小宮悦子の現在。結婚歴と離婚歴まとめ。元夫と別れた理由&山路徹とも交際?

テレビ朝日の看板アナウンサーとして人気だった小宮悦子(こみや えつこ)さん。

人気と言ってもアイドル女子アナではなく実力も兼ね備えた立派なアナウンサーでした。

そんな彼女にも、結婚や離婚の経験があり、APF通信社の代表取締役社長を務める山路徹さんとも何やらウワサされた、波乱万丈な恋模様があるようですね。

また、第一線を退いた2021年現在についても、可能な限り調べてみました。

小宮悦子のプロフィール

愛称:えっちゃん

本名:小宮悦子

生年月日: 1958年4月18日

身長:165cm

出身地:東京都

最終学歴:東京都立大学 人文学部社会学科

所属事務所:81プロデュース

小宮悦子の結婚歴と離婚歴

東京都立大学を経て1981年にテレビ朝日に入社した小宮悦子さん。

1985年には報道番組「ニュースステーション」の初代サブキャスターに抜擢。

ニュースステーションの視聴率の上昇と共に小宮悦子さんの人気も急上昇。


「えっちゃん」の愛称で親しまれ、テレビ朝日の看板女子アナとなりました。

そんな小宮悦子さんはこれまでに二度の結婚と離婚をしています。

最初に結婚したのは1983年でお相手は商社勤務の佐藤達郎さん。

この男性と小宮悦子さんは高校生の頃のバンド仲間だったそうです。

高校の頃からの知り合いで商社マンと女子アナという人気職業同士の結婚。

二人はDINKs(ダブルインカム・ノーキッズ)という子供を持たずに共働きをする理想のカップルとしてたびたび雑誌に取材されていたようです。

誰もが羨むような二人でしたが昭和最後の日である1989年1月7日に離婚しています。

バツイチとなった小宮悦子さんはそれから約6年後の1994年に再婚。

お相手は10歳年下のテレビ番組制作ディレクター、河島正三郎さん。

河島正三郎さんはニュースステーションのディレクターもしていたので職場結婚と言えるでしょう。

再婚当時、小宮悦子さんは

一生添い遂げたいです

とコメントしていました。

ですが2007年3月にまたしても離婚してしまいます。

仕事は順調そのものだった小宮悦子さんですが、私生活は波乱続きだったようですね。

小宮悦子と元夫の離婚原因

これまでに二度の離婚を経験している小宮悦子さん。

その離婚原因とはいったい何だったのでしょうか。

まず、最初の夫との離婚原因は不倫でした。

不倫と聞くと夫が不倫したと思われそうですが、不倫したのはなんと小宮悦子さんの方。

小宮悦子さんが番組スタッフの男性の自宅から朝帰りする様子を週刊誌に撮られてしまったのです。

これが離婚の原因でした。

2度目の夫との離婚原因も不倫。

ですが今度は小宮悦子さんではなく夫の方が不倫をしたのです。

しかも不倫相手の女性も既婚者というW不倫でした。

小宮悦子さんと夫は不倫が発覚してからは別居。

夫婦関係が修復されることはなく、そのまま離婚となりました。

小宮悦子は山路徹と交際していた?

株式会社APF通信社の代表取締役社長を務める山路徹さん。

ジャーナリストとして活動する山路徹さんの名を世間に広めたのが二股疑惑。

山路徹さんの元妻であるタレントの大桃美代子さんがTwitterで、山路徹さんと麻木久仁子さんの不倫を暴露したのです。

山路さんは他にも共演した女性キャスターとも不倫をしたと囁かれています。

実は小宮悦子さんも山路徹さんの不倫相手だと言われているんです。

ジャーナリストの日垣隆さんが自身のTwitterで

と暴露していますので、かなり信憑性が高い情報と言えるでしょう。

この件について小宮悦子さんは

番組のスタッフで仲間でしたが、その件に関して答える立場にありません

とコメントするにとどまり不倫については語っていません。

現在の小宮悦子

1991年にテレビ朝日を退社している小宮悦子さん。

テレビ朝日を退社後も専属契約を結んでいた関係でテレビ朝日系列の番組に多数出演していました。

2011年に「サンデーフロントライン」が終了したタイミングで専属契約も終了。

2012年からは多くの声優が所属する81プロデュースに所属しています。

現在もレギュラー出演している番組はありませんが、

今はのんびりと選んで仕事をやらせていただいている。

と1997年に購入した2億円ともいわれる豪邸で悠悠自適な生活を送っているようです。

若いうちに沢山働いていたので蓄えは十分にあるのでしょう。

小宮悦子はニュースステーションが嫌いだった?久米宏との仲は?クレヨンしんちゃんも夢中&小池百合子と似てる?

