荒木大輔の現在。妻や子供、家族について。松坂大輔&斎藤佑樹との関係

荒木 大輔(あらき だいすけ)さんは甲子園や球界を沸かせたアイドル投手の先駆けでした。

その影響はとても大きかったらしく、平成の怪物と呼ばれたあの投手にも及んだそうです。

今回は荒木大輔さんの家族や現在、松坂大輔さんや斎藤佑樹さんとの関係を見て行きます。

荒木大輔の妻は元モデルの相田寿美緒

まずは荒木大輔さんと結ばれた嫁さんについて見て行くことにしましょう。


甲子園での準優勝という活躍やアイドル顔負けのルックスで人気を集め、当時の過熱ぶりは「大ちゃんフィーバー」と呼ばれるほど凄かったのは今でも伝説になっています。

そんな荒木大輔さんもプロ野球では怪我との闘いが続き、1988年シーズン中には右ヒジを痛めて靭帯(じんたい)の再建手術を行い、再手術を含めて長期のリハビリ生活を送りました。

その時に知り合ったのがモデルや女優をしていた相田 寿美緒(あいだ すみお)さんでした。

詳しい馴れ初めについては明らかになっていませんでしたが、ほとんど野球を知らなかった寿美緒さんの存在はとても新鮮で無用なプレッシャーを感じさせなかったそうです。

また、荒木大輔さんが怪我から復帰しても必要以上に関わらなかったそうで、試合の勝ち負けや投球内容に触れないことも自宅でのリフレッシュに繋がったのかも知れませんね。

そしてふたりは1993年のオフシーズンに結婚し、ワイドショーなどでも大きく扱われました。

美男美女のカップルに世間は沸きましたが、昔からの女性ファンは複雑だったかも知れません。

アスリートを支える妻の形はそれぞれありますが、寿美緒さんのように野球の知識が無かったり必要以上に干渉しないスタイルが荒木大輔さんにマッチしたのは間違いないでしょう。

荒木大輔の子供は?

次は荒木大輔さんが寿美緒さんとの間に授かった子供について見て行きます。

ふたりの間には娘さんがひとり居ると言われていますが、名前や顔写真どころか生年月日なども明らかにされていないなど子供のプライバシーは守られていました。

ネット上には父親と同じ「早稲田実業」に通っているという噂もありましたが、公表されていないことですし「荒木」という名字も珍しくないので何とも言えません。

ただ、ビジュアルやスタイルも抜群だった両親の子供なので美人の可能性が高いでしょう。

もしかすると、近い将来”荒木大輔の娘が芸能界デビュー”なんてことがあるかも知れませんね。

荒木大輔は松坂大輔の名付け親?

次は荒木大輔さんと松坂大輔さんの不思議な縁について見て行きましょう。

名付け親は少し言い過ぎましたが、松坂大輔さんの「大輔」は荒木大輔さんの大輔でした。

これは松坂大輔さんの母親が甲子園での荒木大輔さんの活躍に感動して命名したそうです。

それから18年後に松坂大輔さんも甲子園での活躍による「大輔フィーバー」を起こしたのは不思議な縁ですし、母親も実の子が憧れの人に続いたと喜んだことでしょうね。


しかし、松坂大輔さんの憧れの投手が桑田真澄さんというのは時代の流れを感じさせますね。

現在の荒木大輔は監督として斎藤佑樹を指導

最後に荒木大輔さんの現在と斎藤佑樹さんとの関わりについて見て行きます。

ふたりが同じ「早稲田実業高校」の野球部だったのは有名な話で、斎藤佑樹さんも憧れの選手として荒木大輔さんの名前を挙げるなど注目される関係でした。

お互いにクールなタイプでビジュアルも良いなど高校以外にも共通点がありますが、甲子園で優勝した斎藤佑樹さんの方が経歴としては少しだけ勝っているかも知れませんね。

荒木大輔さんは先輩や解説者として斎藤佑樹さんに取材やアドバイスをしていましたが、現在は日本ハムの二軍監督に就任したことで先輩後輩から師弟関係に発展していました。

2019年のシーズンオフには斎藤佑樹さんが”戦力外通告されるのでは?”との噂が流れて騒動になりましたが、残留(現役続行)を決めたのは荒木大輔さんの存在が大きかったそうです。


親身になって指導やサポートをしてくれる先輩に対して後輩である斎藤佑樹さんが出来る恩返しは投手として独り立ちし、一軍のマウンドで活躍すること以外はありません。

そんなふたりの二人三脚を見守りつつ、今回はこれをもって締めとさせて頂きます。

池山隆寛の息子がボクシング?妻のゆりかは元モデル&韓国人という噂と現在の活動

伊藤智仁は伝説の天才!怪我の原因はスライダー?篠塚和典や古田敦也が凄さを振り返る

三木肇(楽天監督)が有能と言われる理由なぜ?選手経歴は地味&性格や結婚について

コメント