三田佳子の現在!2019年最新!首のがん手術をして病気で療養中?

三田佳子の現在!2019年最新!首のがん手術をして病気で療養中?

三田佳子(みた よしこ)ささんは昭和を代表する大女優で知られていますが、最近は年齢的な事もあって体調を崩しがちになり、一部では大きな手術をしたと言われていました。

今回は三田佳子さんの現在の様子や活動についてや、体調不良の原因とされるがんの噂や首の病気について見て行こうと思います!

三田佳子の現在の活動は?

三田佳子さんはNHK大河ドラマで複数回(2回)主演した唯一の女優であり、女優界では確固たる地位を築いた名女優として知られています。

最近では息子を巡る家庭の事情で世間を騒がせていますが、本業の女優として舞台やテレビで活躍していました。

今年で78歳になる三田佳子さんは若い主人公を見守る”優しいおばあさん役”を中心に活動しており、若い俳優たちにも演技面で影響を与えていました。

貫禄と存在感のある高齢女優が減って来た事もあって、今まで以上に三田佳子さんへの期待が高まっていました!


最近では舞台やドラマだけでなくバラエティー番組にも頻繁に出て「天然キャラ」を披露していました(笑)

女優として厳しさもある表情とは打って変わって、穏やかな人柄がお茶の間でも評判になっていました。

しかし、三田佳子さんのおっとりとした優しさは息子の非行の原因とも言われており、不祥事が起こる度に親としての在り方や指導力に批判が起こっていました。

子供が20歳を過ぎても親としての責任を問われ続けるのは”有名人特有の辛さ”なのかもしれませんね。

本来であれば孫の顔を見ながら余生を過ごす年齢なのですが、まだまだ子育てには課題が残っている様子でした。

三田佳子は首のがん手術をして病気で療養中?

三田佳子さんが自身のブログ「佳子のガラパゴス遊歩」の中で、2017年10月末に「頸椎硬膜外膿瘍」で手術を受けていたことを明かしました。

(引用)実は去年の秋口から日増しに首の痛みが酷くなり それが頸椎硬膜外膿瘍という病気だと分かったのが10月末の事。そのまま即入院~手術となり、暮れまで病院で過ごしました(引用)

頸椎硬膜外膿瘍とは首の後ろの”硬膜”に化膿菌による膿瘍が出来て、脊髄や頸椎などを圧迫して痛みを与える病気です。

「頸椎硬膜外膿瘍」の手術は成功しましたが、術後の治療で抗生物質が効かない場合があり「四肢の麻痺も覚悟しました」と病気の重さを表現していました。

もちろん噂されているような「がん」では無く術後の経過も順調と言われていました。

なぜ「がん」と噂されたのか調べてみますと、どうやら三田佳子さんが自身のブログで集中治療室(ICU)に居る姿を動画で紹介した事でした。

やはり「集中治療室」と聞くと相当な重病だと思ってしまいますし、そのまま亡くなってしまうイメージを持ってしまいますよね。

ブログで動画公開に踏み切った理由は「噂の否定」であり、画像より動画の方が説得力があると判断したそうです。


三田佳子さんは長い芸能生活で出産以外では病院に掛った事もほとんどなかったらしく、元気なイメージがあったのでより噂が大きくなったのだと思います。

現在は退院して仕事復帰もしており、今回の「頸椎硬膜外膿瘍」はほぼ完治したと言って良いと思いました!

三田佳子の次男・高橋祐也は子育て失敗例?「統合失調症」発言で炎上!

三田佳子の長男・森宮隆は声優!嫁&家族と経歴まとめ!

三田佳子が年収を公開!自宅が豪邸がすごい&小遣い70万?金持ちの理由とは!

三田佳子の夫は超エリート?家族構成&孫は?離婚して別れた父親が大物!