菊間千乃の転落事故。ジャニーズNEWSの内博貴との飲酒報道&騒動の真相

菊間 千乃(きくま ゆきの)さんは局アナから弁護士への転身で話題になりました。

アナウンサー時代には転落事故やジャニーズメンバーとの飲酒もあったそうです。

今回は菊間千乃さんの事故や内博貴さんとの飲酒報道について見て行きましょう。

菊間千乃のプロフィール

旧姓:菊間 千乃 (きくま ゆきの)

身長:160cm

血液型:AB型

出身地:東京都

生年月日:1972年3月5日

所属事務所:ノースプロダクション

所有する資格:弁護士 / 英検(準1級) / 国連英検(B級)

菊間千乃の転落事故について

まずはお茶の間に衝撃が走った生放送での転落事故を見て行きます。


転落事故が発生したのは1998年9月2日のことで、出演をしていた「めざましテレビ」内の”それ行け!キクマ”というコーナーでの体験レポート中に起こった出来事でした。

災害時に高い場所から避難する道具を紹介するレポートでしたが、トラブルか何らかの不具合で器具が外れて5階の高さから転落する一部始終が全国に生放送されたのです。

幸いにも地上に敷いてあったマットの上に落ちたので一命は取り留めましたが、落下の衝撃は相当なもので腰椎の圧迫骨折(全治3ヶ月)という重傷を負ってしまいました。

菊間千乃さんは翌年に現場復帰をしたものの、リハビリ生活は約1年にも及んだそうです。

避難用品のレポートで命を落としかけたというのは非常に皮肉なものですし、視聴者側も編集ができない生放送の恐ろしさや生々しさを味わう結果となりました。

NEWS内博貴との飲酒報道

次は大きなスキャンダルとして扱われた内博貴さんとの飲酒トラブルを見て行きましょう。

内博貴さんが所属していた”NEWS”は2003年頃からフジテレビのバレーボール中継に応援キャラクターとして参加し、歌と声援を持って日本代表をサポートしていました。

2005年6月から始まった「ワールドグランプリ2005」にもNEWSとして参加しましたが、同年7月16日の中継終了後に行われた打ち上げの場で飲酒騒動が発生してしまったのです。

当時の報道は未成年(18歳)だった内博貴さんに菊間千乃さんがお酒を飲ませたという衝撃的な内容で、スポーツ紙や週刊誌は大きなスキャンダルとしてハデに扱いました。

内博貴さんは飲酒に留まらず公園で暴れていたところを通報で駆け付けた警察に補導され、グループに大変な迷惑をかけたことからジャニーズ事務所を退所するつもりだったそうです。

しかし、当時のジャニー喜多川社長から退所ではなく残留を勧められて考え方を改め、芸能活動の活動自粛(2006年末まで)をするという事務所側の処分が定まりました。


一方の菊間千乃さんは罪に問われることはありませんでしたが自主的に番組を降板し、2005年4月から始めていた司法試験の勉強に専念するため2007年12月末にフジテレビを退社。

弁護士として活動する2021年現在でも”未成年飲酒”を引っ張り出されてネットで批判を浴びていますが、菊間千乃さんは長野智子さんとの対談で騒動の真相を語っていたのです。

気になる騒動の真相は次の項目で取り上げていますので引き続きご覧ください。

菊間千乃と内博貴(NEWS)の飲酒報道は誤解があった

ここでは菊間千乃さんが語った内博貴さんとの飲酒騒動の真相を見て行きます。

騒動の経緯は前項で紹介した通りですが、2014年9月にフジテレビの先輩である長野智子さんとの対談で騒動について触れていました。

当時の報道では菊間千乃さんが飲酒を勧めたという論調でしたが、勧めるどころか内博貴さんは別の場所で飲んで(酔っぱらって)打ち上げに合流していたそうです。

すぐに反論しなかったのは会社の指示だったらしく、反応せずに放置しておけばネタが無くなって続報を出さなくなるだろうというメディアならではの読みでした。

実際に続報は少なくなって行っていつの間にか話題は消え去りましたが、菊間千乃さんは内博貴さんが騒動によって謹慎をしていることに胸を痛めていたそうです。


また、飲酒を勧めたとバッシングされたことで一時は自殺を考えるほど追い詰められたものの、周囲の支えもあって弁護士試験に合格して第二の人生をスタートすることが出来ました。

世間からの批判に晒されたことで困っている人に寄り添える弁護士になろうとの思いを強くしたそうなので、一連の騒動が菊間千乃さんの転機になったのは間違いないでしょう。

菊間千乃、結婚した夫は同級生。高木大成との交際。現在は弁護士、司法試験の挑戦

内博貴の現在。脱退の理由&菊間千乃アナとの不祥事について

小島奈津子に離婚の噂なぜ。娘と結婚相手・大野貢、実家と家族について

西山喜久恵の子供は何人?旦那はだれ?離婚は嘘&現在もかわいい!

コメント

執筆・編集者
アスネタ編集部

大手メディアや有名人本人が発信の一次情報を元に記事作成しています。
わかりやすく正しい情報を読者に伝えるべく編集しています。