市川海老蔵の子育ては?子供を幼児教室に通わせるイクメンっぷり!?

ichikawaebizoh_kao03_150811_a

市川海老蔵さんといえば歌舞伎役者として、俳優として活躍されていますがまだ2歳の長男に既に幼児教室に通わせているそうです。

2012年に第二子を妊娠した際は病院にも一緒に行っていたそうですね。

今回は市川海老蔵さんの子育て、「イクメン」について調べてみました。

長男に大金をかけ早すぎる幼児教室?

市川海老蔵さんは元フジテレビアナウンサーの小林麻央さんと2010年3月に結婚をし2011年には長女・麗禾(れいか)ちゃん、2013年には長男・勧玄(かんげん)君が誕生していますね。


歌舞伎の一家なのでお子様も歌舞伎の世界に引き込むのかと思いきや、「子供のやりたいことをやらせてあげたい」と語っていたようです。

ですが環境のせいなのかは分かりませんが長男は「歌舞伎がやりたい」と言っているようですね。

その為かまだ幼い長男に既に幼児教育を始めていると言われています。

2015年現在2歳の勧玄君ですが既に幼児教室に通っているのだとか。

その幼児教室ですが自宅から車で15分程の所にある「受験」に特化した超セレブ託児所だと言われているようです。

ネットでは年間200万円もかかると言われており、この高級託児所になんと1歳の頃から通わせているようです。

お子様に対する情熱が並みではないのは確かのようですね。

長女の麗禾ちゃんはあの超名門の青山学院幼稚園に合格したそうで、ますます長男の受験に力が入っているのかもしれません。

公表はされておりませんが、勧玄君を麗禾ちゃんと同じ「青山学院幼稚園」に入園させたいのでは?とネットでは言われているようです。

海老蔵さん自身も青山学院高等部に通っていたそうなのですが、残念ながら留年をしてしまい堀越高校に編入したという経歴があるようで、自分の子供にはちゃんと卒業してもらいたいから教育に力を入れているのではないか?と噂されているようです。

麗禾ちゃんはこの超高級セレブ託児所には通っていないそうで、青山学院幼稚園に合格するなんてとても凄いことですよね。

麗禾ちゃんの合格の影響もあってなのか、なんとしても勧玄君を同じ幼稚園に合格させたいのでしょう。

関連記事:市川海老蔵の長女・麗禾(れいか)がテレビ出演!名門幼稚園に合格するもダウン症の噂が!?

第二子妊娠の時は病院に連れ添う程のイクメンに!!

海老蔵さんの仕事関係者によると公園の合間や稽古中など時間のある時には妻である小林麻央さんの手伝いで家事をしたり、ベビーカーを押して公園にお散歩に行ったりを家族サービスをかなり行っているとのことでした。

ただでさえ、仕事でとても忙しいのにさすが「イクメン」という所でしょうか?

かなりの溺愛ぶりだということでも有名のようです。

2013年に小林麻央さんが第二子を妊娠した際ですが、診察の為の産婦人科の病院に仲良く連れ添って歩いていたそうです。

生まれる前から育児に協力的だったようですね。


病院だけではなく、託児所のお迎えなども時間がある時は行っているようですよ。

お子様二人を連れてディズニーランドに行ったことなどをブログに公開していたり、とても素敵な「パパ」のようですね。

⇒市川海老蔵ブログ「ディズニーランド」より

関連記事:北川景子のブログは文章が素敵!市川海老蔵や浦田直也も応援しています!!

コメント