加藤紘一の死因。加藤の乱と華麗な経歴。阿部寿一、佐々淳行との因縁。秘書の逮捕

何度も首相候補に名前が挙がるも首相になる事がなかった加藤紘一(かとうこういち)さん。

もし首相となっていたら今の日本はどうなっていたのか。

きっと気になる人も多いのではないでしょうか。

加藤紘一の死因とは

かつて「政界のプリンス」、「最も総理に近い」と言われた加藤紘一さん。

当選同期の小泉純一郎さん、山崎拓さんと「YKK」と呼ばれたのはあまりにも有名。

多くの首相や閣僚を輩出するなど自民党を掌握していた当時の竹下派に対抗するために結成されたYKK。


発足するきっかけを作り、名付け親となったのが加藤紘一さんでした。

少しでも良いポストに就くために「長い物には巻かれろ」と考える人が多い政界。

そんな中で少数精鋭で党内の最大勢力に立ち向かったYKK。

新たな政治を予感させるこの活躍により政界はもちろん、国民からも注目を集める存在となりました。

そしてYKKを主導した加藤紘一さんは政界の中心人物の一人として政治手腕を発揮。

官房長官や防衛庁長官、自民党幹事長など要職を歴任し、党内だけでなく野党からも一目置かれるように。

この頃は総理候補として名前が挙がるだけの政治家だった事は間違いありません。

ですが、「加藤の乱」を起こした事で没落。

それ以降は要職に就く事もなく存在感も徐々に低下。

国民に圧倒的な人気を誇った小泉純一郎さんとの対照的な立場が話題となる事も少なくありませんでした。

ですが自分の身を顧みずに巨大な勢力に立ち向かう事は誰にでも出来る事ではないですよね。

その姿は今も多くの人々の印象に残っている事でしょう。

全盛期に比べると影響力の低下は否めない加藤紘一さん

とはいえ政界の中には慕い、頼りにする人も少なくありません。

それは政治家という立場を失ってからも変わらず。

選挙に落選後も元首相の村山富市さんらと中国を訪問し中日友好協会の会長と会談。

帰国後には当時の首相、安倍晋三さんに会談の様子を報告。

時の首相が報告を受けるために時間を割くなんてよっぽどの事。

議員でなくとも加藤紘一さんは重用すべき人物であるという何よりの証拠と言えるでしょう。

ですが多忙過ぎた事から晩年は体調を崩しがちに。

そして2014年にミャンマー訪問中に倒れるとタイの病院に入院。

帰国後は都内の病院で治療を続けていましたが、2016年9月9日に肺炎のため亡くなってしまいます。

加藤紘一さんの葬儀には与野党の大物議員や駐日中国大使が参列。

「巨星落つ」とはまさにこの事。

これまでに数多の国会議員が誕生していますが人々の印象に残る政治家は極わずか。

加藤紘一さんがこの極わずかの政治家の一人である事は間違いありません。

加藤の乱とはどんな出来事だった?

