元妻と離婚したときも慰謝料をきちんと支払いました。


入川保則さんは元妻に、鎌倉の家と土地を譲渡してあげたそうです。

もちろん娘が成人するまで、毎月30万円の養育費もきちんと払っていました。

さらには元妻が作った借金までも、入川保則さんが払ってあげていたのだとか。

なかなか義理堅い性格の人だったことがわかりますね。

入川保則の離婚後

3度の結婚を経て、独り身になった入川保則さん。

住んでいたのは、神奈川県内の築48年で家賃が月33,000円のアパート。

特に寂しいと感じることもなく、一人暮らしを満喫していたそうです。

仕事がない時は、DVD鑑賞や読書をして楽しんでいました。

また掃除が大好きだったそうで、6畳と4畳半のキッチンがある1DKの部屋をいつも綺麗にしていたとのこと。

部屋には生花も飾っていたようです。

入川保則さんは結婚が失敗に終わり、家族がいない状態になったことについて次のように語っています。

「元妻たちのことを考えず、自分について来させようとした結果失敗した。

もし次があるのなら、相手に寄り添うのにな。」

しかし結局それ以降、再婚はしませんでした。

入川保則の若い頃

入川保則さんは17歳で俳優の道を歩み始めました。

幼い頃から映画が大好きだったそうで、セミプロの劇団に入ったのです。

「佐々木小次郎」、「水戸黄門」や「部長刑事」など時代劇やドラマに多数出演。

名脇役としての地位を確実なものにした俳優でした。

若い頃は、豪快に酒を飲みまくったそうです。

小林旭(こばやしあきら)さんと、ブランデーのロックを飲み合いしたこともあったといいます。

午後5時から酒を飲み始め、飲み終わったのが翌朝の7時半までかかったとか。

2人で合計7本半もボトルを空けてしまったそうです。

若いからこそできた飲み方ですね。

若い頃の入川保則さんは、カッコいい脇役として人気がありました。

悪役を演じても非常に上手で、どことなく不気味な怖さも兼ね備えていたとか。

入川保則の死去理由はがんで最後まで生き抜いた


2010年に仕事で沖縄に行っていた時のこと。

脱腸で病院に行ったところ直腸にがんがあり、あちこちに転移していたそうです。

とりあえず直腸がんだけ切除して舞台に復帰しました。

しかし2011年の初めに、余命いくばくもないと宣告された入川保則さん。

延命治療は一切断って、残りの人生を生きると決意しました。

その時の気持ちを著書「その時は、笑ってさよなら」に綴っています。

入川保則さんは2011年の秋までもたないだろうと思って、冬物の衣類を処分してしまったとか。

しかし11月の誕生日も無事迎えることができ、慌てて服を買いに行くことに。

どうやら入川保則さんは免疫力が高かったようです。

だから、予測よりもがんの進行が遅かったといいます。

自分の最後の出演と決めて臨んだ仕事は人生初めての主演映画。

その映画「ビターコーヒーライフ」の撮影も終わり、公開は2012年5月に決まりました。

入川保則さんは、公開日まではさすがに命がもたないと覚悟をしていたそうです。

ひょっとしたら年越しできるのではとも言われていましたが、不運が襲います。

12月8日に転倒して、大腿骨を骨折。

それから病状がどんどん悪くなってしまいました。

12月22日に長男の正則さんに「ありがとう」と言ったのが最後の言葉に。


12月24日に静かに息を引き取りました。

生前にすでに葬儀の手配も済ませており、葬儀用のお経も挨拶も録音していたという入川保則さん。

さらには死後に出版したいと、「自主葬のすすめ」という本まで書き終えていたといいます。

望月真理子の病気、死因は脳腫瘍。火野正平との関係。結婚や子供について

篠田正浩(監督)と結婚した妻は岩下志麻&子供が慶応!篠田桃紅との関係は?現在まとめ

コメント