池上季実子の現在。ゲームで不正行為&愛車、着物エピソード。石原さとみと似てる?

類まれな美貌と色気でデビュー当初から人気を博した池上季実子(いけがみ きみこ)さん。

その言動が今でも話題となるのは変わらぬ人気の表れと言えるでしょう。

池上季実子の現在の活動

1974年にデビューしてから芸能界の第一線で活躍し続ける池上季実子(いけがみきみこ)さん。

1980年代から1990年代は出演したドラマのほぼ全てが主演。

また、1984年には日本アカデミー賞主演女優賞、1989年には日本アカデミー助演女優賞を受賞。


主演から助演まで幅広く演じられる人気と実力を兼ね備えた名女優として知られています。

池上季実子さんがこれほどまでの女優になれたのは本人の努力は当然のこと。

ただ、母方が代々続く梨園の家系で祖父には人間国宝の八代目 坂東三津五郎さんがいる事もきっと無関係ではないでしょう。

そもそも池上季実子さんが芸能界に入るきっかけとなったのが従兄である十代目 坂東三津五郎さん。

三津五郎さんが出演するドラマ撮影の見学に誘われNHKを訪れた時にスカウトされたそうです。

こう聞くと「コネ」のように思う人もいるかもしれません。

ですが池上季実子さんがスカウトされたのはコネではありません。

というのも当時はNHKの見学コースの一貫として撮影スタジオに入る事が出来たんだとか。

池上季実子さんはその見学者に交じって撮影を見学していた際にプロデューサーから声をかけられたそうです。

もちろんプロデューサーは池上季実子さんが坂東三津五郎さんと血縁関係にある事は知りませんでした。

こうして芸能界入りした池上季実子さんは1974年にNHKドラマ「まぼろしのペンフレンド」で女優デビュー。

同年のドラマ「純愛山河 愛と誠」でブレイクを果たすとその後も多くのドラマや映画に出演。

芸能活動45年目という節目の年を迎えた2019年には個人事務所を設立して独立。

大ベテランとなっても守りに入る事なく、常に新たな事に挑戦し続ける姿勢が話題となっています。

現在もドラマや映画、舞台など多忙な日々を送る池上季実子さん。

今後も演技派女優として様々な作品で印象的な演技を見せてくれることでしょう。

池上季実子がゲームでルール違反をしていた

かつて「笑っていいとも!」で話題となった「池上季実子ゲーム」。

このゲームは「お題として出された言葉を正確に言えるか」というもので要は早口言葉。

ある時、お題となった「赤巻紙、青巻紙、池上季実子」が印象深かった事から池上季実子ゲームというタイトルとなりました。

自身の名前がゲームの名前となった池上季実子さん。

実はスマホゲームの「Ingress」が趣味というゲーマーなんです。

Ingressとはスマホの位置情報を用いた陣取りゲーム。

2チームに分かれて各地に存在する「ポータル」を取り合い点数を競い合うというもの。

このIngressに相当のめりこんでいる池上季実子さん。

2018年には車でポータルがある地点まで移動しスマホを操作する姿を週刊誌で報じられています。

すると池上季実子さんのこの行動が「ルール違反」と指摘する声が。

もし池上さんが運転中にスマホを操作していれば非難されて当然。

ルール違反どころか交通法違反となります。

ですが池上季実子さんはちゃんと車を止めてからスマホを操作しています。

それなのになぜルール違反と言われるのでしょうか。

それはIngressというゲームが大いに関係していました。

Ingressが陣取り合戦というゲームの性質上、徒歩で行うという暗黙のルールが存在するそうです。

とはいえ車を使う事は禁止はされていません。

ですが車を使うとすぐに陣地を確保できてしまうためゲーム性が削がれてしまいます。

そのため車を使うプレイヤーは「カーグレス」と揶揄されてしまうんだとか。


池上季実子さんをそこまで熱中させるIngress。

きっとこの報道がきっかけでハマってしまったという人も多いのではないでしょうか。

池上季実子の愛車にまつわるエピソード

芸能人の愛車と言えば思い浮かぶのは高級車。

一流芸能人ともなれば高級車を複数台所有している事も少なくありません。

ご多分に漏れず池上季実子さんも高級車を愛車にしている一人。

初めて購入した愛車はトヨタの最高級セダン車として知られるセンチュリー。

田村正和さんの大ファンだったという池上季実子さん。

そのため田村正和さんが愛車にしていたセンチュリーを人生初の愛車にしたそうです。

ですがセンチュリーは車体が大きく取り扱いに苦労したそうで次に愛車にしたのは日産のシーマ。

その後は4台続けてジャガーを愛車にしています。

免許を取得する前に見かけたジャガーに一目惚れしたという池上季実子さん。

その時から「いつかはジャガーに乗りたい」と思い続けていたんだとか。

念願叶ってジャガーを愛車にした池上季実子さん。

それ以降、ジャガーに乗り続けているという事はよっぽど乗り心地が良いのでしょうね。

単なるステータスのためではなく、思い入れがあって高級車に乗り続ける池上季実子さん。

本当の車好きとは池上季実子さんのような人の事を言うのかもしれません。

着物の良さを伝える伝道師

日本の伝統的な衣装である着物。


多くの人にとっては成人式や結婚式など特別な時に着るもの、という印象が強いのではないでしょうか。

ですが生まれ育った環境もあり池上季実子さんにとって着物は身近な存在。

幼少期から祖父やその弟子達の着物姿を見てきたため自然と立ち振る舞いを身に着けたのか、仕事で着物を着るとその姿を褒められる事が多かったそうです。

いくら日本の伝統的な衣装と言っても着物を綺麗に着こなせる人は決して多くはありません。

そんな中で着物を見事に着こなす池上季実子さんは稀有な存在と言えるでしょう。

そのため日本各地で開催される着物のイベントやトークショーなど着物に纏わる仕事が多数。

今や着物の良さを伝える伝道師的な役割も果たしています。

自分にとっては着物が身近だったが故に、着物離れには寂しさを感じるという池上季実子さん。

今後、着物を身近に感じてもらうため、着物姿を見かける機会が増えるかも。

きっと池上季実子さんの美しさと着物の良さを改めて感じる人が多いことでしょう。

池上季実子と石原さとみが似てる?

「なりたい顔」や「声が好きな芸能人」など多くのランキングで1位を獲得する石原さとみさん。

デビュー当初はルックス重視の若手女優でしたが、最近では演技も高く評価されるように。

人気と実力を兼ね備えたトップ女優としてドラマや映画、CMに引っ張りだことなっています。

日本で最も多忙な女優の一人、と言っても過言ではないでしょう。

その石原さとみさんと若いころの池上季実子さんがソックリと噂になっている事をご存じでしょうか。

ソックリという声だけでなく、中には姉妹と間違える声も。

きっと石原さとみさんがこのまま年を重ねると池上季実子さんのような素敵な女性になるのでしょうね。

過去に共演歴はない池上季実子さんと石原さとみさん。


ソックリと言われる二人が親子役で共演すれば大きな話題になる事は間違いありません。

ひょっとすると令和史上で最高の大ヒット作になるかも。

いつの日か二人の共演が実現する事を願わずにはいられません。

コメント