吉永小百合の若さ、綺麗の秘密。化粧品とスキンケア用品、洗顔の方法について

『朝を呼ぶ口笛』(1959年)で映画デビュー以来、長きにわたって映画界で活躍してきた吉永小百合(よしなが さゆり)さん。

2021年で76歳になりますが、いつまでも健康的で若々しいですね。

今回は吉永さんがいつまでも若いのはなぜか、綺麗の秘密、化粧品について、スキンケアと洗顔の方法に迫ります。

吉永小百合のプロフィール


本名:岡田小百合

生年月日:1945年3月13日

身長:155cm

出身地:東京都渋谷区代々木西原

最終学歴:早稲田大学第二文学部西洋史学専修(現在の文学部西洋史コース)

吉永小百合は若い!

吉永さんはなぜ、いくつになっても若さを失わないのでしょう。

おしとやかなイメージのある吉永さんですが、実際はバイタリティーに溢れ、気力体力が備わった女性です。

彼女の出身大学である早稲田大学の女子学生を形容する際、しばしば「わせ女(わせじょ)」という言葉が使われます。

「バンカラ」や「アクティブ」な女子を意味する言葉で、吉永さんは代表的な「わせ女」だそうです。

学業と芸能活動を両立し、水泳やスキーなどのスポーツも万能。

若い頃から運動に励み、健康に気を遣いながら、身体を鍛えてきたのです。

とくに水泳には、年齢を重ねてからも励み続けました。

身体の余分な脂肪を削ぎ落した結果、若さをキープできているのでしょう。

ただし、美しさの秘密はそれだけではないはず。

以下から、彼女の「綺麗の秘密」を見ていきましょう。

吉永小百合、綺麗の秘密

デビュー以来、いつまでも変わらず綺麗な吉永さん。

2020年には芸歴40年の中井貴一さんが、「綺麗だと思う女優」として吉永さんの名前を挙げるほどでした。

吉永さんの美しさは、「自然な美しさ」といえます。

年齢を重ねると、どうしても化粧が濃くなってしまいがちですが、吉永さんはナチュラルメイクを貫いてきました。

普段は自身でメイクすることが多いようで、「自然なメイク」へのこだわりがうかがえます。

ただし口紅やチークは薄いものの、アイメイクはしっかりと上下にラインを引くことで引き締まった印象を演出。

結果的に、加齢によって下がり気味な目元が、きりりと上がって美しい印象になっているのでしょう。

吉永さんは自分なりに工夫しながら、くどすぎない美しさを追及し続けてきたのでしょう。

吉永小百合の化粧品は?

吉永さんはどんな化粧品を愛用しているのでしょう。

若い頃から愛用しているのが、「ゲラン」のスキンケア化粧品でした。

【ゲラン】 オーキデ アンぺリアル ザ マスク 75ml

楽天でくわしく見る

アマゾンでくわしく見る

Yahoo!ショッピングでくわしく見る

またファンデーションは、「江原道」のものを使用しているそうです。

江原道 アクアファンデーション 30mL

楽天でくわしく見る

アマゾンでくわしく見る

Yahoo!ショッピングでくわしく見る

いずれも多くの芸能人が愛用している化粧品。

しかし吉永さんの場合、一流芸能人の中でもとくに若々しく美しいため、単に高級な化粧品に頼っているだけではなさそうです。

普段からメイクに加え、最適なスキンケアを行っているのでしょう。

スキンケア方法と美顔マッサージ

吉永さんは化粧を落とす際、「北原石鹸」を使用しています。

また同社が行っている、美顔マッサージを受けているとのこと。

バイブトリートメントやエアートリートメントを施してもらい、美顔を保っているのでしょう。

ただ北原石鹸のマッサージは、自宅でも実践できるため、吉永さんは自身でも取り組んでいるのかもしれません。


詳しいやり方は、書籍『冷水洗顔&簡単マッサージでOK! 北原式 一生美肌メソッド』にまとめられているようです。

人によって最適なやり方は異なるものの、美肌に悩む人はぜひ美顔マッサージのやり方を調べてみると良いでしょう。

また北原石鹸では、無料のスキンケア体験を実施しているため、体験してみるのもおすすめです。

吉永さんのような美しい肌を手に入れるためには、日々のスキンケアが不可欠だと改めて分かりましたね。

洗顔の方法

吉永さんはかつて「徹子の部屋」に出演した際、自身の洗顔方法を明かしました。

ネット上には、実際に「吉永さんのやり方を実践してみた」という声が、多数見られます。

彼女の洗顔方法はまず、メイクオフの後に、洗面器へ溜めたぬるま湯へ顔をつけるそうです。

ぬるま湯の中で鼻と口から、ぶくぶくと空気を何度か吐きます。

顔の毛穴がふやけてきた頃に、洗顔フォームを使って再び洗顔。

次に洗面器へ、先ほどより熱いお湯を溜めて、再び顔をつけたら鼻と口から空気を吐きます。

泡が落ちたら、今度は冷水を洗面器へ溜め、同じことをくり返すのです。

毛穴が締まってきたと感じられるまで、息継ぎしながら行います。

以上が洗顔の流れですが、実際に試した人の感想には、「息が苦しくなる」という声もありました。

吉永さんの場合、長年水泳で息継ぎのトレーニングに励んできたため、苦しくならないのでしょう。

彼女の洗顔方法は、毛穴が引き締まり、血行も促進されるメリットがあるようです。

ただし苦しくなって続けられないと無意味のため、息継ぎの回数は無理のない範囲で行うと良いでしょう。


さまざまな美容方法で、若さと美しさをキープしてきた吉永さん。

これからも健康的に、第一線で活躍し続けて欲しいですね。

吉永小百合、夫・岡田太郎との結婚。子供をもたない理由と現在の夫婦仲

吉永小百合の両親と家系図。父親はエリート&母親は作家志望、兄弟も優秀だった

吉永小百合の自宅事件。年収は?早稲田を次席卒業も高校卒業せず。タモリは同級生

コメント