渡哲也と妻・俊子の結婚と馴れ初め。結婚生活は闘病と献身愛の日々

2020年の8月10日、肺炎のため78歳で死去した渡哲也(わたりてつや)さん。

晩年は外出時にも酸素吸入器が手放せなかった渡さんでしたが、2017年からは石原プロの相談取締役に再就任。

亡き石原裕次郎さんへの義理を果たすかたちで最後まで「石原プロ」の相談者と取締役を務めあげました。

日活で破格の扱いを受け、鳴り物入りで映画デビューを果たしたものの、渡さんの俳優人生は常に病魔と闘いでした。

妻の俊子さんとの結婚生活はどのようなものだったのでしょうか。

二人の馴れ初めから渡さんの経験した病と俊子さんが献身的に看病した闘病生活についても詳しく迫ってみました。

渡哲也プロフィール

本名:渡瀬道彦

生年月日:1941年(昭和16年)12月28日

身長:180cm

出身地:兵庫県淡路島

最終学歴:青山学院大学

所属事務所:石原プロモーション

妻・俊子さんは大学の後輩

「大手鉄鋼会社の役員の令嬢」であると報じられている俊子さん。

渡哲也さんの一目ぼれだったという俊子さんは「青山学院大学」の一年後輩でした。


渡さんはのちに日活からスカウトを受けるほどの男前であり、学内でも常に女性の視線を集めていたのではないかと推測できます。

そのなかで選ばれた俊子さんは非常に魅力のある女性だったのでしょう。

一般人ですので残されている写真は多くありませんが、夫婦のツーショット写真を見る限り、表情が豊かで魅力的な女性だということが伝わってくるようです。

当時の俊子さんは交際相手の渡さんがのちの大スターになるとは夢にも思わなかったことでしょう。

渡さんは学生時代のうちに俊子さんの両親に挨拶を済ませていたそうです。

筋を通す姿勢が「男も惚れる男・渡哲也」らしいエピソードですね。

そののちに、渡さんは青山学院大在学中(渡さんが四年の頃)に日活からのスカウトで俳優デビューすることになりました。

俊子さんは突如として「渡瀬道彦(渡哲也さんの本名)」と映画俳優「渡哲也」を同時に支えていくことになりましたが、俊子さんは非常に頼れる女性だったとのエピソードが数多く残されています。


渡さんも俊子さんには全面的な信頼を寄せており、会見や取材で話す内容を相談していたというエピソードも明かされています。

結婚の翌年に発症した病魔、そして女優とのゴシップにもじっと耐えてきたという俊子さんはとても前向きで明るい女性だったそうです。

渡さんは不倫に対しての持論で、

世の中には本音と建て前があって、もしバレなければあってもいい

と語っていたそうです。

そのような破天荒な一面ももちあわせていた名優を支えるのはさぞ大変だったと推察できますね。

渡さんが亡くなったあとに明かされた数々のエピソードから、常に夫に寄り添い、尽くしてきた良妻としての俊子さんの存在が浮き彫りとなりました。

表に出ず、常に裏方に徹した俊子さんという存在が「名優・渡哲也」の役者人生を支えてきたということがよくわかり、その偉大さを知ることになりました。

渡さんの葬儀は家族葬で行われ、石原軍団の姿はありませんでした。

「静かに送って欲しい」という遺言を守ったとされる俊子さん。

最後まで、渡さんの希望に寄り添う強い意志をもった俊子さんの決断でした。

ただ、この決断には賛否両論集まっており、渡さんを慕っていた舘ひろしさんは参列できずに無念だっただろうという声もあるようです。

日活スター候補・渡哲也の結婚

女性人気が高かった渡哲也さんの人気が落ちることを懸念した日活。結婚はなかなか公表できなかったといいます。

1971年に二人きりでハワイで挙式を挙げ、その後、俊子さんは妊娠。

そこからも二人の結婚生活はスムーズには進みませんでした。

俊子さんの妊娠中、渡さんは度重なる病魔に襲われています。

倒れた夫を献身的に看病した身重の俊子さんは心身共に大きなストレスを抱えることになり、何度も流産の危機があったといいます。

俊子さんは渡さんとの結婚後も表に出ることはなく、仕事に関しても口出しすることなく裏方に徹して病に伏せることが多かった渡さんを支えていたといいます。

石原裕次郎さんも食べたとされる手作り減塩料理で日本のトップ俳優・渡哲也の活躍を陰で49年間と5カ月もの間、支え続けた俊子さん。

そして石原裕次郎さんの死去から、石原プロを2011年まで支えてきた渡さん。

一度は退任したものの、2017年から亡くなる2020年まで取締役として石原プロを支えてきた渡さんでしたが、陰で俊子さんの献身的な支えがあったからこそということがわかりました。

二人の間にできた子ども(長男)の存在については、最初で最後の自伝となった渡哲也・自伝『流れゆくままに』(青志社)で明かされています。

病魔との闘い、そして渡さんの女優とのゴシップなど、苦労の絶えなかった俊子さんでしたが、最後まで渡さんと添い遂げたことから、二人の愛の深さは計り知れないものであったということがわかります。

妻・俊子さんとの馴れ初め

青山学院大学の一年後輩だった俊子さんに一目ぼれしたという渡哲也さん。

当時から面倒見のよい俊子さんを頼っていた渡さんのエピソードが残されています。

青山学院大学の同窓生によれば、“学生時代も下宿の部屋探しからなにから、俊子さんが渡さんの面倒をみていた”そうです

その頃から、俊子さんは献身的だったのですね。

渡さんはその後、同大学四年の頃に日活のスカウトを受け、俳優の道に進みました。

1971年に結婚している二人ですが、交際から6年目の結婚だったそうです。(「7年」という説もあります。)

1964年(昭和39年)に日活に入社した渡さんを陰の存在として支えてきた俊子さんでしたが、女性人気が高かった日活スター候補「渡哲也」の結婚はしばらくの間、極秘情報だったようです。

そして結婚の翌年から、俊子さんは渡さんの看病に追われることになりました。

渡哲也の闘病

1971年3月にスタートした新婚生活でしたが翌1972年には「葉間肋膜炎」を発症。

その後も、胸膜癒着症、肺感染症、直腸がんの手術の結果、人工肛門の生活を余儀なくされます。

さらに大腸がん、急性心筋梗塞、肺気腫などの病魔に次々と襲われた渡さん。

2016年には肺気腫や喘息で酸素吸入器をつけて生活するようになったといいます。

晩年には酸素吸入器と車椅子なくして生活ができなったようです。

突然の病によって大河ドラマ降板などの憂き目にあいました。

そして渡さんが病に倒れるたびに方々へ頭を下げて回ったという俊子さんの姿があったといいます。

名優・渡哲也の活躍ばかりが印象に残る陰で、面倒見のよさと奉仕の精神、そして強い意志をもった女性である俊子さんの生きざまを知ることができました。

さまざまな試練を乗り越え、最愛の妻・俊子さんに看取られながら息を引き取ったそうです。

渡さんの母も「あなたには苦労のかけっぱなしで」と涙ながらに感謝したというエピソードも残されています。

「どんな形でもいいから生きて欲しい」と医師に懇願したという俊子さんの愛の深さには思わず涙が出るほどです。


渡さんが残した名作の数々、映画やドラマ、CMや時にバラエティ出演も果たしたその裏で、知られざる二人の愛と闘病の日々があったのだと知ることができました。

俊子さんの深い愛に支えられてこその活躍だったのですね。

渡哲也さんのご冥福をお祈りいたします。

コメント