佐野晶哉の兄情報まとめ。劇団四季に所属していた?佐野幹仁のミス芸大&兄弟エピソードとは

関西ジャニーズJr.の人気ユニット「Aぇ!group」に所属し、最近ではドラマに出演する機会も増えてきている佐野晶哉(さの まさや)さん。

今回はそんな佐野さんの兄に関する噂や情報をまとめます。

兄と劇団四季にまつわる情報やミス芸大の噂、さらに佐野兄弟のエピソードなども詳しく検証していきます。

佐野晶哉のプロフィール

愛称:晶哉、佐野、まぁー

本名:佐野晶哉

生年月日:2002年3月13日

身長:179.3cm

血液型:B型

入所日:2016年8月2日

メンバーカラー:緑

最終学歴:大阪音楽大学短期大学部卒

佐野晶哉の兄とは

Aぇ!groupのメンバーである佐野さんは、2022年で20歳を迎えた若さと勢いのあるアイドルです。

冒頭でも触れたように最近はドラマや映画にも出演し、その独特な存在感やダイヤの原石ぶりを放っています。

さてそんな佐野さんには、1996年生まれの兄・佐野幹仁さんがいることが判明しています。


2002年生まれの佐野さんとは6歳という年齢差です。

この6歳上の兄というのが、実はとある世界ではとても有名であり、さらにはなかなかな経歴の持ち主であるということです。

一体どのような経歴をお持ちなのでしょう、次項で詳しく掘り下げていきます。

兄は劇団四季に所属していた?

まずは佐野さんの兄について調べてい来ると、「劇団四季」や「ミュージカル」というワードがかなりの頻度で出てきます。

これはなぜかというと、佐野さんの兄が幼少の頃にミュージカルスクールに通っていたことに起因します。

そしてあの劇団四季に所属し、劇団四季の代名詞でもある「ライオンキング」でシンバ役を務めたということです。

しかし実際にライオンキングでシンバ役を務めたのは、弟である佐野さんの方です。

兄はミュージカルスクールに通っていたものの、劇団四季に所属していたという情報はありません。

それよりも何よりも、兄はとても有名な演奏家であることがわかりました。

兄・佐野幹仁はプロのパーカッショニスト

劇団四季に所属していたのは兄ではありませんでしたが、実は兄・佐野幹仁さんはプロのパーカッショニストであり音楽ユニットも結成されています。

「MIKISARA」として活動

兄・佐野幹仁さんはピアニストの女性と二人で「MIKISARA」という音楽ユニットを結成し、東京を中心にライブ活動をされています。

東京藝術大学出身で、ミス藝大・ミスター藝大の両方で優勝

さらに兄・佐野幹仁さんの経歴を調べてみると、東京藝術大学に進学し打楽器奏者としての基礎やスキルを学んでいたことがわかりました。


2017年には東京藝術大学の学園祭において、「ミス藝大」と「ミスター藝大」の両方で優勝するという珍しい経験もされていたようです。

それだけ兄・佐野幹仁さんも、弟同様に恵まれたビジュアルを持っているという証でもあります。

佐野兄弟のエピソードまとめ

兄が東京藝術大学出身者のプロ演奏家ということも驚きですが、実は佐野さん自身も短大ながらも大阪音楽大学に進学経験があります。

兄弟揃っての音大出身者ということになりますが、そもそも佐野兄弟は6歳という年齢差ながらも実はかなりプロフィールが似ています。

佐野兄弟の共通プロフィール

・音楽にちなんだ進学先
・ミュージカルスクール経験
・楽器が演奏できる
・イケメン

なおミュージカルスクールは、先に兄・幹仁さんが通っていたそうですが、それを見た弟・晶哉さんも後を追う形で通われたそうです。

ちなみに養成スクールは横浜にあり、兵庫県西宮市出身の佐野兄弟が通うのは相当な労力とお金がかかります。

特に金銭面が大変ですが、自宅に「楽器部屋」なる楽器演奏専用の部屋があったことから、実家はかなりのお金持ちであることが推測されます。

小学校卒業のタイミングでミュージカルスクールは辞めてしまった佐野さんですが、その二年後の中学二年生時にジャニーズ入りをしています。

兄もその頃には東京藝術大学に進学しており、将来を見据えたそれぞれの道にそれぞれが歩み始めたという形です。


Aぇ! groupでは一番の「歌うま」と評される佐野さんですが、その裏には長年にかけて培われた基礎がしっかりと生きていることがわかりました。

もしかしたら今後兄弟共演もあるかもしれません。

今後の活躍に期待が高まります。

関連記事
佐野晶哉は金持ちだった?父親や母親について。実家、家族、地元に関する詳細まとめ

福本大晴は関ジュで一番頭いい!大阪市立大学卒業&鳳高校の偏差値情報まとめ

コメント