山岸舞彩は書道の達人!高校や実家はどこ?経歴やプロフィールまとめ。

セント・フォース所属のフリーアナウンサーとして活躍していた山岸舞彩(やまぎし まい)さん。

しかし、それ以前にはキャンペーンガールなどをされていましたね!

さらには、書道家という一面もあるようです。

そんな彼女の経歴やプロフィールについても調べてみました!

高校や実家も気になりますね!

山岸舞彩、書道家の一面も!

フリーアナウンサーと並行して、書道家という一面もある山岸舞彩さん。


2009年12月に現代書道研究所の教育部師範試験に合格するほどの腕前です。

雅号は、『彩周』というそうですね。

これは、山岸舞彩さんの『彩』と師匠のお名前から『周』を付けたそうです。

その腕前を客観的に示すのが、毎日書道展です。

2013年(第65回)の時点で『かな部門』において、9年連続の入選を果たしていました。

そして、近代詩文のほうでも佳作を受賞、これは初のことだそうです。

この年は、日本テレビ系『NEWS ZERO』のキャスターに就任したこともあって多忙を極めていたそうです。

それゆえ、受賞できるか不安に感じていたそうですが、しっかりと連続記録を更新できましたね。

2013年7月9日のブログでは、ご両親や先生の支えのおかげだと感謝されていました。

翌年もダブル受賞に意欲を覗かせていましたが、見事にそれも達成されています。

10年連続となったことで、平成27年会友昇格者にもその名を刻むことができました。

芸能界を引退されたあとも書家としての活動は継続されていましたが、2019年の同展の受賞者の欄にお名前は見当たりません。

丸井の御曹司と結婚されていますので、やはり多忙なのかもしれませんね。

山岸舞彩の経歴は?高校や実家は

山岸舞彩さんは、東京都中央区出身であられます。

学歴も、幼稚園から大学まで、一貫して日本女子大学の系列校とのことで、エレベーターガールならぬ、エスカレーターガールですね。

丸井御曹司と結婚された彼女ですが、高校時代からかなりの肉食系女子だったと自認されています。

なんでも、同じ相手に30回告白して振られたそうですよ!

3年間でと計算しても、年に10回ペースですか…。

夏休みを除けば、毎月ですね。

マンスリー告白タイムみたいな感じではないのでしょうが、これも彼女のもつ根性でしょうね!

また、大学では日本文学科に入学されました。

在学中にモデル活動を始めた山岸舞彩さん。

2005年秋には『2006年東レキャンペーンガール』に選出されています。

テレビ番組に本格進出したのは、2007年から足掛け3年『やじうまプラス』にて、お天気と交通情報を担当されています。

意外にも、テレビ朝日系だったのですね。

その後、2009年から、NHKBS1『Jリーグタイム』、2011年からNHK「サタデースポーツ」「サンデースポーツ」のキャスターと、キャリアを重ねていかれます。


そして、結婚して芸能界引退されるまでは日本テレビ系『NEWS ZERO』のキャスターを務めておられましたね!

そんな彼女のご実家は築地の卵焼き専門店だそうです。

名前は『山勇』です。

築地で卵焼きといえば、真っ先に思い浮かぶのがテリー伊藤さんの兄、アニー伊藤さんが営む『玉子焼 丸丈』ですね。

実は、移転する前は、お店も100mほどの場所にあり、山岸舞彩さんがお手伝いにも行っていたそうです。

ライバルでありながら、協力するというのは築地市場の良い関係性を感じさせますね!

また山岸舞彩さんは、ご実家の卵焼きを番組の差し入れにもしていたそうです。

『NEWS ZERO』のキャスター就任時には、なんと化粧箱15~20箱分の卵焼き、総量5kg以上だったとのことですよ!

これを日本テレビの若手社員がノルマ10個を課せられ食べ切ったそうです。

一応、綴っておくと、これは日テレ社員さん方の山岸舞彩さんへの気遣いです。

決して、パワハラではありません。

山岸舞彩のプロフィール


芸名:山岸舞彩

本名:青井舞彩

生年月日:1987年2月9日

身長:168cm

出身地:東京都中央区

最終学歴:日本女子大学文学部日本文学科

所属事務所:元セント・フォース

山岸舞彩の現在。結婚して子供も出産?夫・丸井御曹司はどんな人?

アナウンサー
シェアする
アスネタ – 芸能ニュースメディア

コメント