渋谷すばるの髪型。ロン毛に坊主、前髪あり&マッシュなど歴代まとめ

元関ジャニ∞の渋谷すばるさんが、ジャニーズを退所してから早いもので3年が経過しました。

今は一人のミュージシャンとして活躍しているようですが、渋谷さんといえば、その変幻自在でレパートリーの多い髪型に注目が集まります。

ということで、今回は渋谷さんの髪型についてまとめていきます。

渋谷すばるのプロフィール

愛称:すばる、ばる、すばやん、しぶやん、渋谷さん、すばるくん、すばちゃん など

本名:渋谷すばる

生年月日:1981年9月22日

身長:165~167cm

血液型:O型

入所日:1996年9月22日

メンバーカラー:赤

最終学歴:私立大阪高校中退(中卒)

渋谷すばる、ジャニーズ経歴&髪型遍歴 

渋谷さんというと、ジャニーズJr.の第一次黄金期から活躍し、10代中盤から30代半ばまでという長き間にわたり、ジャニーズ事務所に貢献してきました。

その約20年というのは、少年から青年、そして成年へと人が変わっていく時でもあり、渋谷さんに至っても、この20年で大きな変化をしています。


まずは「東のタッキー、西のすばる」という名言があるぐらいに、関西で圧倒的人気を誇っていた少年時代。

関ジャニ∞の一員としてデビューし、歌にドラマにバラエティにと、飛ぶ鳥を落とす勢いだった青年期。

そして、関ジャニを脱退し、ジャニーズ事務所から独立をした成年期。

この20年間で、渋谷さんの少年から大人の男性としての成長期を、テレビや雑誌を通してたくさん見せてもらいました。

少しずつ顔付きも変わっていき、まさに成熟した男性、という感じですが、変わったのは環境や顔付きばかりではありません。

渋谷さんは、髪型も非常によく変わる人で、その髪型を見るだけで、いつの時代なのかがすぐにわかります。

それぐらいに、髪型遍歴が盛んですので、以下で渋谷さんの特徴的な髪型とともに、時代を少し振り返ってみましょう。

ロン毛時代はいつ?

平成の後期、そして令和の今ではほとんど見掛けなくなった男性のロン毛ですが、1990年年代の中盤からは、男性のロン毛がブームとなりました。

そのきっかけを作ったといっても過言でないのが、事務所の先輩である、元SMAPの木村拓哉さんです。

木村さんをはじめ、人気の若手俳優の間でもロン毛が流行し、これが一般の間でも浸透していったというのが背景です。

髪型の移り変わりが多い渋谷さんにも、ロン毛時代は存在します。

しかし、渋谷さんの場合は、ブームや時代は関係なしに、割と頻繁にロン毛の時期があったりします。

あるときには、セミロングほどの長さで、パーマやウェーブを掛けたアレンジを。

そしてあるときには、肩より少し長めにして、ワイルド風に装ってみたり。

いわゆる、昔のロン毛ブームのときのような、ワンレンの野暮ったいロン毛ではなく、その時代にマッチしたおしゃれなロン毛が特徴です。

ちなみに、渋谷さんと同世代のジャニーズアイドルも、こぞってロン毛にしているときがありました。

今となっては、色々な意味で懐かしいスタイルですね。

前髪ありや坊主もおしゃれ

前髪があるときや、坊主姿もとてもおしゃれです。

前髪があるときは、実年齢よりも多少若く見えますが、坊主姿になると一気に男らしさが増して、雰囲気もがらりと変わりますね。

坊主姿のときには髭を生やしていたこともあるため、少し強面風ではありながらも、ファンの間ではとても好評だったということです。

トップが長めのモヒカンスタイルもお似合いです。

どうやらこれは、映画の役作りのためにされたスタイルのようですが、渋谷さんのビジュアルの良さが際立つスタイルとなっています。

マッシュルームも似合ってて可愛い

前髪があるときにとても近い髪型ですが、マッシュルームカットもとってもよく似合っています。

坊主の時とは本当にイメージがガラッと変わりますが、目がクリクリとしている渋谷さんが、さらに可愛く見える素敵なスタイルです。

どんなヘアスタイルも似合ってしまう、まさに変幻自在な渋谷さんです。

2021年現在は、短髪で前髪ありの渋谷さんですが、おそらく今後もまだまだ色々な髪型を楽しんでいくのではないでしょうか。

どんな髪型でも似合いますし、そして髪型によって印象がその都度変わるので、我々も楽しみにしていたいものですね。

音楽活動に髪型にと、渋谷さんのこれからを引き続き期待しています。


ジャニーズメンバーの髪型&髪色まとめ。セット方法・作り方まで!
関連記事
渋谷すばるの私服ファッション。メガネやサングラス、お気に入りブランドまとめ

渋谷すばるの好きなタイプは外見より内面?好きな髪型は?素直で一生懸命な女子がタイプ?

渋谷すばるの絵と髭が話題。高校中退とハーモニカ、古着好きエピソード 

コメント