矢沢心の現在。魔裟斗との出会いと結婚指輪。仲良し夫婦の今とエピソード

矢沢 心(やざわ しん)さんはモデルや女優として活躍して注目を集めた存在でした。

2007年に結婚した魔裟斗さんとの出会いは珍しいシチュエーションだったそうです。

今回は矢沢心さんの現在や魔裟斗さんとの出会いなどをチェックして行きましょう。

矢沢心のプロフィール

本名:小林 心 (こばやし しん)

旧姓:矢澤 心 (やざわ しん)

身長:160cm

血液型:A型

出身地:東京都西東京市

生年月日:1981年3月16日

主な出演作:TBS「池袋ウエストゲートパーク」(2000年) / 映画「下妻物語」(2004年) ※反町隆史さん主演のドラマ「GTO」には出演していません。

矢沢心の現在

まずは矢沢心さんの2021年現在や芸能活動について見て行きましょう。


矢沢心さんは不妊治療を乗り越えて2012年6月22日に第一子となる長女を出産し、2014年9月27日に次女を、2019年1月8日には第三子となる長男を授かっています。

家庭や子育てに専念するため芸能活動がセーブ気味になっているのは寂しい限りですが、短時間で済むゲスト枠でのドラマ出演やイベントに出演することもありました。

中でも2021年3月12日のTBSドラマ「俺の家の話」にゲスト出演したことが注目を集めています。

このドラマでは長瀬智也さんが主演を務めているのですが、ふたりの共演が「池袋ウエストゲートパーク」以来となる約21年ぶりだったことも話題になっていました。

21年前は勢いのある若者同士でしたが、久々の再会では渋みを持つ大人の演技を見せています。

他にも南関東地域で放送されている情報番組「Girls Happy Style」への出演や、子供や家族だけでなく自分のことも考えた食育の情報を発信するなどマルチな才能を発揮。

矢沢心さんを見掛ける機会は全盛期に比べると減ってしまいましたが、2021年現在は待望だった子供を授かるなど幸せそうに生活をしている様子が伺えました。

何かと大変な時期ではあるでしょうが、親子で一緒に過ごせる時間を大切にして欲しいですね。

矢沢心と魔裟斗の出会いは車の故障

次は矢沢心さんと魔裟斗さんの少し珍しい馴れ初めを見て行きます。

ふたりが出会ったのは結婚より7年前の2000年2月のことで、知り合ったきっかけは矢沢心さんが友達との待ち合わせに向かっている途中に運転していた車が故障で止まったことでした。

その車が止まってしまった場所は魔裟斗さんが住むマンションの裏で、しかも心配して駆け付けてくれた友達(待ち合わせの人)が魔裟斗さんと知り合いだった点も大きかったそうです。

車の修理に数時間かかることを知った魔裟斗さんは矢沢心さんたちに「寒い中、待つのは大変だからお茶でも」と言い、自然な流れで西麻布のバーに連れて行ったということでした。

当時、19歳だった矢沢心さんをバーに誘ったことは時効ということにしておきましょう。

修理業者が来るまでの時間を過ごしたふたりの想いは正反対で、魔裟斗さんはそれほどでは無かったものの、矢沢心さんは見た目とギャップのある紳士的な対応に落ちたそうです。

しばらくは友人同士の関係が続きましたが、一向に関係を進展させない魔裟斗さんに痺れを切らした矢沢心さんから告白をして交際関係に発展したという意外な展開をみせました。

ちなみに、魔裟斗さんは矢沢心さんがタレントだったから付き合ったと心中を語っており、まだ無名だった自身の格を高めるための交際だったことを明らかにしています。

始まりは微妙な空気もありましたが、結果として良い組み合わせだったのはご存知の通りです。

結婚指輪はフランスのブランド「ショーメ」

ここでは魔裟斗さんから貰った結婚指輪について見て行きましょう。

矢沢心さんが受け取った結婚指輪はフランスの高級ブランド「CHAUME (ショーメ)」の品で、気になるカラット数は”1カラットとちょっと”と具体的な数字はボヤかしていました。

ショーメはフランスでも屈指の老舗高級ブランドとして知られており、創業されたのは1780年でナポレオンの皇后ジョゼフィーヌに愛されるなど華々しい実績を誇ります。

結婚指輪の金額は明らかにされていませんでしたが、1カラットの平均価格が約200万円という点を踏まえると”200万円から250万円”と言ったところでしょうか。

ただ、結婚指輪の価値は金額よりも込められた想いの方にあるのかも知れませんね。

矢沢心と魔裟斗は苦難を乗り越えた仲良し夫婦

最後に矢沢心さんと魔裟斗さんの夫婦関係について見ておきましょう。

ふたりは約4年という長期間を不妊治療に費やし、念願叶って2012年に長女を授かりました。

その後も次女と長男を授かるなど幸せに満ちた家庭を築いていますが、精神面だけでなく体力的にも大変な不妊治療を乗り越えることが出来たのは夫婦の”絆の強さ”でした。

女性側にだけ負担をさせがちな不妊治療でも魔裟斗さんは積極的に関わり、精神的なサポートに留まらず家事の分担も買って出るなど優しさにあふれた夫の顔も見せています。

分担と言っても分業ではなく、交互や協力し合うと言った良い意味での対等な関係でした。

どちらが上とか下とかではない対等な関係だからこそ苦難の道を一緒に進むことができ、共通の目標であった「子供を迎える」という大きな夢を叶えることが出来たと言えるでしょう。

また、不妊治療に限らずコミュニケーションをしっかり取るということを大事にしており、言いたいことは溜め込まずに相手に伝えることで意思の疎通を図っていました。

矢沢心さんは魔裟斗さんを”パーフェクトな旦那”と表現し、魔裟斗さんも矢沢心さんを「よくやってくれている」とインタビューで答えるなど夫婦が互いに認め合っています。

元から矢沢心さん魔裟斗さん夫婦の結びつきは強かったのですが、共通の目標だった子供を迎えるという夢を叶えたことでふたりの”絆”はより一層強くなったと言えるでしょう。


三人の子供たちも素晴らしい両親の姿を見て立派な大人になってくれることを願っています。

矢沢心の子供は3人。名前と出産年齢、幼稚園は?妊娠中のブログが話題

コメント