八千草薫の住まい、遺産の行方。愛犬の現在と八ヶ岳別荘について

数々の映画やドラマで、清純な女性を演じた八千草薫(やちぐさ かおる)さん。

2019年、テレビドラマ『やすらぎの刻~道』の主演を途中降板したのち、すい臓がんで亡くなりました。

今回は八千草さんの住まい、遺産がどうなったか確認します。

併せて、愛犬と八ヶ岳別荘の現在をご紹介します。

八千草薫のプロフィール

愛称:ヒトミちゃん

本名:谷口瞳

生年月日:1931年1月6日

死没:2019年10月24日

身長:154cm

出身地:大阪府

最終学歴:聖泉高等女学校(現在のプール学院中学校・高等学校)、宝塚音楽学校

最終所属事務所:柊企画

八千草薫の住まい

八千草さんは東京都世田谷区に、映画監督だった夫の谷口千吉さんと共に暮らしていました。

1957年に結婚した2人は、谷口さんが2007年に亡くなるまで、当初から世田谷区に暮らしていたそうです。

自宅の資産は、土地代だけで3億円に上ったとされています。

150坪の敷地に、桜や金木犀が植わっており、池にはメダカが泳いでいました。

最愛の夫と2人で過ごした自宅を、八千草さんは非常に気に入っていたそうです。

遺言書には、「自分の死後も自宅を残して欲しい」としたためられていました。

しかし一周忌前の2020年10月、自宅は解体されてしまったのです。

背景には相続税の影響がありました。

次の項目で、八千草さんの邸宅が解体された理由を見ていきましょう。

八千草薫の遺産はどうなった?

子供がいなかった八千草さんは遺産を、お世話になった3人の知人へ譲ることにしていました。

八千草さんと谷口さんの、それぞれの遠縁の人と、八千草さんの所属事務所社長の合計3人です。

彼女は自宅を壊さず、個人へ売却し、生じたお金を相続税にあてる予定でした。

しかし2020年、新型コロナウイルス感染症の流行により、豪邸を買おうとする個人は激減します。

さらに法定相続人以外が遺産を受け取るには、通常より2割加算の相続税を払う必要がありました。

高額な相続税の支払い期限が迫る中、豪邸の買い手がつかないという危機的な状況だったのです。

八千草さんの遺産担当者は、やむなく個人への売却を諦め、不動産業者へ売却。

次は業者が一般の人へ売ることになりました。

ただ都心では、豪華すぎる物件は取り壊し、更地にしてから土地を分割して販売します。

こうして八千草さんの豪邸は解体されてしまったのです。

残念な結果ではありますが、お陰で相続は無事に済んだようでした。

売却で生じた遺産を、3人の相続人が分割して受け取ったのです。

また遺品についても、しかるべき相手が譲り受けたといいます。

八千草さんが望んだ結果ではなかったものの、無事に遺産が相続人の手に渡ったのは何よりですね。

愛犬のその後と現在

八千草さんは犬好きで、生涯で12匹の犬を飼いました。

最後の愛犬は、シェットランド・シープドッグの雄犬ヴェルディです。

11匹目の愛犬が亡くなってから、八千草さんは1人で寂しく暮らしていました。

新たな犬を飼いたくても、高齢である自分が先にいなくなった時、犬が取り残されてしまうため躊躇していたのです。


しかし自分の死後に預ける先を確定させた上で、ヴェルディを飼うことに決めました。

知人によると、ヴェルディは公園で嬉しそうに駆け回りながら、八千草さんを大変慕っている様子だったといいます。

八千草さんが病気になった際は、彼女の部屋の前にうずくまって待機していたとのこと。

飼い主を心から愛していたことがうかがえます。

八千草さんの死後しばらくは、自宅の玄関前で彼女を待ち続けていました。

飼い主を失ったことに、彼が気づいているのかはわかりません。

ただ2021年現在は、新たな飼い主の元、北国で元気に暮らしているようです。

八千草さんも、ヴェルディが幸せに暮らしている様子を見て、ほっと胸をなでおろしていることでしょう。

八ヶ岳別荘について

八千草さんは八ヶ岳に別荘を所有していました。

夏には避暑地として使い、周辺の散策を楽しんでいたようです。

遺作となった、2019年のドラマ『やすらぎの刻〜道』。

同作に出演していた柳生博さんは、八ヶ岳に移住しており、八千草さんとは親交があったそうです。


最後まで現役で女優活動に励んでいた八千草さん。

疲れた時には八ヶ岳の自然に囲まれ、心身を癒すことで、次の仕事へ向けて活力を養っていたのかもしれませんね。

八千草薫の家族は?結婚と子供について。国籍、兄弟にまつわる噂

八千草薫、酒ですい臓がんに?西園寺降板と車椅子の反響。皇潤CMでも話題

八千草薫、宝塚での若い頃&かわいい晩年。着物の形見分け、山口百恵と確執の噂

コメント