鳥越俊太郎の近況、病院より先にがん予見?免疫力アップの食事&漢方薬と抗がん剤を併用

大人の魅力と知性を兼ね備えるジャーナリストの鳥越俊太郎(とりごえしゅんたろう)さん。

どんな大物に対しても忖度しないジャーナリスト精神は見事の一言に尽きます。

鳥越俊太郎の気になる近況

ジャーナリストとして日本でも有数の知名度を誇る鳥越俊太郎さん。

鳥越俊太郎さんの職業を尋ねられれば多くの人々がジャーナリストと答えるでしょう。

ですが、鳥越俊太郎さんはジャーナリストと呼ばれる事が好きではないんだとか。

そのため名刺に書かれた肩書は「ニュースの職人」。


「ニュースを作る現場に居続ける職人でいたい」という思いからニュースの職人を肩書にしているそうです。

この肩書に恥じる事なく常にニュースに関わってきた鳥越俊太郎さん。

京都大学卒業後、入社したのは毎日新聞。

その後、サンデー毎日に移動すると1988年には編集長に就任。

編集長だった当時、それまでは不文律と言われた政治家の女性スキャンダルを掲載。

しかもスキャンダルが発覚した政治家は首相の宇野宗佑さん。

その結果、同年に行われた参院選で自民党は大敗し内閣は退陣に追い込まれています。

時の首相であろうと忖度しない鳥越俊太郎さん。

この時からニュースの職人としてのプライドを持ち仕事に取り組んでいたのでしょう。

そして1989年8月に毎日新聞を退社し、同年10月からテレビ朝日系列「ザ・スクープ」のキャスターに。

こうして世間に顔と名前を知られるようになった鳥越俊太郎さん。

分かりやすく筋の通った的確なコメントが大好評。

その後も「サンデージャングル」や「スーパーモーニング」など数々の番組でキャスターを務めています。

そんな鳥越俊太郎さんは2005年に直腸癌である事を公表。

3日後に手術を受けその後、復帰するも2007年に肺への転移が発覚。

そして1月に左肺、8月に右肺の一部を摘出する手術を受けています。

すると2009年には癌が肝臓に転移。

またしても手術を受ける事になるもその後は無事に復帰する事が出来ています。

このように4年間で3度の癌と4度の手術を経験した鳥越俊太郎さん。

再び癌が転移していないか非常に近況が気になるところですよね。

ですが2009年以降、鳥越俊太郎さんに癌が見つかったという情報はありません。

今でも週に3度ジムに通うなど体調は全く問題ないようです。

また、癌を克服した事で仕事量は増加。

テレビやラジオの他、講演等で日本各地を飛び回るなど多忙な日々を過ごしているようです。

また、自ら「ライフワーク」と語るYouTubeチャンネルを開設。

鳥越俊太郎さんだから実現出来た様々な著名人との対談が話題となっています。

同世代だけでなく癌と闘う人々の希望でもある鳥越俊太郎さん。

きっとその活躍を見て元気づけられている人々は多い事でしょうね。

鳥越俊太郎は病院に行く前からがんを確信?

2005年に直腸癌が発覚した鳥越俊太郎さん。

下痢や便秘が続き体調不良を感じていたものの当初は楽観的。

ですが、赤黒く染まった便が2、3回出た事から人間ドッグへ。

人間ドッグで異常が見つかった事からすぐに精密検査を受診。

そして内視鏡で検査した際に悪性の腫瘍が見つかり、癌と発覚しています。

昔に比べると完治する事も増えた癌。

ただ、いざ自分が告知されると取り乱してしまう人も少なくないはず。

ところが鳥越俊太郎さんは冷静そのもの。

というのも実は検査を受ける前に癌である事を予見していたんです。

鳥越俊太郎さんは検査の前にディレクターにカメラを持ってくるように連絡。

そして癌を告知された直後から治療の経緯を記録として残していたんだとか。

自分の癌まで記録するなんてさすがは「ニュースの職人」。

鳥越俊太郎さんの「生涯をニュースに捧げる」という強い思いが伝わってきますよね。

幸いにも鳥越俊太郎さんの手術を担当したのは大腸癌腹腔鏡下手術の権威と言われる医師。

手術経験も日本トップクラスという事もあって手術は無事に終了。

そして鳥越俊太郎さんはその後も定期的に検診を受診。


その後の癌が早期に発見出来たのも定期健診のおかげだったそうです。

きっと鳥越俊太郎さんはこれまでに癌に関するニュースにも数多く携わってきたはず。

そこで培った知識が鳥越俊太郎さんの命を救う事になったと言えるのかもしれませんね。

鳥越俊太郎が勧める免疫力を上げる食事とは

2度に渡る癌の転移を経験している鳥越俊太郎さん。

これ以上、転移しないように気を付けているのが「免疫力」。

人の体内で毎日、数百から数千個も発生していると言われる癌細胞。

免疫力が高いうちは増殖や転移は抑えられものの、低下すると増殖して癌になってしまうんだとか。

そのため鳥越俊太郎さんは免疫力向上に努めているんです。

鳥越俊太郎さんが免疫力を高めるために最も気を付けているのが食事。

食事は朝と夜の一日二食。

朝食はヨーグルトにバナナと蜂蜜を入れたもの。

それに小さなクロワッサンとコーヒーか紅茶が定番。

夜ご飯は様々のようですが、心掛けているのは腹八分目と低カロリー。

炭水化物を控え、野菜と肉、魚を中心に食べているそうです。

付き合いで昼食を食べた時は夜ご飯の量を減らす等、体調管理を徹底。

お酒も辞めてノンアルコールビールを飲むようになったんだとか。

食事の他にも十分な睡眠と適度な運動を心掛けているという鳥越俊太郎さん。


ここまで徹底していれば免疫力が向上するもの当然かもしれません。

ただ、頭で分かっていても継続できる人は決して多くない事でしょう。

鳥越俊太郎は抗がん剤と漢方薬を併用していた

手術で腫瘍を取り除いただけでは終わらない癌治療。

術後は抗がん剤による治療を続ける事も少なくありません。

鳥越俊太郎さんも術後は抗がん剤を服用。

それに加えて漢方薬も飲んでいたそうです。

ただ、鳥越俊太郎さんが服用していた漢方薬は市販の物ではありません。

30年近く体を診てもらっている東洋医学の医師が処方した特別な漢方薬のようです。

特別な漢方薬という事で価格も月に10万円とかなり高額。

抗がん剤も毎月10万円かかっていたそうなので、手術後も毎月20万円も癌治療に費やしていた事になります。

直接的な治癒だけでなく免疫力向上にも効果があるという漢方薬。

そのためか再発した癌の進行はかなり緩やかだったそうです。

抗がん剤と漢方薬のどちらが効果的だったのか分からないと語る鳥越俊太郎さん。


ですが、どちらが欠けても今の鳥越俊太郎さんは無かったかもしれません。

西洋医学に比べると懐疑的な見方をされる事も少なくない東洋医学。

ですが、鳥越俊太郎さんを見る限りはその効果は信頼し得るもののように思えます。

鳥越俊太郎、家系図で虚偽騒動。娘・妻・息子について。孫はクールに溺愛

鳥越俊太郎の学歴。京都大学学歴詐称の噂なぜ。経歴と都知事選の政策について

コメント