小島奈津子に離婚の噂なぜ。娘と結婚相手・大野貢、実家と家族について

今も「なっちゃん」の愛称で親しまれる小島奈津子(こじまなつこ)さん。

いつまでも変わらない明るい笑顔に元気を貰っている人はきっと多い事でしょう。

小島奈津子のプロフィール

愛称:なっちゃん

本名:大野 奈津子

生年月日:1968年7月26日

血液型:A型

出身地:埼玉県蕨市

最終学歴:法政大学文学部日本文学科

所属事務所:フォニックス

小島奈津子の結婚相手は大野貢

法政大学を経てフジテレビアナウンサーとなった小島奈津子さん。

大学時代には法政大学自主マスコミ講座に所属。

きっとこの頃からアナウンサーを目指していたのでしょうね。


アナウンサーとなってからは報道番組からバラエティ番組までマルチに活躍。

そして1997年からは「めざましテレビ」のメインキャスターに就任。

名実ともにフジテレビの顔として多大な人気を博しました。

今後のフジテレビを背負って立つことを期待されていた小島奈津子さん。

ところが2001年11月に当時、フジテレビのディレクターだった大野貢さんと結婚。

その翌年3月にフジテレビを退社してフリーアナウンサーとなってしまいます。

テレビマンのアナウンサーも生活が不規則になりがち。

そのため夫との生活を第一に考えて時間に融通が利くフリーアナウンサーとなったのでしょう。

今も昔も人気職業であるアナウンサー。

特にキー局と呼ばれるテレビ局のアナウンサーの倍率は数千倍とも言われています。

小島奈津子さんも憧れの局アナになるため多大な努力をしたはず。

結婚したとはいえフジテレビを退所する事に躊躇いがあった事は容易に想像できますよね。

そこまでして支えたいと思った大野貢さんとは一体どんな人なのでしょうか。

ただ、一般人という事から調べてみても詳細は不明。

ですがフジテレビに入社している事から優秀な人物である事は間違いないでしょう。

きっと社内でもその手腕は評判だったのではないでしょうか。

小島奈津子さんも大野貢さんを評価する一人だったはず。

だからこそフジテレビを退社する決断が出来たのでしょうね。

小島奈津子の娘

2001年11月に大野貢さんと結婚した小島奈津子さん。

それから5年後の2006年2月19日に女の子を出産。

出産当時、既に37歳と高齢出産でしたが母子ともに健康。

ただ、年齢が影響しているのか子供は1人だけとなっています。

娘について明かされているのは生年月日だけ。

名前や顔などは明かされていません。

隠されると逆に知りたくなってしまうのが人の本能。

小島奈津子さんの娘についても様々な憶測がされています。

噂によると娘は幼稚園から小学校まで成城学園に通学。

そして中学受験をして中高一貫の立教女学院に進学したと言われています。

これが事実であれば2021年には立教女学院高校に進学。

そしてそのまま立教大学に内部進学すると思われます。

あくまで憶測なので真偽の程は不明。

ただ、小島奈津子さんの娘であればこれくらい優秀であっても不思議ではありませんよね。

これまで数々のアナウンサーを輩出している立教大学。

フジテレビでも中村江里子さんを始め、戸部洋子さん、本田朋子さん等が立教大学のOGです。

いつか小島奈津子さんの娘もアナウンサーになる日が来るかもしれません。

そんな日が来たらテレビで親子共演も見てみたいものですね。

小島奈津子が離婚の噂なぜ

フジテレビを退職後、フリーとなった小島奈津子さん。

ギャラが桁違いに上がる代わりに非常に厳しい競争が繰り広げられるフリーアナウンサー。

そのためフリーに転身した事であまり姿を見かけなくなるアナウンサーも少なくありません。

ただ、人気と実力を兼ね備えた小島奈津子さんには無用な心配。

2021年時点で不定期出演も含めテレビとラジオ合わせて3本のレギュラー番組を持っています。

その他、様々な番組にゲストとして出演する事も少なくありません。

フリーアナウンサーでこれだけ活躍しているのは数えるほど。

それだけ小島奈津子さんが特別な存在だという事ですよね。

ただ、仕事が順調なあまり私生活を心配する声も少なくありません。

多忙なあまり「離婚した」と噂される事もあるようです。

確かに忙しくなると夫婦間のすれ違いが生じても不思議ではありません。

そして、すれ違いが離婚の原因になる事も多いですよね。

ですが小島奈津子さんの仕事が順調なのは私生活の心配が無いから。

2021年で結婚から20年となりますが今も夫婦仲は良好そのもの。

多忙にも関わらずお店で買うのではなく、手作りするという所に愛情が感じられますよね。

きっと今後も互いを思いやる気持ちを忘れない素敵な夫婦であり続ける事でしょう。

小島奈津子の実家の情報

人気職業だからこそ選りすぐりの逸材ばかりが集まるアナウンサー。

ただ、本人の資質ではなく家庭環境が合否に大きく影響する事も。

それはコネ入社が疑われるケースが少なくない事からも明らかですよね。

小島奈津子さんと同期入社の西山喜久恵さんは実家が有名な老舗旅館。

昭和天皇や田中角栄さんが首相在職時に宿泊したという格式高い旅館なんです。

もう1人の同期入社、福原直英さんは曽祖父が資生堂の創業者。

そして大学生の頃から地方局の情報番組でMCを務め、ドラマ出演するなどテレビ業界と繋がりがあったそうです。

どちらも恵まれた家庭に生まれ育った事は間違いありません。

そこで気になるのが小島奈津子さんの実家。

やはり普通の家庭とは違う由緒正しい家系の出身なのでしょうか。

ですが調べてみても実家の情報は見つからず。

情報が無いという事は恐らく一般的な家庭なのでしょう。

つまり小島奈津子さんは本当に本人の実力だけでアナウンサーになったということ。

それだけアナウンサーとしての資質に溢れていたのでしょう。


また、2021年時点で同期のうちフリーになったのは小島奈津子さんだけ。

この事実もアナウンサーとしての技量の高さを表しているように思えてなりません。

娘を持って実感した家族の愛情が話題に

2006年に娘を出産し母となった小島奈津子さん。

母となった事で改めて実感したのが家族の愛情。

その心温まるエピソードを明かすと大きな話題となりました。

それは小島奈津子さんが「めざましテレビ」に出演していた時のこと。

当時、放送開始が5時55分だった事から家を出るのは何と2時半。

当然ながら電車は動いていないため毎日、タクシーで通勤していたそうです。

そして娘を送り届けてくれる運転手の為に母親は毎日、お茶を入れていたんだとか。

それもただのお茶ではなく必ず渋くて熱いお茶を出していたそうです。

しっかりと目が覚めた状態で娘を送り届けて欲しいという親心。

夜遅い時間に送り届けてくれる運転手を労わる気持ちもあったのでしょうね。

母が入れる熱くて渋いお茶は運転手に大好評。

そのため小島奈津子さんの家に行く人をいつもじゃんけんで決めていたんだとか。


ただ、この母の思いについて小島奈津子さんは「過保護だな」と思う事もあったんだとか。

ですが娘を持った事で母親が子供を思う気持ちが良く分かるようになったそうです。

きっと今では自分がそうしてもらったように娘に惜しみない愛情を注いでいる事でしょうね。

小島奈津子の年収が凄い&年賀状事件とは。かわいいと話題、めざましテレビで菊間の事故に遭遇

森本毅郎の現在と闘病。家族、息子の事故とは。評論家の兄が病気で他界

西山喜久恵の子供は何人?旦那はだれ?離婚は嘘&現在もかわいい!

コメント