山口智子がかわいい。メイク方法と愛用化粧品。若いと言われる理由、スキンケアと肌の秘訣

全盛期には「連ドラクイーン」の異名をとり、女性から絶大な支持を集めた山口智子(やまぐちともこ)さん。

その明るい笑顔や健康美には変わらぬ称賛の声があがっていますが、いつまでもかわいい女性であり続けるためのヒントはどんなところにあるのでしょう。

今回は山口智子さん風のメイク方法をはじめ、愛用している化粧品、若いと言われる理由、スキンケアや美肌の秘訣などを探ってみました。

山口智子のプロフィール

本名:唐澤智子(からさわともこ)

生年月日:1964年(昭和39年)10月20日

身長:170cm

出身地:栃木県栃木市

最終学歴:青山学院女子短期大学家政学科卒業

所属事務所:研音

50代でもかわいい山口智子、メイクはヘルシー系ナチュラル

自然体で男前な大人の女性として、今なお多くの女性の憧れの存在となっている山口智子さん。

まさにナチュラルビューティーの王道をいく美人女優ですね。


健康的ではつらつとした印象が強いですが、意外にもご本人は丸顔やしっかりした骨格がコンプレックスだったそう。

そんな山口さんに「丸顔がいいんだよ」と言ってくれたのが、のちに夫となる唐沢寿明さんでした。

モデルや女優に有利なスタイルやルックスでなくても、その個性を誇りに思っていいのだと気づいたのはこの時だそうです。

2021年に57歳を迎える山口さんですが、太陽のような笑顔とキュートな雰囲気は若い頃のまま。

「かわいい」というファンの声も多いですね。

童顔にみえる丸顔も一役買っているように思えます。

山口智子さんのメイクは昔から変わらないヘルシー系のナチュラルメイク。

メイクをしてもしなくても、別人のように変わることはありません。

メイクで作りあげるというよりも、本来の美しさを引き立たせたいという考え方なのでしょう。

ベースメークは健康的なツヤ肌を基本とし、あくまでもナチュラル。

アイメイクはほとんどしていないようにみえるほど控えめで、ノーカラーや淡い色のシャドウを使い、アイラインとマスカラをする程度のよう。

特徴的なのは優しい印象のアーチ眉。

自然な形を生かして仕上げています。

ナチュラルな眉毛にするためには、眉頭から眉山まではまっすぐに、眉山から眉尻まではなめらかに下がるように描くのがコツ。

メイクに使用するカラーはベージュ系かブラウン系でまとめるとナチュラルな雰囲気に。

リップのカラーは本来の唇の色をチョイスすると無難です。

ナチュラルメイクは手抜きメイクとは違い、意外に難しいもの。

美肌があってこそ引き立つメイク方法であることは言うまでもありません。

山口智子が愛用している化粧品

ふだん使っている化粧品は成分にはこだわらず、香りやテクスチャーの心地よさなど自分の感覚に合ったものを選ぶそうです。

お気に入りのひとつが「siobijin(塩美人)」というマッサージソルトで、大地真央さんも愛用者なのだそう。

「siobijin」はミネラル豊富な天然の粗塩や蜂蜜、ローヤルゼリー、卵白が配合されており、バスソルトやボディスクラブ、フェイススクラブとして使える優れもの。

うれしいのは冷え性の改善にも効果が期待できるということ。

体を温めることは美容法のひとつですから、山口智子さんの美肌は「siobijin」の賜物かもしれませんね。

またフラコラの「プラセンタエキス原液」も愛用アイテムのひとつ。

山口子さんのほか、紗栄子さん、藤本美貴さん、辻希美さんなど愛用者が多い美容液です。

口コミ評価は、「お肌がごくごく音を立てて飲んでいるよう」とのこと。

プラセンタの原液は、くせのある独特な匂いがする場合がありますが、嗅覚には個人差があるので、人によっては気になるかもしれません。

もし気になる場合は、ふだんの化粧水に混ぜて使用してもいいですね。

山口智子が若いと言われるのはなぜ?

女優業再開後も美しいオーラを放ち続けている山口智子さん。

女性としてのかわいさや、50代とは思えない若い容姿を保つ秘訣はどこにあるのでしょう。

あるインタビューで、「年齢の重ね方は人生における最大の課題」という発言がありました。

どうやら美しく老いることを一生を賭けた勝負ととらえているようです。

もちろん美しく老いるためには努力も必要。

心身の健康を自分で管理して、向上心やチャレンジ精神を持ち続けることが大切なのだそう。

その一方で、「あまりストイックに自分を律しすぎると悪い反動がくる」とも。


身体と心が喜ぶ声にはきちんと耳を傾け、それに素直に従うと、身体がちゃんとベストな状態をキープしてくれることは経験ずみなのだとか。

食事は身体が欲するものを食べ、肌に触れる服やリネンは心地いいと感じるものを選びとる。

自然体にみえながらも、山口さんが身体や心と深く向き合って、ストレスを減らす努力をしていることがわかります。

若さをキープするためには、単に高価な美容液を使ったり、スキンケアを丁寧に行ったりといった美容法では追いつかないものがでてきます。

自分の中に取り込むもので自分が作られることを考えれば、食べ物にしろ運動にしろ、山口さんの五感を通して取り入れたものが彼女の若さを作っているといえるでしょう。

スキンケアと美しい肌の秘密は幸福感?

女性たちが羨望の眼差しを向ける美しい肌の秘密も、楽しいと感じる方法で汗をかくことにつきるそう。

山口智子さんの場合、それはフラメンコ。

ただきついだけのエクササイズではなく、楽しく踊りながら汗をかくことが効果抜群なのでしょう。

ふだんの生活でしていることといえば、外出時に日焼け止めを塗ったり、朝にマヌカハニーをスプーン1杯食べるなど気楽にできることばかり。

スキンケアについては、自分の肌には何が必要かをその時々でチェックしているそうです。

また、彼女の美肌には夫婦仲のよさも大きく関わっているようで、幸せな精神状態が長く続けば続くほど、お肌は正直になるのだそう。

夫の唐沢寿明さんと毎晩手をつないで寝ることも幸福感をアップさせ、美肌作りにつながっていると考えられますね。


自然体の美しさや生き方でファンを魅了し続ける山口智子さん。

仕事だけでなく、結婚も、出産も、趣味も自分の意思で選びとるスタイルが多くの人の心をつかんでいるのかもしれません。

山口智子の髪型。ショートボブとミディアム。マッシュの後ろのセット方法

山口智子の私服ファッション。愛用のメガネは?イヤリング・ネックレスとワンピースまで

山口智子、スタイル抜群&フラメンコとの出会い。綺麗な足&骨格診断はストレート

黒木瞳のメイク法と愛用の化粧品。スキンケアは最低限&洗顔なし。クレンジングはシンプル

コメント