石谷春貴の兄弟、トロンボーンが吹ける?延岡高校時代の事故手術&好きなタイプ

声優の石谷 春貴(いしや はるき)さんといえば、アニメ「ヒプノシスマイク」の山田二郎役や、アニメ「響け!ユーフォニアム」の塚本秀一役をつとめた今話題の声優さんです。

今回はそんな石谷さんの兄弟事情や出身高校、好きな女性のタイプを調査しました。

他にも、高校在学中に起きた事故と手術、そしてトロンボーンに挑戦された話題についても迫ります。

石谷春貴のプロフィール

生年月日:1992年1月14日

出身地:宮崎県延岡市

身長:171cm

血液型:A型

石谷春貴は4人兄弟の長男

石谷さんは4人兄弟の長男でいらっしゃいます。

少子化が深刻な現代において、4人兄弟というのはなかなか珍しいのではないでしょうか。


そんな4人兄弟はたびたび石谷さんのTwitterに登場してきます。

弟さんと家に招いて料理を振る舞うだなんて、兄弟仲の良さがうかがえますね。

また、4人兄弟にまつわるエピソードにはこんなものもあります。

ここまで言われると顔が気になるところですが、残念なことに弟さん方は一般の方のため写真は公開されていません。

似ていないとはいいつつも、やはりお兄さんである石谷さんのように目鼻立ちのしっかりしたイケメン揃いなのではないでしょうか。

トロンボーンに挑戦

石谷さんの代表作には、アニメ「響け! ユーフォニアム」の塚本秀一役があります。

そして作中で塚本秀一が担当していた楽器が”トロンボーン”です。

これがきっかけで、声優をつとめた石谷さんが”秀一を目指してトロンボーン演奏に挑戦するという企画”、題して「秀一が週一トロンボーンを練習してみた」という動画をニコニコ動画にアップされているのです。

この企画は全17回にわたる人気長期企画となり、最終回まで見た時にはその成長ぶりに感動すること間違いなしです。

また、この企画の終了後も石谷さんは趣味としてトロンボーンを演奏されているようですよ。

やはり声優さんは肺活量なども普通の方よりも多いでしょうし、こういった楽器は得意なのかもしれませんね。

出身高校は延岡高校

石谷さんの出身高校は、地元宮崎県延岡市の「延岡高校」です。

高校生の時に石谷さんは陸上部に所属されており、大会記録も残っていることからこの情報は有力といえるでしょう。

高校卒業後は地元宮崎県ではなく、群馬の大学に進学されたそうです。

また、大学在学中から東京のプロ・フィット声優養成所に通っていらっしゃいました。

そのため、大学生の時は様々なバイトを掛け持ちしながら、養成所の授業料や東京までの交通費を稼いでいらっしゃったそうです。

数多くの試練に乗り越えての今があるということですね。

石谷春貴の好きなタイプは?

石谷さんの好きなタイプは「好きになった人がタイプ」と明かしています。

石谷さんの真っ直ぐで誠実な人柄からも、なんとなくこの回答は頷けるのではないでしょうか。

しかし、2021年現在の時点で、好きなタイプや女性についての明言が少なく、有力な情報を手に入れることはできませんでした。


しかしながら、石谷さんは4人兄弟の長男であることからも、面倒見のいい男性であることがうかがえます。

そのため、やはり好きな女性のタイプは年下なのではないでしょうか。

また、石谷さんは普段から料理を作られているようですよ。

石谷さんとお付き合いしたら、毎日手料理を振る舞ってくれる幸せな日々が待っているかもしれませんね。

陸上競技中の事故、そして手術

石谷さんは高校2年生まで陸上部に所属しており、数多くの大会に出場されていました。

しかし、高校2年生の時の大会で故障したことをきっかけに陸上は引退されたそうです。

その大会は優勝すれば九州大会にすすめるチャンスがかかっていっていたため、気合の入る大会だったそうです。

リレーのアンカーとして出場しましたが、レースのゴール直前に転倒してしまい、気づいた時には左肘が複雑骨折していたとのことでした。

救急車で運ばれ、主治医には「陸上復帰は難しいし、リハビリも大変」と言われるほどの骨折だったそうです。

入院中は日にちの感覚も忘れるほど落ち込んでいたそうですが、そんな時にたまたまアニメ「クレヨンしんちゃん」を見て、野原ひろし役を演じられていた藤原啓治さんに憧れ、声優を目指すきっかけとなったそうです。


皮肉にも、その怪我があったからこそ、今の声優としての石谷さんがいらっしゃるということですね。

着実に声優としてのキャリアを積んでいる石谷さん、これからも彼の活躍から目が離せません。

天﨑滉平の匂わせ彼女&デート目撃情報の真相。ハーフ説・家族のパンツとは

木島隆一、結婚してる&嫁がいる説。ミツキ役&鬼滅の刃に出演。インスタもチェック

コメント

  1. iroirotosugoi

  2. kawae