石井竜也の娘サリーナは芸能人。結婚歴、妻マリーザとの再婚騒動

歌手や映画監督、デザイナーにプロデューサーと、多方面で活躍する石井竜也(いしい たつや)さん。

多才な人が多い芸能界でも、石井竜也さんは稀有な存在といえるでしょう。

一方でプライベートでは、結婚や離婚、不倫など、浮いた話が絶えない色男としても知られています。

今回はそんな石井さんの結婚事情に迫りましょう。

あわせて、娘の近況についてもまとめていますので、必見です。

石井竜也のプロフィール

生年月日:1959年9月22日

出身地: 茨城県北茨城市

血液型:O型

身長:175cm

最終学歴:学校法人 文化学院

石井竜也の娘・サリーナが芸能界デビュー

2002年に石井竜也さんとマリーザさんの間に誕生した娘の名前は「サリーナ」。

南イタリアにある「サリーナ島」から取って名付けられたと言われているようです。

サリーナさんは、2015年10月の米米クラブ30周年記念ライブや2016年2月のシルク・ドゥ・ソレイユのオープニングイベントに出演するなど、報道陣の前に何度かその姿を見せています。


また、「東京インターナショナルプレイヤーズ」という劇団に所属し、ミュージカル女優を目指しているという情報もありました。

この事からサリーナさんが芸能界に興味がある事は間違いなさそうです。

両親が共に華々しいステージで活躍しているので、サリーナさんが芸能界に興味を持ったのは必然と言えるでしょう。

そんなサリーナさんですが、どうやら障害があると噂になっているようです。

前述のシルク・ドゥ・ソレイユのオープニングイベントで杖を持っていた事が噂の発端のようです。

ですがこの時、サリーナさんはコスプレの小道具として杖を持っていたにすぎません。

そのため障害というのは根も葉もないこと。

そう遠くないうちにサリーナさんが芸能活動を始めるかもしれません。

多才な石井竜也さんの娘なのでマルチに活躍しそうです。

石井竜也の娘の近況はモデル活動?

2022年で20歳を迎えるサリーナさん。

そんな彼女の近況について調査したところ、モデルやコスプレイヤーとして活躍していることがわかりました。

個性的なファッションやメイクが、彼女の魅力を際立出せてくれています。

ファッションセンスは光るものがあり、スナップ写真を撮られることもあるようです。

また、音楽にも通じており、過去には自身で作詞作曲した楽曲を披露していたことがわかりました。

ピアノやウクレレなど、様々な楽器を演奏することができるよう。

もしかすると、父石井竜也さんに教わっていたのかもしれません。

英語も堪能であるため、その楽曲は全てが英語詞という圧巻のクオリティ。

しかしながら現在は音楽活動は趣味程度のようで、コスプレイヤーとしての活動が主軸のようです。

いつか父親とのセッションを聴ける日もくるかもしれません。

石井竜也の結婚歴!妻マリーザは恐妻家?

米米CLUBのボーカリストとして一世を風靡した石井竜也さん。

デビュー当初は奇抜な衣装にメイク、キャラクター重視の演出に「イロモノ」という扱いでした。

ところが「浪漫飛行」や「君がいるだけで」といった正統派の楽曲が大ヒットした事で世間の評価は一変。

米米CLUBは押しも押されぬ人気バンドとなりました。

それと同じくして石井さんはバンド以外の活動も本格的に開始。

その活動はイベントプロデュースや衣装、アクセサリー、食器などのデザイン、絵画やオブジェ制作など非常に多岐に渡ります。

才能に溢れイケメンでトークも面白いという事なしの石井竜也さん。

女性にモテモテで多くの浮名を流してきました。

そんな石井さんが選んだのは10歳年下で元CAの一般女性。

二人は米米CLUBのライブの打ち上げで知り合ったそうです。


1995年の秋に婚約を発表し、翌年9月にイタリアのフィレンツェで行われた挙式と披露宴は、大きな話題となりました。

そんな2人の結婚生活は幸せな日々が待っていると思われましたが、石井さんが多忙だった事もありすれ違いの日々となってしまいました。

そして不倫が発覚した事が決め手となり、2002年12月に離婚してしまいます。

相手はカナダ人でダンサーのマリーザさんでした。

フルネームは石井・ハナ・マリーザさんといいいます。

年齢は石井竜也さんの16歳年下にあたるそう。

前妻も10歳年下であったことから、石井さんは年下の女性が好きな傾向にあるのかもしれません。

そんな2人の馴れ初めは、石井竜也さんがソロ活動する際のバックダンサーをマリーザさんが務めていた事で、二人は知り合ったようです。

そこから交際に発展したそうなのですが、当時のマリーザさんは石井竜也さんが既婚者であったことを知らなかったそう。

既婚者であったことを明かしていないだなんて少し卑怯にも聞こえますが、それも色男石井竜也流の駆け引きだったのかもしれません。

また、その時には既に前妻との関係も冷え切っていたといいますので、事実上の離婚状態だったともいえるようです。

そしてマリーザさんは石井さんがまだ前妻と結婚していた2002年に子供を出産しました。

隠し子の発覚を恐れたのか、石井さんはマリーザさんをハワイに移住させたそうです。

前妻との離婚が成立した事で石井さんはマリーザさんと子供を帰国させています。

そして、2003年12月に石井さんに隠し子がいる事が発覚し、翌年の2004年3月にマリーザさんと再婚しています。


帰国させた時点で再婚の意思を固めていたのでしょう。

今となっては、2022年で結婚18年目を迎える、おしどり夫婦となりました。

しかしながら、マリーザさん自身が不倫の末の結婚だったということもあり、不安があるのか、結婚後も夫の監視は欠かさないとのこと。

カードの利用明細までチェックしているというのですから驚きです。

ところが、そんなマリーザさんの嫌な予感は的中し、石田竜也さんはまたしても過ちを犯してしまったのです。

次章にて、詳しく掘り下げていきましょう。

妻・マリーザと石井竜也の不倫騒動

不倫略奪婚だったともいえる石井竜也さんとマリーザさん。

マリーザさんは石井さんが女癖を重々承知しているためか、スケジュールの管理を徹底。

無断外泊も許さないそうです。

徹底した管理をするマリーザさんですが、石井さんは2016年3月に20代のファンの女性との不倫が報じられてしまいます。

不倫が報じられた石井竜也さんはHPで謝罪のコメントを発表。

妻・マリーザに対しては、申し訳ない気持ちと夫としての後悔で一杯です

もちろんマリーザさんと娘には直接謝罪をしたことでしょう。

不倫騒動後にラジオの公開収録に臨んだ石井さん。

収録後は、マリーザさんと手を繋いで報道陣の前に姿を現し、夫婦仲に問題がない事をアピールしています。

石井竜也さんのイメージを少しでも回復させたいとマリーザさんは考えたのでしょうか。

夫の火遊びを寛大な心で受け入れるマリーザさんは妻の鏡と言えるかもしれません。


石井竜也、実家の石井屋が閉店。父の一言で救われた?出身高校と大学はどこ?

石井竜也の現在。病気の噂。「まい」って誰&元妻について

南野陽子の実家と出身地、父と母について。高校は堀越&本田美奈子との関係とは旦那が無職ってほんと?

コメント