影山優佳の父&兄弟はどんな人?内田篤人驚きのサッカー技術&ドルトムントサポーター

東大受験経験者とも言われる日向坂46きっての才女・影山優佳(かげやまゆうか)さん。

そのお父さんや兄弟は一体どんな人なのでしょうか。

また、彼女といえば、本気のサッカーファンとしても知れ渡っていますね。

しかも、応援だけではなく、その技術は内田篤人さん驚愕だそうです。

果たして、サッカー部経験者なのでしょうか。

ドルトムント推しという彼女の着眼点も見逃せません。

影山優佳のプロフィール

愛称:かげちゃん/かげこ

本名:影山優佳

生年月日:2001年5月8日

身長:155cm

出身地:東京都

最終学歴:筑波大学附属高等学校

所属事務所:Seed & Flower合同会社

影山優佳の父は名波浩の炎ユニサインで歓喜!

影山優佳さんがサッカー好きとなった原点、それがお父さんです。

なんでも、海外で行われる代表戦まで現地へ応援へ駆けつけるほど、大のサッカー好きなのだそうですね。

その応援海外遠征、ファンの間でも有名なのが1998年のフランスW杯でしょうか。


炎のデザインが今なお大人気の当時のユニフォームを着て、お父さんも馳せ参じたといいます。

背番号は『10』、名波浩さんの大ファンだったのですね。

そして、2020年11月26日、影山優佳さんはその名波浩さんと「テレ東ほぼほぼ無観客フェス『FOOT×BRAIN的 ただただサッカーについて語り合いません?』」にて共演を果たします。

これだけでもお父さん感涙モノでしょうが、お宝鑑定のコーナーでは、あの炎ユニフォームを持参した影山優佳さん。

なんと、これにその場で名波浩さんがサインを入れたのです。

思い出がまた1ページ増えたお父さん、そのリアクションが気になりますね。

翌日の彼女のブログによれば、やはり大はしゃぎだったとのことです。

額縁が手に入り次第、飾るそうで、影山家の家宝になっていくことでしょう。

影山優佳さんにとっても、最高の親孝行になったのではないでしょうか。

影山優佳の兄弟

サッカー好きのお父さんに育てられたのは影山優佳さんだけではありません。

弟は、なんと2020年に三菱養和SCユースでキャプテンを務め、国士舘大学へ進学したMF・影山秀人さんなのです。

その長所は、実力もさることながら、人間性にも特筆すべきものがあると、三菱養和SCユースの生方修司監督は絶賛していました。

物事や状況を客観的に見られる頭の良さがあるとして、仲間を気遣いながら、必要な時には叱咤激励もできるのだそうです。

優しさと厳しさの塩梅をわきまえているとは、真の大人なイメージですね。

その厳しさは、これまでユースに欠けていた部分で、彼が入ってチーム全体が逞しくなったとのことです。

では、客観視ができるという彼自身は自らをどのように分析し、将来の像を描いているのでしょうか。

実は、高体連と街クラブの両方の経験があるという影山秀人さん。

そこで培ったものを表現しつつ、観客が『影山秀人』とはどういう選手なのか、しっかり分かるような選手になりたい旨を話していました。

高校時代からファンでも考えられているところが、まさしく客観視の表れですね。

やはり、頭が良いというのは姉弟揃ってのことでしょう。

影山優佳と内田篤人が共演!

共演した元代表クラスの一流サッカー選手が揃って舌を巻く影山優佳さんのサッカー愛や知識。

しかし、実際のプレイもとなるとこれはもはや、唯一無二の存在ではないでしょうか。

その実力を目の当たりにしたのは、あの内田篤人さんです。

彼がパーソナリティを務めるDAZN『Atsuto Uchida’s FOOTBALL TIME』内の『PLAYERS LAB』初回収録に登場した影山優佳さん。

自らの練習を内田篤人さんに見てもらえる貴重な時間です。

ただ、これを単なるアイドル枠と考えてはいけせん。

内田篤人さんが絶賛したのは、彼女がボールを持っているときの頭です。

『下がらない』ことによって、広範囲を見渡し、実際に相手の間を通すパスや、縦パスを決めていました。

しかも、この練習相手が強豪・上武大学の学生というのですから価値が増します。

また、内田篤人さんは彼女の賢さの面でも頭を褒めていましたね。

それは、質問が的確だからとのことです。

これは、そのなかに彼女が考えるサッカーの意図も含まれていて、かつ、視聴者の目線でもわからない部分を聞いてくれるのだというのですね。


だからこそ、内田篤人さん自ら『助かっている』とも話し、やはりただただ使っているわけではないとの旨も明かしておられましたね。

しかし、なぜゼロからのスタートではなく、そもそも技術を持っているのでしょう。

それは、彼女の小学生時代にあるようです。

影山優佳は小学生時代サッカー部?

