三橋貴明の本名・学歴・経歴まとめ!結婚した嫁に暴行で逮捕!離婚歴と過去は?近況は著書を量産!

2ちゃんねる出身の経済評論家として話題になった三橋貴明(みつはしたかあき)さん。
本名や学歴、結婚歴、近況、妻について調べてみました。

三橋貴明が妻への暴行で逮捕

2018年1月6日、三橋さんは妻への暴行容疑で逮捕されました。


逮捕直後では容疑を否認しているようです。

自宅で10代の妻を転倒させて腕にかみついたり、顔を平手で殴ったりして約1週間のけがを負わせたというもの。口論が発端になったといい、妻が110番通報して発覚した。

妻は作家の「さかき漣」さんというのが、今まで公表されていた情報なのでした。

しかし今回の逮捕事件で10代の妻ということが判明しました。

プライベートの様子を語ることが殆どない三橋貴明さんなので、さかきさんとの離婚&再婚の情報が認知されていなかったのです。

それにしても2018年現在48歳の三橋さんが30歳も違う10代の奥さんと結婚していたのは驚きです。

三橋貴明は結婚相手は誰?過去2回も離婚した?

どうやら三橋貴明さんにはさかきさんも含めて2回の離婚歴があるようです。
三橋貴明さんは2010年に自民党から公認をもらい参議院選挙に出馬をしているのですが、このときには妻子がいました。

ですが選挙活動中に三橋貴明さんの秘書を勤めていた女性と浮気をしていたことを暴露されてしまいます。
このことがきっかけで妻とは離婚、お子さんは奥さんについて行ったようです。
三橋貴明さんが浮気をして家庭を壊したのだからお子さんが奥さんについて行くのは当然ですね。

その後、三橋貴明さんは作家の「さかき漣」さんと結婚をされています。
2012年に三橋貴明さんとさかき漣さんは共著で本を出版されています。
このことが縁で結婚をされたのかもしれません。

しかし、2018年の妻暴行事件では、妻の年齢が10代と報道されています。
さかき漣さんは10代ではないので、すでに離婚していて、10代の女性と再婚していたということになります。

三橋さんは基本的にプライベートを公表しないので、10代の嫁がいたこともこの事件で知れ渡りました。

その嫁に関しては誰なのか気になりますが、有名人ではなく一般人のようです。

三橋貴明の本名・学歴

分かりやすい説明と時には過激な発言で知られる三橋貴明さん。
「三橋貴明」という名前はいかにも本名っぽいですが実は本名ではありません。

三橋貴明さんの本名は「中村貴司」といいます。
「三橋貴明」という名前はデビュー作である「本当はヤバイ!韓国経済」を出版する際に出版会社の社長がつけて下さった名前だそうです。
三橋貴明さんは特に本名を隠しているわけではなく、勤務先では普通に本名で仕事をしているようです。

経済評論家として活躍する三橋貴明さん。
評論家ということはきっと頭が良いはず、と思い学歴を調べてみるとやはりその通り。

三橋貴明さんは千葉県立船橋東高等学校を卒業後に東京都立大学(現:首都大学東京)の経済学部を卒業されています。
やはり三橋貴明さんは良い大学の経済学部出身なんですね。

ちなみに船橋東高等学校は千葉県では有数の進学校で偏差値は67もあります。
三橋貴明さんは学生の頃から優秀だったことが本当に良く分かります。

なお、三橋貴明さんは大学卒業後、外資系のIT企業やNEC、日本IBMなど一流企業に勤務。
その後、独立し株式会社を設立しています。

三橋貴明の近況が事件、逮捕で一変

2007年にデビュー作を出版されて以降、年に数冊のペースで本を出版されている三橋貴明さん。
本を1冊出すだけでもかなりの労力が必要になるにも関わらず、多いときには一月で数冊の著書を出版することも。

経世論研究所の所長という立場にもある三橋貴明さん。

経世論研究所は中小企業を対象とした経営診断業務や経営顧問業務を行っている会社のようです。
そのほか文化人の執筆や講演、マネジメントも行っているようですが、この「文化人」は三橋貴明さんのことでしょう。

三橋貴明さんは三橋経済塾という私塾の塾長まで勤めています。
三橋経済塾とは「経済に関する理解を深めることで日本の経済界を引っ張っていくことが出来るビジネスパーソンを育てる場」とのこと。


これらの活動に加え不定期ながらテレビ出演もこなす三橋貴明さん。
きっと「日本をもっと良くしたい」という思いで寝る間も惜しんで活動をされていたのですが。。

妻への暴行事件での逮捕によって人生は一変してしまいましたね。

評論家という職業は信頼が何よりですので、暴行で逮捕された過去は今後の活動にも足かせとなってしまうでしょう。

◆関連記事
三橋貴明の病気、事件・事故の真相は?現在は復帰して評価は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする