石原裕次郎の息子は?妻との結婚、馴れ初め。盛大な結婚式&どんな性格?

歌手・銀幕スターであり、「石原プロモーション」創立者としても知られた石原裕次郎(いしはら ゆうじろう)さん。

今なお多くの人を魅了し続ける大スターですね。

今回は裕次郎さんの息子、妻、結婚と馴れ初めを確認し、普段の性格に迫ります。

併せて、盛大な結婚式の詳細もご紹介します。

石原裕次郎のプロフィール

本名:石原裕次郎

生年月日:1934年12月28日

死没:1987年7月17日

身長:178cm

出身地:兵庫県神戸市、北海道小樽市、神奈川県逗子市

最終学歴:慶應義塾大学法学部政治学科中退

息子がいない理由に諸説

まず裕次郎さんの息子を確認します。

裕次郎さんの子供について気になる人は多いようですが、彼に子供はいませんでした。


一説では、子供ができなかった原因は梅毒といわれているようです。

彼は銀座を豪遊した結果、梅毒に感染したとされています。

ただあくまで噂であり、彼に子供がいない本当の理由はわかりません。

また子供を作れない妻を差し置いて、愛人との間に子供を作ったという説もありました。

その愛人は松田聖子さんで、「彼女の娘である神田沙也加さんが、裕次郎さんの子供」という噂まで流れたのです。

根拠のない噂ですが、かなり大胆な仮説ですね。

ただ裕次郎さんと聖子さんの間に、何らかのロマンスがあったと考える人は多いようです。

大物スターとトップアイドルなら、確かに釣り合いの取れたカップルかもしれませんね。

ただし噂が肥大化している印象も強いため、あくまで一種の都市伝説と捉えるのが妥当でしょう。

石原裕次郎の妻、結婚と馴れ初め

裕次郎さんの妻・石原まき子さんは、かつて「北原三枝(きたはら みえ)」名義で女優として活躍しました。

日劇ダンシングチームのダンサーを経て、松竹ニューフェイスに合格。

1952年の松竹映画『カルメン純情す』で、本格的に女優デビューします。

2年後、日活に引き抜かれ、日活所属のトップ女優となりました。

裕次郎さんと初共演したのは、1956年の映画『狂った果実』。

『狂った果実』以降、2人は23作もの映画で共演し、「日活のドル箱コンビ」と呼ばれます。

日活の大スター同士、公私共に意気投合した2人は交際を開始します。

しかし当時、同じ映画会社に所属するスター同士の恋愛はNGでした。

そこで2人は駆け落ち同然で、婚前旅行としてアメリカへ向かいます。

やむなく映画会社も交際を認め、1960年に2人はめでたく結婚しました。

結婚後まき子さんは女優業を引退し、夫を陰で支えながら、石原プロの運営に携わります。

彼の死後は取締役となり、2代目社長の渡哲也さんを支えました。


2011年、渡さんが社長を退任後も、彼と共に会社を運営。

しかし年齢的に実務が難しくなり、後継ぎもいない状況のため、2021年1月16日に石原プロを閉鎖するのです。

一時期、石原プロは借金を抱えたこともあり、常に運営が順風満帆というわけではありませんでした。

いつでもまき子さんは、悩める夫に寄り添い、彼が大動脈瘤や肝細胞がんなどの病魔に侵された際も支え続けます。

彼女は女優としてのキャリアを捨て、「石原裕次郎の妻」として、夫と会社のために尽くしたのです。

盛大な結婚式

駆け落ち同然で結ばれた裕次郎さんとまき子さん。

アメリカへ婚前旅行に出かけることで、2人の交際を禁じていた日活に関係を認めさせました。

1960年、日比谷にある「日活国際ホテル」で挙式。

1億円以上をかけた盛大な結婚式には、合計120社のマスコミ各局が集結し、関係者240人が詰めかけます。

さらに長嶋茂雄さん、王貞治さんなど、スポーツ界の大物を含む400人の招待客が、会場を華やかに彩りました。

中でも注目されたのが、当時はまだ珍しかったウエディングケーキです。

これをマスコミが大きく報じたため、日本でウエディングケーキが普及したといわれています。

大スター同士にふさわしい、豪華な結婚式。

2人は華やかな結婚会場で、たとえ長く険しい道のりでも、共に歩んでいく覚悟を決めたのでしょう。

石原裕次郎はどんな性格だった?

裕次郎さんは多くの人がイメージする通り、豪快で男らしい性格だったようです。

肉料理や酒、煙草を好み、ベンツを乗り回すという豪胆さを持ち合わせていました。

同時にとても礼儀正しい人で、どんな相手に対しても立ち上がって挨拶し、握手していたそうです。

相手への気遣いを常に心がけ、石原プロが倒産の危機を迎えた際には、社員全員へ家をプレゼントしたといいます。

被災地で行われる石原プロ名物「炊き出し」も、裕次郎さんが考案しました。


豪快ながら気遣いを忘れない、まさに「昭和の男」らしいスターだったのです。

ファンたちは、彼の放つまばゆいオーラ以上に、その豪快さと優しさを慕い続けているのかもしれませんね。

石原裕次郎の父と母、家系図まとめ。兄・石原慎太郎との仲

コメント