高杉晋作の死因は結核。おもしろきの意味、三味線好き。性格は感情的?

幕末に長州藩士として活躍した、高杉晋作(たかすぎ しんさく)。

わずか27歳でこの世を去りましたが、今でも幕末の英雄として不動の人気を誇っていますね。

今回は晋作の死因が結核という情報、名言「おもしろき」の本当の意味を見ていきましょう。

また三味線好きな一面と、気になる性格を確認します。

高杉晋作のプロフィール

本名:高杉春風(たかすぎ はるかぜ)

生年月日:1839年9月27日(天保10年8月20日)

死没:1867年5月17日(慶應3年4月14日)

身長:158cm

出身地:長門国萩城下菊屋横丁(現在の山口県萩市)

最終学歴:松下村塾(昌平坂学問所や大橋塾でも勉学に励む)

高杉晋作の死因は結核

まず晋作の死因についてです。

彼は1867年5月17日(慶應3年4月14日)、肺結核によりこの世を去りました。

第二次長州征伐では海軍総督として指揮を執り活躍したものの、この時期にはすでに肺結核を患っていたそうです。

幼少期から気管支が弱かったため、胸を病むことが多かったのでしょう。

病身でありながら前線で戦っていたとき、藩より療養の命が出されました。

下関市桜山で療養を続けた末、大政奉還を見ることなく亡くなったのです。

志半ばで去った彼にとっての救いは、両親、妻、息子に臨終を見届けてもらえたことでしょう。

墓所は山口県下関市の「東行庵」にあり、遺言が刻まれた「墓誌碑」も建っています。

晋作の怒涛のような人生に思いを馳せる人々が、今でも墓参に訪れているのでしょう。

名言おもしろきの本当の意味とは

晋作の辞世の歌として伝わっている有名な一節があります。

「おもしろきこともなき世をおもしろく」という歌です。

ただし直筆が残っていないため、本当に彼が残した歌かどうかは不明。

さらに、「おもしろきこともなき世におもしろく」とも伝わっており、「を」と「に」が違っている点でニュアンスが異なりますね。

前者は「つまらない世の中を面白くする」、後者は「つまらない世の中に面白いものをもたらす」という意味でしょう。

通説では晋作が亡くなる際、彼を看病した野村望東尼が、下の句「すみなすものは心なりけり」をつけたとされてきました。

ただし近年では、彼が亡くなる前年に詠んだ歌であり、辞世の歌ではなかったともいわれています。

彼の一言に野村望東尼が、「世の中が面白くなるかはあなたの心次第」と応じた、何気ないやり取りだった可能性もありますね。

晋作はやり残したことが多く、病床で「つまらない人生だった」と考えたのでしょうか。

筆者は彼の言葉から、「短い人生の中で大いに活躍し、面白い人生だった」という満足の念を感じました。

きっと自分の熱い志を、仲間や後輩たちが受け継ぎ、「さらに面白い世の中を作ってくれるだろう」と考えていたのでしょう。

高杉晋作は三味線好き

晋作は都々逸や座敷音楽を好む風流人で、三味線演奏を楽しんでいたようです。

2010年の大河ドラマ『龍馬伝』では、晋作が戦場に三味線を持っていくシーンが登場しました。

三味線を携えて戦地へ赴く姿は、想像するだけでもかっこいいですね。

ただ彼が戦場にまで三味線を携えていたという記録はありません。

芝居や文学で彼をより魅力的に描くため、後世の人々が創造したエピソードでしょう。

ただ記録に残っていないものの、休憩中に人々の士気を高めようと、三味線を持参したこともあるかもしれませんね。

性格は感情的だった?

晋作は良家に生まれたため、エリート意識の高い人だったようです。

父は200石の長州藩士・高杉小忠太で、4人の子供のうち唯一の男子だった晋作を、大切に育てました。

高杉家は毛利家に仕え、藩政に関わる重要な役割を果たしてきた名家。

晋作は幼い頃から、名家の跡取りとしての意識を抱いていたのでしょう。

子供の頃に遊んでいた凧を、通りすがりの武士に踏まれた際は、土下座での謝罪を要求したそうです。

名家の跡取りらしい、プライドの高さがうかがえるエピソードですね。

同時にエピソードからわかる通り、感情的になりやすい性格だったようです。

松下村塾の学友だった伊藤博文は、晋作の激しい性格を「雷電」と「風雨」にたとえたほど。

一度感情的になると、周囲を振り回しやすい人だったのでしょう。


だからこそ積極的に行動し、若くして亡くなったにもかかわらず、歴史に名を残したといえますね。

今後も晋作のドラマチックな生涯は、若い世代の人々をも魅了し続けることでしょう。

高杉晋作、子孫と生家。家紋の誇り。妻、息子との関係とは

山縣有朋の子孫と家系図。邸宅の庭は椿山荘。渋沢栄一の漫画に登場

木戸孝允の子孫&イケメン画像。妻と子供、家系図まとめ。旧宅は萩市

大久保利通の子孫たち。家系図に麻生太郎。市川海老蔵の先祖?

コメント

執筆・編集者

映画や演劇、文学や歴史などの知識を執筆に反映しています。