森崎ウィンはハーフ?国籍出身と両親&弟について。英語が上手い理由とは

2016年にはスティーヴン・スピルバーグ監督の映画の主要キャストに抜擢され、ハリウッドデビューを果たした森崎(もりさき)ウィンさん。

日本では俳優だけでなく歌手としても活動されていますね。

見た目は外国人にも日本人にも見える森崎さんですが、国籍はどちらなのでしょうか?

また、スピルバーグ監督にも絶賛された英語力についても見ていきたいと思います。

森崎ウィンはハーフじゃない?国籍出身はどこ?


森崎ウィンさんについては、その名前と日本人離れした顔立ちからハーフだと思っている人も多いでしょう。

ところが、実は彼のご両親は2人ともミャンマー人なんだそう。

ということは、森崎さんはハーフではなく純粋なミャンマー人ということになりますね。

そうなると国籍もミャンマーなのか?と思いますが、これについてははっきりした情報がないのですね。

森崎さんは小学校4年生のときに日本に来ていますが、生まれたのもそれまで育ったのもミャンマーですので、元々の国籍がミャンマーだったことは間違いないでしょう。

しかし現在はすでに帰化している可能性もあります。

ただ、日本は二つの国籍を持つことが禁止されていますから、帰化したとなるとミャンマーの国籍を放棄することになるのですね。

森崎さんは2018年8月にミャンマーの観光大使に任命されていて、現地のテレビ番組に出演するなど今も活発に祖国で活動しています。

そのことを考えると、日本の国籍を取得した可能性は低いかもしれませんね。

国籍はミャンマーのまま、日本の永住権を取得したという可能性もありえそうです。

森崎ウィンの家族構成は両親&弟!

ミャンマーでの暮らしがあまり豊かではなく、出稼ぎのために来日したという森崎さん一家。

ご両親がどんな仕事をしているかについてはわかりませんでしたが、日本で会社を経営しているという噂もあるようです。

なぜ日本を選んだのか、職種はなんなのか気になりますね。

そして森崎さんには10歳離れた弟さんがいるそうです。

名前は明かされていませんが、SNS上では「チビ」と呼んでいるようですね。

もうチビって歳でもないと思いますが、森崎さんにとってはいつまでも可愛い弟なのでしょうね。

ちなみに祖母もいるとのことですが、日本ではなく今もミャンマーに住んでいるのだそう。

彼の「ウィン」という名前は、お祖母さんがつけてくれたそうですね。

英語でウィンといえば「勝つ」ですが、ミャンマー語では「明るい」という意味があるんだとか。

森崎さんはその通り明るい性格に育っているようですね。

森崎ウィンの英語の実力が凄い!

世間では「トリリンガル俳優」と言われている森崎さんは、日本語、ミャンマー語、英語の3カ国語を話すことができるそうです。

特に英語に至ってはネイティブレベルだそうですよ!

しかしよく考えてみると、森崎さんの祖国ミャンマーの公用語はミャンマー語。

英語が話せなくても全く問題はないのですが、なぜ流暢に話すことができるのでしょうか?

それは森崎さんのお祖母さんが英語教室の先生だったからなのだそうです。

実はミャンマーはイギリスの植民地だったことから、英語を学ぶ人も多いのだそう。

森崎さんもそんなお祖母さんの影響を受けて自然と英語が話せるようになっていったそうですよ。

ネット上には彼の英語力を絶賛する声が相次いでいますね。

しかし、本人曰く「英語はまだまだ勉強中」とのこと。


さらなる英語力向上を目指して努力し続ける森崎さんには本当に頭が下がりますね。

今後のさらなる活躍を応援しています!

コメント