丸山元気が結婚。磯道はるかが彼女になった馴れ初め。藤田菜七子との意外な関係&落馬負傷で転機

丸山 元気(まるやま げんき)さんはイケメンや思いっ切りが良い騎乗で注目をされています。

私生活ではタレントの女性と結婚し、仕事でも藤田菜七子さんとの関係が話題になりました。

今回は丸山元気さんの結婚や彼女との馴れ初め、競馬に関する情報もチェックしていきます。

丸山元気が磯道はるかと結婚!

まずは丸山元気さんと結婚をした磯道はるかさんや馴れ初めについて見て行きます。


ふたりが結婚したのは令和1年11月11日という1が5つ並んだ日であり、奥さんとなった磯道はるかさんの誕生日の翌日でもあるので印象深い結婚記念日になりました。

結婚の報告は丸山元気さんからではなく、磯道はるかさんの公式ブログで行われています。

ふたりの馴れ初めが気になるところですが、磯道はるかさんはJRA公式サイト内にある情報コーナーの「タートピッ!(ターフ&トピックス)」でキャスターをしていました。

2017年から2018年末まで美浦トレーニングセンター(茨城県)の取材を担当していたので、仕事を通じて知り合って交際に発展したと考えるのが自然かもしれませんね。

丸山元気さんは関東でも有数のイケメンジョッキーとして知られている存在なので、突然の結婚報告にショックを受けた女性ファンも少なからず居たと言われています。

騎手は危険と隣り合わせの仕事なので心配は尽きないところですが、磯道はるかさんはメンタルトレーナー2級の資格を持っているそうなので精神面のケアも期待したいところです。

ちなみに、2020年8月現在で妊娠や出産といった報告はされていませんでした。

藤田菜七子が尊敬する騎手は丸山元気?

次は今や競馬界のスターにまで成長した藤田菜七子さんとの関係を見て行きましょう。

このふたりは恋愛関係だった・・というワケではなく、同じ根本康広厩舎に所属する騎手で丸山元気さんからすると弟弟子(妹弟子?)にあたる先輩・後輩の関係でした。

丸山元気さんの勝利数イベントでは藤田菜七子さんがプラカードを持つサービスをしています。

藤田菜七子さんが憧れる先輩は2人いるのですが、ひとりはニュージーランドで活躍している女性騎手のリサ・オールプレスさん、もうひとりは厩舎の先輩でもある丸山元気さんでした。

最近話題の女性騎手といえばフランスのミカエル・ミシェル騎手ですが、年も近く日本で騎乗する可能性もあるので憧れよりもライバルと言った方が適切かも知れません。

また、両外国人騎手と藤田菜七子さんはイベントでスリーショットを披露しています。

一方、丸山元気さんの”どの部分”に憧れているかが気になりますが、デビュー直後から同じ厩舎の先輩として生活面や騎乗面の指導を受けたことが大きいと言われていました。

丸山元気さんはデビュー2年目の2010年に92勝を挙げる活躍をしているので、駆け出しだった藤田菜七子さんからすると一挙手一投足が勉強になる貴重な存在と言えるでしょう。


ちなみに、丸山元気さんは藤田菜七子さんを何度か食事に誘ったものの全部断られたそうです。

丸山元気は落馬負傷でさらに成長した

ここでは過去の落馬事故によって丸山元気さんが成長した話を見て行きます。

転機となったのは2012年4月6日の福島競馬(第5レース)での落馬事故ですが、落馬や怪我の内容では無く負傷によって翌日の「第73回 桜花賞」に乗れなくなったことでした。

実はアユサン号の主戦騎手として桜花賞に騎乗する予定でしたが、直前の負傷によって来日していたクリスチャン・デムーロ騎手(ミルコ・デムーロの弟)に乗り替わっています。

騎乗予定だったアユサン号が桜花賞を勝利し、デムーロ騎手は日本の初G1勝利を挙げました。

その当時は「もしも乗れていたら・・」と後ろ向きに考えたこともあったそうですが、今では視野を広く持って不注意による落馬事故をしない技術を身に付けようと励んでいます。


未だにG1を勝っていないので未練を感じてしまうのが普通ではありますが、丸山元気さんは前を向いて1つ1つのレースを丁寧に騎乗をするという精神的なタフさを身に付けました。

この落馬負傷が「災い転じて福となす」になると信じつつ、今回の締めとさせていただきます。

ミルコデムーロが美人妻と離婚。娘、家族とは今。再婚の噂&最近の不振から拠点を変えた?

北村宏司の現在。成績が低迷&落馬の怪我から復帰。イケメンと言われる理由、北村友一との親戚疑惑

田辺裕信が結婚。嫁や子供など家族についって。上手い騎乗&騎手成績が同期一番?

コメント