ダルビッシュと紗栄子の離婚原因の真相とは?

ダルビッシュ投手とレスリングの元世界チャンピオン・山本聖子さんとの間に子供ができたことが大きなニュースとなりました。

ともにバツイチの関係で、山本聖子さんはダルビッシュ投手の6歳上です。

世界を相手に闘うダルビッシュ投手としては、非常によき理解者でもあり、やさしく包み込んでくれるような存在でもあるのでしょうね。

今も注目される元妻の紗栄子さん

ふたりが離婚したのは2012年1月。もうそろそろ「過去の話」になってもいいころなんですが、まだまだホットな話題のように扱われている印象がありますね。

ダルビッシュ投手と山本聖子さんの交際報道や妊娠報道などのたびに、元妻であるモデル・タレントの紗栄子さんの存在が今でも注目を集めます。

山本聖子さんの妊娠報道の後には、紗栄子さんがイメージキャラクターを務める下着ブランド「ピーチジョン」の記者発表の席で、報道陣が紗栄子さんにこの話題を振ると、紗栄子さんは「おめでとうございます」と苦笑まじりに答えたそうです。

半ば泥沼の様相を見せていた離婚劇だっただけに、その後、紗栄子さんのこうした大人の対応は業界関係者に非常に好感度が高く受け止められているそうです。

紗栄子さんのイメージが悪くなったとされる離婚劇の真相は?

では当時、紗栄子さんのイメージが悪くなったと言われた離婚劇の真相とはいったいどのようなものだったのでしょうか。

もちろん、本人たちが多くを語ったわけでもないし、事務所が否定していたりする情報もあるため、真偽の程は想像の域を完全に超えるわけではないですが、以下の様な話が囁かれているようです。すべて紗栄子さんについての話です。

◆紗栄子さんがヒステリックになることが多く、ダルビッシュ投手はそれをやり過ごす。これを繰り返しているうちにダルビッシュ投手が嫌気がさした。

◆札幌にはたまにしか帰ってこず、帰ってきた際にはダルビッシュ投手の交友関係に口を挟む。

◆家事育児を放棄して芸能界に復帰、ダルビッシュ投手が帰宅しても家にいないことが多かった。

◆倹約家を気取っているけど、高級外車・地元でのマンションなど自分の欲しいものには派手にお金を使っていた。

こんなことが数多く語られているようです。


離婚協議の際、1000万円の慰謝料を要求したという話が広まって、彼女の評判が一気に悪くなりました。一旦こうしたイメージがつくと、あることないこと話が生まれて、そのイメージに合う話ばかりが広まっていきます。
関連記事:紗栄子は子供が4人!?DNAは!?コーヒーを!?インスタ炎上で削除!?

最終的に、慰謝料は請求せずに月に200万円の養育費で手を打ったとも言われています。
関連記事:紗栄子、次男がダウン症!?名前は塁!?体は!?本名、読み方は!?

ダルビッシュ投手は多くは語りませんでした。仕事で結果を残して、多くは語らない。日本人はこのような姿を好み、時に美化します。

果たして、紗栄子さんは「悪い女」なのでしょうか?

業界の方から評判が良いのも、全て計算なのでしょうか?


ダルビッシュ投手には何も非はないのでしょうか?

いずれにせよ、おふたりとも新しい人生で幸せになって欲しいですよね。

コメント