加藤紘一さんを語るうえで欠かせない「加藤の乱」。

今となってはその名前を聞いた事はあっても詳細は知らない、という人も多いのではないでしょうか。

多くの政治家の人生を変え、政治の転換点ともなった加藤の乱。

一体どんな出来事だったのか振り返ってみたいと思います。

加藤の乱が起きたのは2000年11月のこと。

当時の首相、森喜朗さんは失言の多さと政治手腕への批判から支持率が8%にまで低下。

そして不支持は驚異の82%。

多くの国民が森内閣の終了を望んでいると考えた野党は森内閣の不信任決議案を提出。

野党の不信任決議案に賛同するかのように与党の加藤紘一さんも「賛成か欠席」と宣言。

これに盟友の山崎拓さんも賛同して始まった倒閣運動が「加藤の乱」の実態です。

この時、自民党の議席は過半数より31議席多い272議席。

加藤派と山崎派の計64人が賛成票を投じれば不信任案は可決されるという状況でした。

これに待ったをかけたのが自民党幹事長だった野中広務さんを始めとする執行部。

万が一、野党の不信任決議案に賛成した場合は自民党を除名すると断言。

加藤紘一さんのように名の知れた議員であれば自民党を除名されても選挙戦を戦う事が出来たでしょう。

ですが、加藤の乱の賛同者全員がそうかと言えば、そのような事はありません。

場合によっては賛同者を路頭に迷わせる事になってしまいます。

それでも自分だけでも賛成票を投じようとする加藤紘一さん。

ですが、谷垣禎一さんや小里貞利さんの説得を受けて賛成ではなく欠席する事に。

こうして野党による森内閣の不信任決議は否決されるも森内閣の終焉を速めたのは間違いありません。

そして森喜朗さんの次に首相になったのが小泉純一郎さん。

かつてはYKKとして共に切磋琢磨した3名。

ですが、1人は総理大臣となり2人は党内での影響力と求心力が低下することに。

このように政治の転換点でもある「加藤の乱」は何とも皮肉な出来事だったんです。

加藤紘一と阿部寿一の間に生まれた因縁が話題に

1972年から13期に渡って議員を務めてきた加藤紘一さん。

その間、一時的に議員を辞職していた時期がありましたが選挙では負けなしでした。

自ら政界からの引退を発表するまで議席を守り続けると誰もが思っていたはず。

ところが2012年の衆議院議員総選挙で事件が。

自民党の執行部と選挙区である山形県連が公認したのは加藤紘一さん。

ところがこの決定に参議院議員の岸宏一さんが反発し、酒田市長を務めた阿部寿一さんの支援を公言。

こうして自民党が支援する候補者が2人出馬するという分裂選挙に。

若くてパワフルで13年に渡って市長を務めたという実績を持つ阿部寿一さん。

一方の加藤紘一さんは体調を崩し、選挙活動をまともに行う事が出来ず。

2人の政治家としての実績は比較になりません。

ですが地元としては体調が心配される人を国政に送り出す事は出来ません。

その事もあり接戦を制して当選を果たしたのは阿部寿一さん。


議席を失った加藤紘一さんはその後、選挙に出馬する事なく政界から静かに身を引く事となりました。

ですが二人の因縁はこれで終わりではありませんでした。

二人の因縁が再び注目を集めたのは2年後の2014年。

この年に実施された衆議院議員総選挙に加藤紘一さんの娘、加藤鮎子さんが出馬。

もちろん現職の阿部寿一さんもこの選挙に立候補。

親子二代に渡る因縁により地元だけでなく日本中が注目したこの戦い。

熾烈な争いを制したのは加藤鮎子さんでした。

それから3年後の2017年に実施された衆議院議員選挙も当選を果たしたのは加藤鮎子さん。

親の無念を子が晴らすなんて日本人が好みそうなストーリー。

今後の選挙戦もきっと大きな注目を集める事でしょう。

佐々淳行が加藤紘一を酷評

東京大学を経て警視庁に入ったという超エリート佐々淳行さん。

東大安田講堂事件やあさま山荘事件など歴史に残る大事件で指揮を執ったのはあまりにも有名。

危機管理評論家としてメディアにも多数出演。

きっと誰もが一度はその顔を見た事があるでしょう。

1977年には防衛庁に出向し防衛庁長官官房防衛審議官に就任。

その後、内閣安全保障室長を務めた事もあって多くの政治家を目にしてきました。

自らの経験と知見をもとに「私を通りすぎた政治家たち」という著書を出版。