大学生に混じって練習できるサッカーの技術をお持ちの影山優佳さん。

プロフィールでも紹介した通り、影山優佳さんは物心ついた時からサッカーが好きだったそうです。

その原点は、小学校時代にあるようです。

お父さんがサッカーが大好きでこれまで日本代表の試合があると家族全員で海外まで足を運び応援をしに行くほどだったんだんだとか。

その影響で影山さん自身もサッカーが大好きになり、5歳からサッカーを始め地元チームに所属します。

小学校のサッカー部というよりは、街のサッカーチームに所属していたということで、より本格的ですね。

ただ、紅一点ということで、小学生とはいえ身体能力の差も感じておられたのではないでしょうか。

しかし小学校入学したときに1度辞めてしまったそうです。

それでもやっぱりサッカー大好きだと小学3年生でもう一度サッカーを始めます。

当時から足の速さは光っていたといいます。

男子顔負けのスピード、カッコイイですね。

ポジションは、その長所を活かして、右サイドをひたすら走り、経験を積むと、次は弟さんと同じボランチに入ったそうです。

同ポジションでは、ご本人曰く、インステップが苦手で大変だったとのことですが、もはやこれも謙遜に思えてなりません。

また、内田篤人さんが絶賛した頭が下がらない点、視野については、この頃から長所という自負もあったようですね。

空いているスペースにボールを出す意識は、長期ブランクがあっても、鈍ってはいませんでした。

まさに、天性のセンスというものではないでしょうか。

思えば、アイドル番組ではなく、真のスポーツ好きが好んで観るDAZNでサッカー番組に出演する影山優佳さん。

心技体揃って、その視聴者を満足させられるレベルを彼女は持っているようです。

影山優佳がドルトムントを推薦


実際のプレーや選手個人もさることながら、そのチームの戦略を分析することのほうが好きだという影山優佳さん。

その彼女は、2020年にサッカー専門誌の取材にて、好きなチームのひとつとしてドルトムントを挙げていました。

当然、香川真司さんが在籍したからというミーハーな理由ではありません。

むしろ、2020年の取材ですから、彼が去った後の話しです。

彼女がドルトムントを推す理由は、まさに若手が伸びる環境真っ只中だからだそうですね。

では、その伸びそうな若手とは誰なのでしょうか。

その1人が、ハーランド選手です。

記者さんからその名を聴くと、影山優佳さんは、2019年のU-20W杯ホンジュラス戦をすぐに想起し、1試合9得点の偉業を称えていましたね。

また、約2mの高身長を活かしたハイレベルなプレーに加え、豊富な体力で守備への貢献度も高いことを語り、もっとビッグクラブでやるべきだとの旨の見解を示しておられました。

おそらく、語っている最中は映像も脳内再生されていたでしょうし、選手名鑑がそのまま頭に入っているのではないかとさえ思える知識量です。

さらに、ご自身がその選手個人よりも好きだという戦術面もきっちり分析されています。

ユルゲン・クロップ監督のもと、鍛えられたカウンタープレス『ゲーゲンプレッシング』はチームの根底にありつつ、守備力の向上が感じられるという影山優佳さん。

バーランド選手をはじめ、将来ビッグクラブで活躍するであろうニュースター候補が目白押しのドルトムントは、今が熱いようです。

そんな影山優佳さんはサンフレッチェ広島の大のファン。

サンフレッチェ広島の好きなところに

「みんな団結してる感じがいい」

本当に大好きなんだ!!というのがひしひしと伝わってきます。


影山優佳の大学は?東大の結果、湘南工科大学との関係。現在は進学せずに浪人?

織田奈那の学校は?高校&大学も共立女子?私服がダサい?三ケ日みかん&深川麻衣の再来?

加藤史帆は長沢菜々香を尊敬?彼氏の写真流出?カラコン二重と歯並び&痩せたのに大食い?

尾関梨花の高校は相模女子大?姉が面白い&生田絵梨花に似てる?

コメント