稼げる時に稼いで後はのんびり暮らす。

そんな理想的な人生を小宮悦子さんは送っているようです。

けれども、報道の世界から引退しているわけではありません。

2020年9月12日には、長野朝日放送にて『信州のがん最前線』のナレーション収録を行われました。

レギュラーではなく、特番という形で定期的に続く同番組、この一つ前の回ではお休みだったそうですが、この日は、1年ぶりの復帰を果たしました。

同日の番組のフェイスブックには、マスク姿の彼女がバッチリと写っていました。

髪の毛も黒くツヤがあり、まだまだ現役バリバリといった明るい印象です。

長野にお住まいというわけではなく、収録後は東京に戻られたそうで、軽井沢に別荘があるということでもなさそうですね。

また、これよりも少し前、2020年1月17日にはサンテレビ『バトン1.17~あなたへ~』に出演されていました。

この時のコメントなどはとくに見当たらないものの、その声は番組のYouTubeに残っています。

声やトーンは、円熟味を増して、さらに耳を傾けてしまう仕上がりになっていますね。

がんや震災といった多くの人が気をつけなければならない、あるいはそれに見舞わられた方々に寄り添う仕事をしている印象の小宮悦子さん。

今後も、同様の特番でその声を聴けるかもしれません。

小宮悦子に野原しんのすけが惚れて再び話題

単発の仕事をポツポツとこなしている様子の小宮悦子さん。

それゆえに、最近の動向というのは掴みにくいですね。

しかし、その彼女が2020年4月に発売された『ケトルVOL.53』には、彼女の名前が出ていました。

そのネット版記事によれば、その内容は、ある有名人のハートを射抜いたとのことです。

さすが、その美貌は未だ健在ですね。

ところが、そのハートを射抜かれた男性は、春日部市に住む5歳児だったようです。

これは『クレヨンしんちゃん』の主人公・野原しんのすけの好きな女性の傾向をまとめた記事だったのです。

とはいえ、単なるおふざけの記事ではありません。

野原しんのすけが、それまで実名を話した好みの女性、あるいはグラビアの写真集を持っていることが確認された女性をリサーチしているため、非常に信頼の置けるデータとなっていました。

岡本夏生さん、宮沢りえさん、藤原紀香さんから、田中麗奈さん、堀北真希さんに至るまで錚々たる女優さんが並んでいます。

5歳児なのに、この世代を超えた趣向、『永遠の5歳』は昨今、チコちゃんの代名詞ですが、元祖はしんちゃんですね。

そのなかに、なんと、小宮悦子さんの名前も挙がっていたのです。

これは、ナナメからみれば、テレビ朝日が看板アナをねじ込んだかにも見えるでしょうか。

けれども、実際には初期の原作でも、しんちゃんは小宮悦子さんのファンという設定でした。

やはり、彼女が、しんちゃんのハートを射止めたのです。

ちなみに、作中でしんちゃんが小宮悦子さんにサインをもらう時、愛称とともに『平熱』と書くようにおねだりしたとも言われていました。

これは、情熱のパロディあるいは、誤解というのが通説のようです。


なお、ネット上で小宮悦子さんのサインを拝見しましたが、彼女がそういったメッセージを残す習慣はなさそうですね。

何はともあれ、しんちゃんにも愛された彼女は、間違いなく、当時、テレビ朝日の看板だったということが、改めて『ケトルVOL.53』のおかげで皆の脳裏に焼き付いたのではないでしょうか

小宮悦子はニュースステーション嫌いだった?久米宏との不仲説。小池百合子と似てる?

久米宏の年収は億超え?愛車遍歴と今の生活&自宅豪邸。病気と結婚相手について

久米宏、父とオリンピック反対。横山やすし&黒柳徹子との関係。古舘伊知郎とは不仲?

下平さやかの旦那は長野久義!もう子供を生んでいた?結婚した現在の様子は?

田丸美寿々、現在はアナウンサー引退。結婚と子供、家族について

コメント