佐々淳行さんだから書けた忌憚なき辛辣な人物評が大きな話題となりました。

この著書で酷評された一人が加藤紘一さん。

また、別のインタビューで答えた政治家ワースト5の第4位でもその名を挙げられています。

佐々淳行さん曰く、公私の区別を付けられない政治家。

夜の宴会に行くのも大臣の公用車でゴルフコースにSPを連れていく事もあったんだとか。

その事を咎めると憤慨した事もあったそうです。

また、防衛庁長官時代には国防よりも気にしていたのが地元である山形のお米の問題。

登庁して最初為替レートを気にしてドル買い、ドル預金をしていた事もあったようです

国防のトップとあろうものが外貨であるドルを買い漁るなんて。

何とも形容しがたい思いがしてしまいます。

そんな加藤紘一さんを「ポリティシャン(政治屋)」と評した佐々淳行さん。

ひょっとすると現役の政治家にも耳が痛い思いをしている人も少なくないかもしれません。

加藤紘一の輝かしすぎる経歴

1939年に加藤精三さんの五男として誕生した加藤紘一さん。

加藤精三さんは東京帝国大学法学部を経て内務省に入省。

その後、鶴岡市長を2期、衆議院議員を5期務めた政治家。

さらに祖父の加藤幹雄さんは帝国大学の法科を首席で卒業した弁護士でした。

加藤紘一さんも祖父や父と同じく東京大学に進学。

そして1964年に外務省に入省した後も台湾大学、ハーバード大学に留学するなど勤勉そのもの。

そんな姿勢が評価されて香港副領事やアジア局中国課次席事務官などの要職を歴任。

おそらく加藤紘一さんは外務省のトップに上り詰める青写真を描いていた事でしょう。

ところが1965年に父である加藤精三さんが死去。

そして父の支援者に背中を押された事で1971年5月に国政への進出を決意。

その翌年に開かれた衆議院議員総選挙で見事当選を果たしています。

すると1978年には当選2期目という若手ながら官房副長官に大抜擢。


この抜擢が大きな話題となり「政界のプリンス」として一躍脚光を浴びた加藤紘一さん。

1984年には防衛庁長官として初入閣。

その後も官房長官や政調会長、幹事長等、多くの政治家が憧れる役職に次々と就任。

この頃には「将来の首相候補」として名前が挙げられる事も増えていました。

そのまま充当に行けば首相も夢ではなかったはず。

ところが「加藤の乱」を起こした事で首相へのレールを外されてしまう事に。

もし加藤紘一さんが首相の座に固執するような政治家であれば党内の問題に目を瞑っていたはず。

ですが、政治家としての信念がそれを許さず。

結果的に倒閣は失敗に終わりましたが、政治家としての信念を貫いた満足感はあったのではないでしょうか。

2002年には秘書が起こした問題の責任を取り自民党を離党して議員も辞職。

それでも無所属で出馬した翌年の選挙では見事当選し自民党に復党を果たしています。

他の議員であれば復党はおろか当選する事も出来なかったはず。

それまでの実績と人柄が有権者や自民党議員に高く評価されているから成し遂げられたのでしょう。

政治家を引退後も多くの人々に頼られる数少ない政治家だった加藤紘一さん。

その遺志を継ぐ政治家が日本のために尽力してくれる事を願うばかりです。

加藤紘一は秘書が逮捕された

前述の通り2002年に議員を辞職している加藤紘一さん。

その原因となったのが秘書であり事務所代表でもあった佐藤三郎さんの逮捕劇でした。

逮捕の容疑は所得隠しと脱税。

2億8000万円もの所得を隠し、約1億円を脱税していたんです。

もちろん加藤紘一さんは秘書個人の問題として自身の関与は否定。

それでも議員を辞職したのはそのような人物を秘書、事務所代表とした事のケジメだったのかもしれません。

今も昔も政治とは切っても切れない「お金」。

お金が原因で辞職する議員は少なくありませんよね。

ただ、辞職した議員の多くは議員自身が起こした問題によるもの。


秘書が起こした問題で辞職した議員は決して多くはないはず。

きっと加藤紘一さんが多くの支持を集めたのはこの「漢気」も理由の1つ。

首相候補として名前が挙がるのも納得ですよね。

山崎拓は片目を失明。事務所の今、二度の落選。過去に派閥を創設?石破茂推し&麻生太郎と敵対

加藤紘一に息子は?娘三人の現在。凄すぎる家系図&高校ではノーベル受賞者と同級生

コメント